赤ちゃんのおやつはいつから?何が良い?あげるタイミング?

産まれてからずっとミルクしか飲まなかった赤ちゃんですが、やがて可愛いが生え始め、離乳食がスタートします。

離乳食

大人と同じようなものが少しずつ食べられるようになると、成長したなぁ~としみじみ実感しますよね。

それに一生懸命食べている姿を見ると、とても愛らしいものです!そこで気になるのが、赤ちゃんのおやつです。

お店にも赤ちゃんのためのお菓子はたくさん売っているため、あげたほうが良いのかな?喜ぶかな?と思うママはたくさんいるでしょう。

ですが、市販のお菓子は甘すぎて刺激が強いため心配…。

では、赤ちゃんにはどのようなおやつが良くて、あげるタイミングはいつからが良いのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんにおやつは必要?

私が子供の頃、おやつは1日の楽しみでした。

頭の中は遊ぶことと、食べることしかなかったように思います。ですが、それは物心がついてからの話です。

まだ自己主張が少ない1歳未満の場合のおやつは、特別な時以外は市販のお菓子をあげなくて良いと思います。

もちろん市販のものだって食べることはできます。離乳食がはじまり、慣れた6か月~7か月あたりには食べることもできるでしょう。

ですが知識がないまま、赤ちゃんが欲しがるからとどんどん甘いおやつを与えていては、大きくなったときに甘いもの以外食べなくなってしまう可能性も!

砂糖をとりすぎると…?

子供は甘みを好みます。なので、甘いお菓子は大好き

私の子供たちも、もしも目の前にお菓子の山があったら、あればあるだけ食べてしまうと思います。大人だって同じですよね。

味の濃いお菓子を食べてしまうと、味覚は刺激に慣れやすいため、どんどん甘いものが欲しくなっていきます。

そうなると、果物などの自然の甘さは感じられないほど、味覚が鈍ってしまうことになるんです。

また、甘いものは虫歯菌も大好き!甘いものを食べさせるということは、虫歯のリスクも頭に入れておかなければいけませんね。

どのようなおやつが良い?

皆さんも知っていると思いますが、赤ちゃんのおやつは食事の補助として考えるのが理想です。

赤ちゃんは1回の食事量も少ないので、すぐにお腹が空いてしまいます。

だからと言って、食事前の3時間以内におやつをあげると、今度はご飯が食べられなくなってしまいますので、あげる時間もポイントになりますね。

ちなみに長女が赤ちゃんの時に通っていた保育所では、10時と15時におやつタイムがありました。朝は赤ちゃんせんべい1~2枚と牛乳でした。

3時のおやつは毎日手作りのものが出てきて、カボチャ団子やマカロニにほんのり甘いきなこをまぶしたものなどが出されていました。

甘さも楽しめるし、栄養もとれて赤ちゃんにはおススメです。フルーツなんかも赤ちゃんは喜びます。

赤ちゃんのうちはチョコやスナック菓子などの味の濃いものは避けた方が賢明です。

もしも売られているお菓子をあげるときは、月齢に合ったものをあげたほうが良いです。我が家では、1歳までは赤ちゃんせんべいと卵ボーロが基本でしたよ♪

スポンサードリンク

市販の子供用のお菓子をあげるタイミングは?

1歳を過ぎると、おやつというものがだんだんわかってきます。自然と食事とは違う特別なもの!がわかるんでしょうね。

親がどんなに気を付けていても、お友達のおうちで出されたり、じぃじとばぁばから貰ったりして、市販のお菓子の魅力を知ってしまうこともあります。

赤ちゃんのうちから刺激の強い市販のお菓子を食べさせると、際限なく要求してきて困る!というママもいるでしょう。

赤ちゃんのうちはまだ時間の感覚がないので、3時のおやつね!と言ってもわかるはずもありません。

スーパーで欲しがったため買ったおやつも、後で食べようね~なんて言っても聞いてはくれないものです。

いつかは誰もが市販のお菓子を知ってしまうもの…。あげるタイミングって本当に悩みますよね。

お菓子

私の家には3人子供がいますが、1番目の子はおやつに関しても、食事の補助として考えて慎重にすすめていたため、チョコやスナックなどは2歳まではあげませんでした。

けれども、2番目の子には、上の子よりもはるかに早い1歳くらいの段階で市販のお菓子をあげてしまいました。

その結果、今はお菓子依存症?というくらい毎日お菓子を求めてきます。虫歯もなりやすいのです。

上に兄弟がいると、どうしても同じものを食べたがってしまうんですよね。

そして3番めの子も1歳半前に解禁し、結局お菓子デビューは早くなってしまいました。

でも、2人目の反省点を踏まえて、おやつの時間は砂糖の量を調節できるように手作りすることが多くなりました。

幸いなことに、砂糖の量を控えても出来たてのお菓子は美味しいようで、喜んで食べてくれています。たまに失敗して大ブーイングのこともありますが…。

楽しいおやつタイムを!

1歳未満の赤ちゃんは、自分でおやつを選んだりはしません。つまり何を食べ、与えた結果おこる影響は全て親の責任です。

ですのでママは、きちんとした知識とリスクを頭に入れておく必要があります。

赤ちゃんにとって、刺激が強い、売っているようなおやつは心配ではありますが、私個人としては、赤ちゃんのうちから甘いものは絶対にダメ!とは思いません。

量と時間に気を付けて、月齢に合ったものを食べさせる分には良いと考えています。

ママにとっても毎日の育児で疲れている中、甘いものを食べてほっと一息つく時間も必要だと思います。

それに赤ちゃん用のお菓子って、優しい甘さなので癒されるんですよ♪

赤ちゃんと一緒に、素敵なおやつタイムを過ごしてくださいね♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ