赤ちゃんの体重が増えない!生後1ヶ月だけどミルクを足すべき?

大変だった出産を終え、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まったママ。これからの新しいできごとに心躍りますよね!

でも、最初は分からないことだらけですよね。心配や悩みは尽きませんが、その中で、「体重が増えない!」という悩みは、よく耳にしますよね。

赤ちゃん 体重

生後1ヶ月検診で、お医者さんに指摘されてしまった!というママもいると思います。ミルクをもっと足して!と指導される場合もあると思います。

ミルクのみで育てているママは、今与えている量より増やせばいいということなので、比較的分かりやすいと思います。

しかし、母乳のみで育てているママや、母乳とミルクの混合で育てているママは、母乳の量が自分では分からないので、ちょっと悩みますよね!

私が長女を出産した時は、最初は混合で育てておりましたが、やはり体重の増えが芳しくなく、1ヶ月検診でチェックが入ってしまいました。

赤ちゃんの体重が増えない時、生後1ヶ月の場合はどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

体重が増えないとどんな影響が?

そもそも、赤ちゃんの体重が増えないと、どういう影響があるのでしょうか。

赤ちゃんは、生まれた瞬間から、ものすごいスピードで成長していきます。大人とは比べものになりません!

母子手帳についている、「発育曲線」というグラフを見ると、生後0ヶ月から1ヶ月の成長のグラフは、ギュイーンとものすごいカーブを描いています。

つまり、それぐらい成長がものすごいということです。一般的に、3キロくらいで生まれて、1ヶ月後には1キロくらい増えます。そう考えるとすごいですよね!

私は、「赤ちゃんが一番成長するその時期に、あまり体重の増えがよくないと、脳の発育に影響が出る可能性がある」と言われました。

赤ちゃんの頭が大きめなのは、最初に脳に栄養が行くからだそうなのです。体重が増えていないと、身体だけでなく脳に行くべき栄養も足りてないことにもなる、とのことでした。

スポンサードリンク

体重が増えない原因は?

ほとんどの場合、「母乳やミルクが足りていない」ために、体重が増えないということが多いです。

まれにですが、心臓の病気や、ホルモンの異常といった病気の一症状として、体重が増えないということもあるようです。

赤ちゃんの場合は、自分で症状を訴えることができないので、病気の兆候を見逃さないためにいろんな角度から見る必要があるため、検診では厳しくチェックされます。

ミルクは、与える量や時間の目安がある程度決まっていますが、母乳は、欲しがるだけ何回でもあげてよい、と言われるため、目安があいまいで悩みますよね。

私の場合、3時間おきにミルクを与えていましたが、そのミルクの前に母乳をあげるというやり方をしていました。

その3時間の合間に赤ちゃんが泣いても、「さっき飲んだばかりだし、お腹はいっぱいなはず」と思い込み、あやしたりして泣き止ませようとしていました。

しかし、ミルクは3時間あけるけれど、母乳はあけなくてよいので、3時間の合間に赤ちゃんが泣いたら、母乳をあげればよいという風に助産師さんに言われました。

その後は、赤ちゃんが泣くたびに母乳を与えるようにし、3時間おきのミルクと合わせて混合で育児をしていきました。

もしかしたら、最初の勘違いが体重が増えない原因につながっていたのかもしれないな、と今振り返ると思います。

産後は普通と違い、気持ちも不安定になりがちで、自分で思うより考え方も偏っていることもあるので、困ったことがあったらとりあえず誰かに話してみることが大事だと思いました。

ミルクは足すべき?

赤ちゃんの体重が増えないことで悩んでいるママは、母乳か、もしくは母乳とミルクの混合で育てているママが多いと思います。

なぜなら、ミルクは飲んだ量が、目に見える形できちんと分かるけれど、母乳は、どれくらい飲んだのかがはっきり分からないからです。

「体重が増えていないからミルクを足して!」と言われても、できるだけ母乳で育てたいと思っているママは、ちょっと抵抗がありますよね。

赤ちゃん 母乳

私の場合は、小児科の先生は、体重が増えなければとにかくミルクを足して!という感じで、助産師さんは、すぐミルクを足すのではなく、できるだけ母乳で頑張って!という感じでした。

私も長女をできるだけ母乳で育てたかったのですが、そういった感じで立場によって違うことを言われ、軽いノイローゼ状態になり、毎日赤ちゃんの体重をはかり、一喜一憂していました。

結局、私の長女の場合は、生後6ヶ月までは混合で育て、それからは母乳のみで育てました。相変わらず体は小さめでしたが、一歳を過ぎたあたりからぐんと大きくなりました。

私は、母乳マッサージをしてもらっていた助産師さんに、「成長曲線はあくまで目安であり絶対ではないのよ。数字よりも赤ちゃんの様子で判断するのよ。」と言われた時、目の前が明るくなりました。

今思うと、体重を気にするあまり、ストレスによって母乳の出も悪かったのかな?と思います。あとは、「もう、母乳だけでいいや!」と吹っ切れたのもあると思います。

赤ちゃんも、少し大きくなってくると母乳を吸う力も強くなり、母乳育児がうまくいくことがあります。

子育て中は、いろんな人がいろんな意見を言ってきますが、私は、やっぱり小児科医の言うことが一番だと思うので、「体重を増やすこと」は大事だと思います。

ですので、そのためにミルクを足したほうがいい、と小児科医がいうなら、やはりそれに従ったほうがいいと思います。

その上で、他の意見のいいところは取り入れて、赤ちゃんにもママにも負担のない育児をしていけるといいですよね!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ