赤ちゃんがドーナツ枕を嫌がる時はどうする?頭の形が気になる!

赤ちゃんが生まれると、毎日お世話で大変になりますよね。赤ちゃんの成長と共に、気になることや心配も増えてきます。

抱っこした時や、ふとした時に「あれ、赤ちゃんの頭の形、ちょっとヘンじゃない?」と頭の形がいびつになっていて心配になるママも少なくありません。
赤ちゃん ドーナツ枕 嫌がる
赤ちゃんの頭はとても柔らかいので、頭の形も変わりやすいので、産まれた時はキレイだったのに、なんかいびつになってきた?と感じることも。そしてその逆もありますよね。

もし、このままずっと頭の形がヘンだったら・・・?とできる対策としてドーナツ枕を検討し、使ってみるママも多いです。

そしていざ使ってみると、赤ちゃんがいやがってすぐに外していまう、よく動くのでずれる・・・ということが意外と多くあります。実は、ドーナツ枕を嫌がる赤ちゃんは多いんです!

ドーナツ枕を嫌がる赤ちゃん。頭の形を直したいんだけど、このままでいいの?どうしたらよいの?という疑問を解消していきましょう♪

スポンサードリンク

ドーナツ枕のメリット・デメリットは?

では、ドーナツ枕を使うことのメリットやデメリットは、どんなことがあるのでしょうか?

下記にまとめてみたので、参考にしてくださいね。

メリット

メリットといえば、やはり頭の形がよくなることです。効果を感じているママも多いとか。

ドーナツ枕を利用することによって、同じところにばかりに負荷がかかっていることがなくなりますので、頭の形がきれいになっていきます。

向き癖がある赤ちゃんは、頭の形がいびつになったり、耳がギョーザのようにぺったんこになっていることもあります。

ドーナツ枕を利用することによって、向き癖を直していくこともできますよ。

デメリット

ドーナツ枕を使うことによって、デメリットもあります。ドーナツ枕を嫌がる子や、よく動く子、寝相が悪い子は、枕が動いて窒息の危険があります。

寝ている間に、ドーナツ枕が顔にかかっていた、ということはありえますよね。特に、寝返りがうまく打てない時期は、動くことができないので注意が必要です。

余談ですが、私も我が子のベッドに布で作ったガラガラを置いていたら、いつの間にか頭に乗っていたことがありました。枕だけでなく、タオルやぬいぐるみなども気を付けたいですね。

他にも、ドーナツ枕を使っていたら、頭の形がドーナツのようになってしまった、という話も聞いたことがあります。

固定されていると、寝返りの練習もできないですし、蒸れてしまうこともあります。長時間の使用は避けるほうが無難といえるでしょう。

スポンサードリンク

ドーナツ枕以外の対策法は?

我が子にも、ドーナツ枕を購入しましたが、嫌がってすぐに外してしまうのですぐに使わなくなってしまいました。

でもこのままで大丈夫かな?ドーナツ枕は嫌がる、でも頭の形がいびつなのも気になる!という場合は、他にできる方法もありますよ。

向き癖を付けないようにする

赤ちゃんは、声のする方や、光のほうを見るので、いつもの向く方向とは反対から話しかけたり、太陽が当たるように位置を動かすのも一つの方法です。

ママの声がする方を見ようとするので、いつも向いている方とは反対から話しかけるようにしてみましょう。

ベッドの位置を変えたり、向きを逆にしたり、メリーの方向を変えてみたりと、赤ちゃんの興味を誘うように色々試してみてくださいね。
赤ちゃん ドーナツ枕 嫌がる

背中の後ろへタオルを入れる

こちらも、いつも同じ方向に向いていてる赤ちゃんへできる対策です。タオルを縦長になるようにくるくると丸めます。

そして、背中の方にタオルを入れて、向きが戻らないように土手を作ります。いつもの方向に向こうとしても、タオルがあるので戻りにくくなります。

私の子供も、向き癖があったので、頭の形がちょっといびつになっていました。いつも同じ方向を向いているので、赤ちゃんジムのようなおもちゃを使い、上に興味を向けるようにしていました。

向き癖の方は壁しか見えなくして、ゆらゆらとゆれるおもちゃをつかもうと手をのばしたり、反対側におもちゃを置いたりして、注意を向けるようにしていましたよ。

成長するとわからなくなる?!

赤ちゃんの頃は、頭の形は気になるものですが、寝返りをするようになり、お座りができてくるようになると頭にかかる負担も減ってきます。

成長するとともに、形がよくなってきた、気にならなくなってきたというママも多くいます。

耳の形も同様で、成長と共にギョーザにもならなくなりますし、徐々に形が整ってきます。

ドーナツ枕を嫌がるから頭の形が直らない、ということはありませんので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんの成長を楽しみながら、見守っていきましょう!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ