赤ちゃんが微熱と鼻水がでている時ってお風呂はどうする?私はこうしてます!

赤ちゃんが微熱と鼻水が出ているとき、みなさんはお風呂どうしていますか?

我が家の場合、鼻水だけであればためらわずにしっかりお風呂にいれます。けれど、ちょっと熱っぽいなと思って体温計で37度後半だとちょっと悩みますよね。

38度超えていれば体力も落ちているかもしれないしと思って入れない方が多いです。

赤ちゃん 風呂赤ちゃん 風呂

大人だと38度の熱となれば、ぐったりしてしまうところですから、赤ちゃんが意外に元気だということに驚いたこともあります。

熱があるんだからてたらいいのにと思いますが、そうはいきません。うちの子たちもみんなそうでした。

熱があってもおもちゃを引っ張り出したり、悪いことはします。でも熱あるから仕方ないかと思うこともありますよね。

どっちが正解かわからないままにお風呂に入れていたり、入れても大丈夫なときでも入れていなかったりしているかもしれません。

赤ちゃんが微熱で鼻水も出ているときのお風呂、我が家の場合はどうしているのかを紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの機嫌がいいとき

赤ちゃんの場合は38.5度までが微熱のラインです。え!!!と思いますよね。そういえばもともと赤ちゃんは体温が高いんです。

大人であればフラフラな熱ですよね。微熱のラインとはいえ赤ちゃんが元気であればという話なので、ぐずぐずしているなと思った時にはお風呂はやめておきましょう。

お乳やミルク、離乳食などもいつもと変わらないくらい食べて、昼寝もしっかりしているなという感じでいつもと変わらないと判断できればお風呂に入って大丈夫です。

というのも赤ちゃんは以外とをかいています。なのでお風呂に入って清潔を保つことも大切ですよ。

また鼻水がでているときは、お風呂に入って体内に蒸気をたくさん取り込むようにすると鼻水や痰を出やすくする効果があります。

鼻水が出ている時というのはこまめな水分補給をすることもとても大切です。その中でお風呂はとてもいい場所。

そしてお風呂に入れた後には湯冷ましで、しっかり水分補給をしてあげましょうね。

けれど、月齢が低い赤ちゃんの場合にはあまり長風呂をさせてしまうと疲れてしまうので気をつけてください。

お風呂の入り方に気を付ける

お風呂に入ることで風邪が悪化することはありません。

悪化すると考えられているのは、湯冷めしてしまったり、熱いお風呂に入りすぎて体力を消耗してしまったから。

ですので、いつもよりも少しぬるめのお風呂でじっくり入って体を芯から温めることも大切ですよ。

何よりも赤ちゃんにとってもお風呂はしい場所であるのであれば、入れてあげてリラックスさせてあげたいと思います。

親子のスキンシップタイムとして楽しい時間を過ごすことで、赤ちゃんもよりリラックスしてよく睡眠がとれるようになりますよ。

また脱衣所の環境を整えてあげましょう。少し温めておくと洋服を脱いだ時に寒くありません。

スポンサードリンク

足湯をする

お風呂に入るのははやり抵抗があるなと感じたときには、足湯がお勧めですよ。

つかまり立ちができるようになってからになりますが、足湯の習慣は大きくなってからも有効なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

赤ちゃんに足湯ってどうなのかなと思いますが、足湯は体をから温めるということにとても長けています。

遊びの延長で足湯をすることもできますよね。うちの子たちはとにかく足湯が大好きでした。

水遊びって小さな赤ちゃんでも大好きですよね。赤ちゃんであれば洗面桶があれば十分足湯を楽しむことができますよ。

いつもよりも少し熱めのお湯を準備してください。すぐに触れたところをふけるタオルや洋服の準備も大切です。

binetu

こんな時はNG!!!

でもやっぱりお風呂はやめたほうがいい時もあります。

熱が38.5度以上の時、微熱だけど機嫌が悪い、微熱だけど食欲がない、これらのサインを見逃さないようにしてくださいね。

赤ちゃんの体調を示す大事なサインです。

赤ちゃんの様子で見極める

赤ちゃんが微熱で鼻水も出ているけど、お風呂どうしようかなと思った時には、少し赤ちゃんの様子を見てみましょう

熱はあるけど、元気もりもりにいつものように遊んでいるな~。ごはんもミルクもしっかり摂れているな~、そんな時は迷わずお風呂に入れます。

いつもよりも少しぬるめのお風呂にして、脱衣所や浴室を温めておくといいでしょう。

赤ちゃんにとってお風呂は大事なスキンシップの場であり、リフレッシュの場なんです。

お風呂で汚れや汗を洗い流して、清潔にすること、そしてお風呂に入ることで鼻水や痰が出やすくなるんですよ。

すっきりしたらまたぐっすり寝られますよ!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ