サンダルを子供に買ってあげるときの選び方は?サイズはどうしたらいい?

春が終わりが近づいて来ると、水遊びや川遊びなど、楽しい時期になってきますね。濡れたままで歩けるサンダルは大人も子供も便利な履物です。

でも、サンダルは履く時期が限られた間だけ。大人は大丈夫ですが、子供はすぐに足が大きくなってサイズアウトしてしまいます。

kids-1305072__180

「来年の夏も履けるように大きめのサイズのものを買おうかな?」「水場で使うものだから安全も考えてジャストサイズにしようかな?」と、歩き始めたお子さんなら特に悩んでしまいます。

今回はサンダルを選ぶときに、子供に合った選び方は?ジャストサイズ?大きめでも大丈夫?おすすめのサンダルについてお話しします。

スポンサードリンク

サンダルのサイズ選びはどうしたらいい?

私も、子供が産まれ、歩けるようになった初めての夏、「どんなサンダルを買おうかな?」と悩みました。女の子だったので「やっぱり可愛いサンダルを履かせたいな」と思いました。

靴屋さんに行ってみて驚いたのは、たくさんの種類があるということ。スリッパのようなものもあれば、かっちりとしたストラップがついたものなど、いろいろあり迷いました。

そもそも、小さい子供にサンダルを履かせていいのか?なんて考えてしまったり・・・初めてのお子さんだとつい心配しすぎてしまうこともあります。

子供の足の骨はまだ発達している途中です。なので、合わないサイズのサンダルを履くことによって、足の骨の成長の妨げになってしまうのです。

大きいサイズのサンダルは、歩いたり、走ったりしたとき、サンダルの中で足がずれてしまいます。無駄な力がかかってしまい、捻挫や靴擦れなど、転倒してけがをしてしまうかもしれません。

「来年は履けないかも。もったいないな・・・」と思うかもしれませんが、サイズ選びは慎重に行いましょう。必ず「今」お子さんに合うサイズのサンダルを選んであげてくださいね。

ちょうどいいサンダルのサイズ選びの目安は「かかとが靴底にフィットして、足先に5ミリくらいの隙間があるもの」です。

これを参考に、実際にお店で子供に試着させて選ぶのが一番いいです。お店によっては、専門のシューズフィッターさんにサイズを見てもらえると安心ですね。

スポンサードリンク

おすすめのサンダルは?どんなデザイン?

夏になったら、子供の足元も涼しくしてあげたい。そこで便利なのがサンダルです。

でもまだ足の骨の発達途中の子供に、サンダルはよくないのかな?手軽なゴムぞうりのようなものでもいいのかな?なんて、どんなものがいいのか迷ってしまいます。

そこで、こんなところを注意してサンダルを選んであげてください。具体的にポイントをまとめてみました。

topimg_original

●かかとの部分がしっかりしている

サンダルは「かかと」の部分がないものが多いです。(かかとの部分が覆われていない)でも、その「かかと」部分が足の成長に欠かせないのです。

身体をしっかり支える為には、「かかと」をしっかりと支えてくれるサンダルを選んでください。

●ベルト(ストラップ)がついていて、しっかりと調節できるもの

足首をベルトだけで、固定するタイプのサンダルが、あると思いますが、ベルトだけのサンダルよりかかとがあり、さらに足首をベルトで固定できるサンダルがいいです。

まだ、歩き始めてあまりたってないお子さんなら特にそういうサンダルを選んであげてください。

●靴底に弾力性があり、すべらないもの

サンダルは水辺で使うことが多いものです。なので「普段の靴よりもすべらないもの」を選んでください。しっかり凹凸があるものを選んでくだいね。

サンダルの中で足が滑ってしまうこともあります。そういう時は、靴下を履かせてサンダルを履くのもいいですよ。

●サンダルの前の部分から、3分の1で曲がるもの

くつと同様に、足に合わせて曲がるものがいいです。足の動きにフィットするものが理想ですね。

うちの子供はかかとがないものだと、走っているとすぐ脱げてしまってました。なので、2歳くらいでしっかり歩けるようになってもしっかり足を包んでくれるようなサンダルを履かせてました。

サンダルは夏場は涼しくて便利です。しかし、小さなお子さんだと子さんだと思わぬケガにつながることもあります。お子さんの足に合ったものを選んであげましょう。

女の子のお子さんなら特に、可愛いデザインのものを選びがちですが、足の成長を決める時期の靴選びは、機能面を重視してあげるようにしましょう。

夏の足元を、快適に過ごしさらに健康で元気な足を作っていきたいですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ