赤ちゃんにドーナツ枕は効果的?向き癖や絶壁予防には?

赤ちゃんが産まれる前の準備って大変ですが、ワクワクしますよね~。ベットや布団や肌着など、赤ちゃんのためを思うと、ついつい買いすぎちゃうことも。

その中に「ドーナツ枕」があります。赤ちゃん用の中心部にくぼみがある枕で、「赤ちゃんの向き癖や、絶壁予防になる」といわれてます。
makura

私も初めての子供が生まれたときに、子供の頭の形があまりいいほうではなく悩んでいたところ、義理母から「これを使ってみたら?」と、ドーナツ枕を頂きました。

その頃、子供を産んだばかりの私には、まだ見慣れないものだったので、これで本当に効果があるのかな~?なんて思いながらも使っていました。

私の時のように、特に初めてのお子さんの場合だと「ドーナツ枕って買ったほうがいいのかな?」と悩みますよね~。

そこで今回は、赤ちゃんにドーナツ枕は効果があるのか?についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの向き癖を直すのにドーナツ枕は効果的?

ドーナツ枕で向き癖を直すとよく耳にしますよね。赤ちゃんの向き癖って気になりますね。向き癖とは興味のある方向ばかり向いてしまい、そのせいで頭の形が悪くなることです。

添い寝や添い乳をおなじ方向でばかりすると、向き癖がついてしまう。と言われています。同じ方向ばかり向いていると、頭や顔、耳が歪んでしまうのです。

そこで、その向き癖を直すのにドーナツ枕を使用することがあります。真ん中のくぼみに頭がはまるので、正面を向いて寝やすくなります。なので、向き癖が治るということです。

これも、個人差があります。我が家の上の子供は寝てる時もそんなに寝相が悪いほうではなかったので、ずれることもなかかったです。

でも、下の子供は動き回るほうで、ほどんどドーナツ枕をすることなく大きくなりました。

しかし、向き癖は赤ちゃんのうちは心配しなくていいです。なぜなら、向き癖は成長と共に自然に治るからです。

ドーナツ枕を使用するときに、注意することが1点。使用するときは、説明書をよく読んで、何か月から使用できるか、確認してから使いましょう。

2~3か月~のものを、産まれたばかりの赤ちゃんに使用すると、ドーナツ枕を使用した状態で、げっぷができないので、吐いたものをのどに詰まらせる危険があるからです。

新生児の時から使えるものもありますが、生後2~3か月~のものもあるので、ちゃんと見てから購入しましょうね。

スポンサードリンク

ドーナツ枕は赤ちゃんの絶壁予防になる?

赤ちゃんの頭の形って気になりますよね。私も義理母から、この子は絶壁だわ~なんて言われて悩んでいました。

赤ちゃんの頭は柔らかくが変形しやすいのです。形が変わるのは1~2歳くらいまでです。その後はほどんど形は変わりません。

絶壁になりにくいのは、このドーナツ枕、真ん中がくぼんでいるため、後頭部に圧力がかからないため綺麗な形になるからです。しかし、頭の形は変形するとはいえ、遺伝の影響があります。

我が家では、ドーナツ枕は上の子も下の子も使いましたが、下の子は動きが激しいほうでほとんど枕をしてない状態でした。なのに、二人とも絶壁でもなく、頭の形が悪いわけではありません。

ドーナツ枕以外でも、絶壁予防になるのは、音を鳴らして赤ちゃんの寝る向きを変えたり、同じ姿勢を取らせないようにしたり、向き癖の反対から授乳するなどあります。

他にも、ドーナツ枕で背骨がきれいな形になることも!赤ちゃんはお腹にいる間は体を丸くしています。

産まれて体が伸びるようになり、ドーナツ枕で仰向けに寝ると、背骨が自然な形になるのです。

ドーナツ枕で寝かせるだけで綺麗な背骨になるなら使ってみたいですね。

ドーナツ枕は使ったほうがいいの?

ここまでドーナツ枕のお話をしましたが、ドーナツ枕は使うべきなのか?答えは個人差があるということです。

新生児用のドーナツ枕を使って、絶壁予防になったという子もいれば、まったくドーナツ枕を使わなくてもきれいな頭の形の子もいます。頭の形は遺伝の影響が大きいです。

o0480036012712278759

寝ている間に動き回ったりする子もいれば、ドーナツ枕を嫌がる子もいます。

また、ドーナツ枕は赤ちゃんの頭がすっぽりとはまる形なので、左右に動かしにくいため、あせもができやすくなります。夏生まれの赤ちゃんはとくにあせもはなりやすいのでこまりますね。

ドーナツ枕ではなく、代用品のタオルやクッションなどでもOK!お母さんが赤ちゃんの様子をみて、タオルなどで高さをみて枕にしてみてください。

同じ方向ばかり向くのならタオルで支えを作り、向きを変えてあげるのもいいと思いますよ。そのときは、タオルが顔にかかったりしないよう、気を付けましょう。

枕は赤ちゃんには必要です。なぜなら、赤ちゃんの胃の形は大人と違い、胃の形が曲がっていません。トックリみたいな形をしていて、ミルクを飲んだとき吐き戻ししやすいのです。

その吐き戻しを防ぐために枕で頭を、高くしていれば防止になるのです。

赤ちゃんが成長し、寝返りをし始めれば、約2歳くらいで大泉門が閉じるまである程度整ってきます。なので心配しないでください。自分の赤ちゃんに、あった枕がみつかるといいですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ