赤ちゃんの秋服はいつから?おすすめのコーディネイトは?

暦では9月からになりますが、まだまだこの時期、昼間は真夏並みに暑いのに、夜になると肌寒かったりしますよね.

私の子供が夏産まれで、秋になったころ「寒いかな?」と思い長袖のツーウェイオールを着せたところ、暑かったようで汗をかいてました。
gatag-00011698
それに気づかず、あせもができてしまったことがあります。寒いだろうと思って、着せすぎてしまったのです。このとき、早く気づいてあげれたらよかったのに・・と悔やんだものです。

この季節、室内と野外でも気温は違いますし、「赤ちゃんの服は何を着せようかな?」と悩むと思います。

今回は、赤ちゃんの洋服は秋服にいつから変えたらいいの?おすすめのコーディネイトは?についてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの服装を秋服にする目安は?

夏から秋に季節が変わっていくと、「半袖でいると寒いな~」とか「上着を持っていないと夜寒いな」と感じますね。

大人は自分で感じて服装を調節することができます。しかし、赤ちゃんはしゃべれないのでそういうわけにはいきません。

出産したとき、病院の先生から「新生児は体温調節がまだできない体だから、暖かくしてあげてね」と言われました。

しかし、暖かくしすぎると、汗をかいたり、逆に暑いと思って脱がすをと手足が冷たくなってたり・・・難しいですね。

赤ちゃんは自分で服装を替えれません。でも、赤ちゃんから「暑いよ~、寒いよ~」のサインを出してくれてます。その、赤ちゃんのサインを見つけて服装の調節をしてあげましょう。

そのサインは「泣くこと」です。赤ちゃんは「泣く」ことでママに教えてくれてるのですね!

もし、赤ちゃんがお腹もいっぱい、おむつも濡れてないのに泣いている・・・というときは、「暑いのかな?寒いのかな?」と疑ってみてください。

秋の服装に靴下も必要です。室内では裸足でいいですが、秋になってきたら外出するときは、靴下を履かした方がいいです。

これが秋の服装!!というより「赤ちゃんの様子を見ながら、上着や靴下などで体温調節する」のが一番いいですよ。

秋服を購入するときは、冬も使える暖かいものにすると長く着ることができるのでおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめのコーディネイトを紹介します!

秋におすすめの赤ちゃんの服装のコーディネイトです。赤ちゃんの成長に合わせて服装も変えてみましょう。

①ねんね期 
短肌着または長肌着+ベビードレスまたはツーウェイオール

足をばたつかせるようになったら、肌着をコンビ肌着に替えてもいいですね!ねんね期のあかちゃんは、体温調節がうまくできません。

成長すると動いて体温があがりますが、ねんね期の赤ちゃんはそれができないのです。なので、服装には気を付けてあげてください。

をかいてたら着せすぎです。それ以外は、「大人の服装+1枚」でいいです。

赤ちゃんの手や足を触ってみて、冷たいか?熱いか?やおむつを替えたときにおしりに汗をかいているか?など赤ちゃんの様子をみて、服装を変えましょう。
baby-3b-4
②お座り期 
コンビ肌着またはボディースーツ+カバーオールまたはセパレート

上下べつべつの服が着せれるようになります。しかし、動くようになると、お腹が出てしまうことが多くなってしまい、お腹を冷やしてしまいます。肌着はお腹が隠れるものを着せたほうがいいですね。

基本的には「大人の服装-1枚」でいいです。この時期も、ママが暑いのか?寒いのか?背中やおなかを触ってみて、体温調節してあげてください。

活発になってくるので、汗をかくことも多くなります。秋でも暑い日は冷房がきいてる場所もあります。上に着せれるカーデガンやパーカーをもっていると便利ですね。

③よちよち期

歩けるようになって、外に出て散歩するのが、楽しい時期ですね。この時期も基本は「大人の服装-1枚」でいいです。

このころになると、洋服の種類も増え、おしゃれが楽しくなってきます。特に、女の子はスカートをはかせるとぐっと女の子らしくなって可愛いですよね。

スカートだけだと、おむつが丸見えになってしまいます。そういうときはスパッツを中にはくといいです。スパッツは保温効果もあるので、お腹が冷えるのも防いでくれます。

動きが活発になるので、特に室内では汗をかきやすくなります。室内では薄着で、外では、寒そうなら上着を着せるというように上着を持ち歩くのがいいですね。

秋は赤ちゃんと一緒にお出かけするのに、とってもいい季節です。急に寒くなったりすることもあるので、上着や靴下など、着替えを忘れずお出かけを楽しんでくださいね!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ