発達障害の特徴は赤ちゃんにもあるの??確定は3歳前後!?

赤ちゃんが生まれて、嬉しい反面不安になることもたくさん出てきますよね。 

発達障害 特徴 赤ちゃん

周りの赤ちゃんと比べて、あれっ?って思うことがあると、ついついネットで検索してしまう私。

自分の中で、赤ちゃんはこういうものっていう固定概念から外れていると、発達に障害があるんじゃないかと気になったりもします。

赤ちゃんがあまり泣かなくて心配だったり、泣きすぎでも心配だったり。名前を呼んでも振り向いてくれなくて不安になったり。

私も含め、私の周りにも不安や心配をかかえているママはたくさんいます。気になりだすと、もう色んなことが心配で、考えるだけで疲れてしまいますよね。

そもそも、赤ちゃんの発達障害とはどんなものなのか?はっきりと、わかるものなのでしょうか?

発達障害の特徴は、赤ちゃんにどんな風に出るのか、詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

発達障害とは?

発達障害とは、コミュニケーションや行動、社会に適応する能力に問題がある障害です。

混同されがちな知的障害とは、また別物ですが、発達障害と知的障害の両方の障害を持っている場合も少なくありません。

初めての育児、何が普通かわからなくて、赤ちゃんはこんなものだろうと思っていたけれど、成長してから発達障害の診断を受けた、という話を聞きます。

発達障害を持つママに話を聞いたり調べたところ、子供が新生児のころから、あれ何か変かな?と思うことがあった、という声もあります。でも実際診断が下ることはあまりないようです。

甥っ子の場合

私の甥っ子も、年中さんのときに発達障害の診断を受けました。姉曰く、その瞬間は頭が真っ白になったと言っていました。

発達障害という言葉を知っていても、いざ我が子が言われるとショックは大きかったと。

私がたまに会う甥っ子は、じっとしていられず、注意しても聞かない、奇声をあげるといった感じでしたが、子供ってこんなものだろうっと思っていました。

姉によると、赤ちゃんの頃から、夜泣きがひどくてなかなか寝なかったり、抱っこが嫌いだったり、と気になることはあったようです。

スポンサードリンク

赤ちゃんの発達障害の特徴は?

発達障害といっても、自閉症やアスペルガーなど、いくつかの種類があり、それらを併せ持っている可能性もあります。

発達障害の可能性がある赤ちゃんの特徴は、全体的に以下のようなものがあります。

・後追いをしない
・人見知りをしない
・音や光など、周りの刺激に過敏または鈍感
・視線が合わない、視線が合いづらい
・指差しをしない
・人の真似をしない
・手のひらを自分の方に向けてバイバイする
・名前を呼んでも振り向かない
・表情が乏しい
・常にせわしなく動いていて、よく怪我をする
・睡眠時間が短い
・かんしゃくを起こす
・手のひらを目の前でひらひらさせるなどの反復行動をしたりクルクル回るなど、こだわり行動をする
・抱っこが嫌い。抱っこすると、身体を反り返らせて嫌がったりする。
・寝付きが悪い、睡眠リズムが整わない
・クレーン現象がある(例えばママの手をつかんで物を取ろうとしたり、人の手をつかんで何かをしようとする)

でも、これらの特徴が複数あるからといって発達障害だとは断言できません。上記の特徴は、赤ちゃんの成長過程で普通にある場合も多いのです。

発達障害 特徴 赤ちゃん2

いつごろ発達障害と診断されるのでしょうか??私が調べたところ、発達障害と診断されるのは、3歳前後であることが多いです。

早期発見早期療育

赤ちゃんの頃は発達障害の特徴があったとしても、発達障害によるものなのか、環境や個人の発達のスピードなどによるものなのか判断し辛いです。

お医者さんに相談しても、発達障害の診断が出されることは、ほぼありません。

だから何もしないというのではなくて、赤ちゃんの特徴であれっ?と思うことがあれば、かかりつけの小児科の先生や支援センターなどで、その都度相談しましょう。

助言をもらうことが出来たり、もし発達障害であるならば、早期発見にもつながります。早期療育は、発達障害に効果的であると言われているので、子供にとって良いことだと思います。

発達障害は、根本的な治療はなく、完治!というのも難しいです。しかし療育をすることで、発達障害が目立たなくなり普段の生活に困らない、という例はたくさん!!

私の姉は、子供と向き合うしかないから悩むより楽しんだほうが良いと言います。発達障害があろうがなかろうが、我が子は可愛い♪というのが姉の口癖です。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ