2ヶ月の赤ちゃんのおもちゃは何がいい?音のするものがおススメ♪


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

赤ちゃんが生まれると、おもちゃをいただく事もありますね。生まれてから直ぐにおもちゃは必要ではありませんが、

おもちゃ売り場に行くと、2ヶ月頃から使えると書いてあるおもちゃもチラホラと見かけます。

赤ちゃんおもちゃ

私の旦那さんは、娘におもちゃを買いたくて仕方ないみたいです。私はあまり増やしたくないので、それを抑えるのに苦労しています。

2ヶ月頃は、おもちゃで遊べる時期の始まりです。最初はどんなおもちゃがいいのか?

買ったもの全てが、娘に気に入ってもらえたわけではありませんが、傾向はわかりました。

赤ちゃんのおもちゃ、2ヶ月ならどんなもの?私が最初に、娘に渡したおもちゃをご紹介します。

スポンサードリンク

2ヶ月までに家にあったおもちゃ

おもちゃは、生まれた直後から頂いたものや、旦那さんが買ってきたおもちゃがありました。

  • 電動プレイジム(もらいもの)
  • オーボール
  • がらがら
  • 積み木(もらいもの)

O・ball オーボールジェリー(ピンク、パープル)

価格:798円
(2014/3/18 23:21時点)
感想(78件)

生まれた直後は、どれ一つとして使えるものはありません。泣いている時にあやすのは、おもちゃではなく抱っこでした。

寝ながら振り向けるようになった1ヶ月頃に、がらがらの音で振り向かせたりもしましたが、それだけです。

この時期に、あれこれ買おうとする旦那さんを、止めるのが大変でした。

軽くて音の出るもの

2ヶ月でおもちゃを買おうとするなら、この3つがポイントです。

  • 軽いもの
  • 音の出るもの
  • 布ではないもの

軽いものだと、赤ちゃんが握れます。持ち手が細くて握り易いのがいいですね

自分で握りはしないので、手を開いて握らせてあげます。そうすると、暫くは握って、少しだけ振ったりもします。

その後、1,2分でポイッと捨てられますが、振ってくれると何とも言えず嬉しいものです。

ちょっとでも振って、音が出るおもちゃがオススメです。

大きな音ではなく、微かに音がする位でいいです。大きな音だと、まだびっくりしてしまいます。

スポンサードリンク


2ヶ月頃は、手を口に入れる行動が始まる頃です。布のおもちゃは、口に入れても安心かと思いますが、よだれで、べとべとになってしまうと洗わなければなりません。

プラスチックのおもちゃならば、拭いくだけでいいですし、気になるなら、アルコールで拭き取れば、消毒になります。

娘が気に入ったおもちゃは、軽くて音が出るものでしたが、布でした。丸洗いができるものでしたが、ベトベトになったものは毎日洗わないわけにもいかず、大変でした。

3ヶ月頃なって、音が出るオーボールに変えて、娘がそれを気に入ってくれたので、最初のおもちゃはしまってしまいました。

ベッドメリーやモビール

手に握って遊ぶだけが、おもちゃではありません。2ヶ月は、まだ手で持って遊ぶにはほんの数秒です。

赤ちゃん2ヶ月

目がよく見え始めて、はっきりした色のものを目で追うのが好きな時期です。

寝ている状態で見えるように、ベッドメリーやモビールがオススメです。

専用のものも売っていますが、我が家はモビールを手作りしました。本当ならばナチュラルな色の物が好きなのですが、赤ちゃんの目には、原色が良く見えて興味を持つので、原色を選びました。

問題はモビールの飾り方ですが、寝ている赤ちゃんの真上に飾ると、万が一落ちると大変です。そして、我が家は賃貸でしたので、大きな穴を開けるわけにもいきません。

赤ちゃんは、光の方を見ますので、窓際に突っ張り棒をしてそこに掛けました。

私はちりめんの布で作りましたが、紙で作れば、もっと軽くできます。小さな鈴を付けると、揺れるといい音がします。

我が家では、エアコンの風で揺れて音がしました。時々手で大きく揺らすと、とても嬉しそうに笑ってくれました。

2ヶ月では、まだまだおもちゃで遊ぶという状態ではないのですが、おもちゃでの遊び方が、日を追うごとに上手になっていきます。

赤ちゃんは、成長と共に片手でしか持てなかったのに、両手で持てるようになり、口に運ぶようになり、自分で拾えるようになります。

1つのおもちゃで長く遊べますので、あれこれと、次々買う必要はありません。オーボールは6ヶ月までお気に入りで、いつでもどこでも持って行きました。

そうすると、娘も、始めての場所や長距離のドライブでも、安心して過ごせました。お気に入りのおもちゃは、ぐずった時の切り札になりますよ。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ