赤ちゃんの歯磨きはいつから?何回磨けばいい??

赤ちゃんの歯が生えてくるのは、大体6ヶ月頃と言われています。そうなると、歯磨きをしなければなりませんね。

赤ちゃん歯磨き

乳歯なんて、いつかは抜けるものですが、やらないのはいけません。乳歯の虫歯は、永久歯の虫歯に繋がります。

永久歯は抜けてしまうと、二度と生えません。では、いつからどのように始めたらいいのでしょうか?

私の娘は、本当に歯磨きを嫌がり、かなり苦労しました。赤ちゃんの歯磨きはいつからするの?試したことは数知れず。今日はその中で、効果があった方法を紹介します。

スポンサードリンク

ガーゼ磨きから始める

歯磨きは、歯が生えたら、始めました。離乳食も始まり、ただでさえ忙しいのに、またやる事が増えたなぁと、歯が生えたことが嬉しいよりも面倒だと思ってしまいまいた。

歯が生えたことを喜ぶ旦那さんを見て、面倒だと思った自分を恥じたりもしました。

歯は、探さなきゃいけないほど、小さな点のようでした。これの、どこを磨くの!?と思うほどでした。

先ずは、歯ブラシではなく、ガーゼで拭うことから始めました。ガーゼで拭う、ガーゼ磨きは、ミルクを与えた後に必ず行うので、ミルクの回数の分行います。

使い捨てにしようと、小さなガーゼを30枚1パック買いました。

いざ、歯を拭こうとすると、娘がガーゼをモシャモシャ噛もうとしていまい、果ては飲み込む勢いで危なかったです。直ぐに使うのを、止めてしまいました。

そして、行っていた児童支援センターの歯科衛生士さんに、歯の拭き方を習いました。

  1. ガーゼを人差し指に巻く
  2. 水又はぬるま湯で濡らす
  3. 歯を拭く
  4. ガーゼは普通に洗濯機で洗う

ガーゼは、今までよだれを拭くのに使っていたガーゼを使用しました。何度も洗っていたガーゼなので、丁度良く柔らかくなっていました。

水で濡らすのも、その時に知りました。乾いたガーゼでは歯茎に張り付いてしまい、赤ちゃんも痛いですよね。

歯ブラシは慣れることから

歯ブラシは、1日1回、乳児用の歯ブラシを持たせ、私も、自分の歯ブラシを持って真似するように促しました。

最初は、歯ブラシをガジガジ噛むだけでした。その時は、磨くとか、そういう意味はまるでなく、ただ、歯ブラシに慣れてもらう事だけなので、真似出来たことを褒めました。

スポンサードリンク


歯ブラシは危ないので、持たせている間は、目を離さないようにしました。口に歯ブラシを入れたままで、動くのは危険です。

喉に、刺さってしまう可能性もあります。喉に刺さないようガード付きの歯ブラシや、握り易い歯ブラシなど、色々な歯ブラシが売っています。

最初の1本を持たせて、色々やってもダメなら、違うものを持たせたりするのもいいですね。

歯ブラシは、最初はおもちゃと思っていますから、楽しく、お気に入りになるように促しました。

嫌がったら笑って真似事だけでもする

歯を、ガーゼで拭くのも嫌がるようになったのは、8ヶ月になった頃です。

ガーゼを用意して膝に座らせると、凄い力で暴れました。自分が歯で悩んだので、娘には丈夫な歯でいて欲しいので、嫌がっても拭う仕草だけはしました。

食べたら、歯は磨くものだと覚えさせる事だけと、毎日歯磨きしました。

歯磨きいつから

歯磨きは、自分も、旦那さんも、毎日娘の目の前で楽しそうに磨いている姿を見せました。

真似をし始める時期でもありましたので、興味をもってこちらを見ている時に、歯ブラシを渡して一緒に磨くようにしました。

仕上げのガーゼも、私が娘をやっている時に娘に鏡を見せ、鏡の隣で旦那さんもガーゼで拭く真似をしてもらいました。

旦那さんがいない時は、自分も歯をガーゼで拭く真似をして、娘に見せました。

歯磨きの歌や絵本

歯磨きを嫌がる赤ちゃんに、歯磨きの歌や絵本があります。歯磨きの絵本は、歯磨きを始めた頃から、よく読み聞かせていました。

どんな絵本より、熱心に読み聞かせていたと思います。歯磨きの歌は、歯磨きの度に歌いました。

自分も磨きながらなので、半分モゴモゴしていましたが、ガーゼで拭く時も1フレーズ歌いました。

今では実家に泊まると、じいじとばぁばが歯磨きの歌を歌ってくれないと、不満そうな顔を見せるようで、両親から「歯磨きの歌を、教えて欲しい」と言われました。

歯は大事だからこそ、イヤイヤしている時も何とか歯を磨こうと、怖い顔をしがちです。私も、つい、歯磨きを嫌がる娘を押さえつけて、早く済ませたくなります。

でも、ウトウトと眠る直前にサッと拭いたり、食べ、直ぐじゃなくても、1日1回、興味を持って磨けていればいいかと、大らかな気持ちで歯磨きを考えています。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ