赤ちゃんのおむつかぶれが下痢で悪化!どうケアする?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

新生児のうんちはゆるゆる。だから拭いても、拭いてもなかなかキレイにならない…!とお困りのママも多いのでは?

赤ちゃんの頃はうんちの回数も多いので、おむつ替えが本当に大変な時期なんですよね。

そして一生懸命拭いているうちに可愛いお尻が真っ赤に!なんてことになったことありませんか?

そんなデリケートな赤ちゃんのお肌はちょっとの刺激でかぶれてしまいます。

うちの長女もお肌の弱い子で皮膚科にしょっちゅう通ってお薬をもらっていました。もちろんおむつかぶれも経験済みです。

おむつかぶれって一度なってしまうと治りづらいんですよね~。それにみるからに痛そう…。おむつかぶれの原因の多くが赤ちゃんの下痢によるもの。

体調を崩すとすぐに下痢気味になってしまう赤ちゃんは多いんですよね。とは言ってもうんちしないわけにはいかないし…。

では赤ちゃんのおむつかぶれ、下痢気味の赤ちゃんはどうケアしたら良いか見ていきましょう。

スポンサードリンク

おむつかぶれってこんな状態

おむつかぶれといっても症状は様々。一般的には性器のまわりやお尻が赤く腫れたり、プツプツが出来たりします。

酷くなると皮が剥けじゅくじゅくに…。う~ん、聞くだけで痛々しい…。擦れが原因でギャザー部分だけ、かぶれることもあるんですよ~。

ちょっと赤いかな?というくらいでも、お尻を拭いた時に痛がるようであれば、おむつかぶれをしている可能性が。

放っておくと悪化することもあります。赤ちゃんからのサインを見逃さないように注意を!

下痢でかぶれるのはなぜ?

おむつかぶれはおむつ内の湿気摩擦で起こります。特に下痢気味の赤ちゃんは、うんちとお尻が触れ合う回数や時間が長いですよね。

うんちには大腸菌群などの腸内細菌や酵素が含まれているため、おしっこよりも刺激が強いんです。

しかも下痢の場合は、通常のうんちよりも更に刺激的!そのためおむつ替えを怠ってしまうと、たちまちおむつかぶれになってしまうんです。

下痢をしているときは特に清潔を心がける必要がありますね。

下痢気味の赤ちゃんにはこんなケアを

かぶれた箇所に染みたり、拭き取る刺激で痛がったりで泣き叫ぶ赤ちゃん!

おむつかぶれしてしまうと、痛いのでおむつ替えを嫌がる赤ちゃんが多いですよね。

おむつ替えは毎回暴れる我が子との戦い!そんなママも多いと思います。

だけどこまめに変えてお尻のキレイを保たなくてはおむつかぶれは良くなりません。

そこで下痢気味でおむつかぶれをしてしまっている赤ちゃんにおすすめのケア方法を紹介します。

スポンサードリンク

こまめなおむつ替え

これはもう大前提!こまめなおむつ替えなくして、お尻かぶれは良くなりません。

下痢気味の赤ちゃんは、常にうんちが出ているといっても言い過ぎではないんです。

さっきかえたばかりなのにもう~!?なんてことはしょっちゅう。こまめに替えてうんちに触れる時間を短くしてあげましょう。

拭くよりも洗い流す

おむつかぶれしてしまったお肌を、お尻ふきでごしごし擦ってしまったら痛いのは当然!赤ちゃんにとっては拷問です。

擦るのはおむつかぶれを悪化させてしまうのでやめましょう。ならどうやってお尻をキレイにしたらよいのか…。

まずは清潔な布やコットンでお尻を抑えながら汚れを取ります。お尻ふきでも良いですが、市販のものだとおむつかぶれが悪化してしまう子も。

そしてシャワーで洗い流しましょう。毎回のシャワーは面倒という方は、先端が細くなっていて、押すとピュッと中身がでるような入れ物があると便利!

お好み焼きソースのような入れ物でも良いですし、もっと便利そうな調味料ボトルが100均に売っています♪

適温のお湯を入れ、おむつの上でお尻にかけながらキレイにしてあげましょう。

おしりを乾かす

濡れている状態の赤ちゃんのお尻は、非常に刺激を受けやすいのです。

おむつ替えをする際はよく乾かしてから次のおむつを履かせてあげましょう。

私はよく紙おむつをうちわのようにパタパタさせて乾かしましたよ。

ワセリンを塗る

ワセリンは水をはじく性質。お尻や性器の周りに塗ることで、おしっこの水分やうんちからガードしてくれる効果が。

赤ちゃんの全身のお肌の保湿としても使えるので、一つあると便利ですよ♪

治らない場合は?

健康な場合でも、赤ちゃんは常におむつかぶれの危険にさらされています。お尻とうんちの触れる機会の多い下痢気味の赤ちゃんならなおさら!

お尻についたうんちは擦らずに取り、シャワーで洗い流しましょう。こまめにおむつ替えをしてキレイを保つことで、良くなっていきますよ!

症状が重く、ケアをしてもなかなか治らない場合はカンジダ性皮膚炎の可能性があります。

カンジダはカビの一種で普段は害のない常在菌ですが、体の抵抗力が弱まると体に悪影響が!

この場合薬を塗らなければ良くならないので、早めに病院へいきましょうね。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ