離乳食を食べない7か月!母乳が原因?減らした方が良いの?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

特定のものだけ食べたがる赤ちゃんや、順調だったのにある日突然食べなくなる赤ちゃん。離乳食で困った事…どんなママだって一つや二つありますよね。

特に多いのは「赤ちゃんがなかなか食べてくれない」という離乳食の進み具合についてのお悩み。

離乳食が周りの子と比べて遅れてしまうのは、ママとしてはかなり不安なものなんですよね。

もう次のステップに進んでいてもおかしくないのに…と焦る日々。離乳食が終わらなければ、普通の食事は出来ません。

母乳だっていつまで出るかなんてわからない!「このまま食事が出来なかったら栄養失調になってしまうんじゃ~!?」

「もしかしたら成長にも影響するかも…。」と心配事は次々と。我が子も7か月の頃突然、離乳食拒否になったので、その気持ちよくわかります。

なのに変わらず母乳だけは欲しがって…。では離乳食を食べない7か月の赤ちゃんの原因と母乳について見ていきましょう。

スポンサードリンク

食べないのは母乳の飲み過ぎ?

赤ちゃんが大好きなおっぱい。確かに母乳でお腹いっぱいになることは出来るんですよね。

なので食事の必要性が赤ちゃんにはあんまり感じられていないのも食べない理由の一つではあります。

じゃあ母乳は飲ませない方が良いの?!と思いがちですが、そんなことはありません

1歳までは離乳食よりも母乳の栄養がメインになりますので、逆に母乳を飲まない方が大問題!今はまだ飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

離乳食の進まない原因は?

今になって考えてみれば、赤ちゃんにだって食事を摂るということは初めての経験なわけで…。今は食べたくないな~という日は大人にもありますもん。

要求してもらえるおっぱいとは違い、離乳食は一方的に食べさせられるものなので望んでいない子も中にはいるでしょう。

手間暇かけて作っているのに…とママは投げ出したくなる日もあるでしょうが、食べさせるためには根気強く与え続けていくことが大切です。

離乳食は食事の練習。毎日同じ時間に食事を用意し、それが当たり前になっていけば食べるようになる子もいます。

また離乳食が進まないのは、実は他の理由がある場合も。では赤ちゃんが離乳食を嫌がる原因について見ていきましょう。

固さの段階が違う!?

育児書を見ると、7か月の赤ちゃんは上下の前歯が2本ずつ生えて、舌を使って上手にモグモグ出来るようになってくると書いてあります。

だけど本当にそれは自分の子に当てはまりますか?我が子は確かに7か月。だけど歯の生え初めは遅く、可愛い前歯が2本あるだけでした。

このように、成長には個人差があるものですよね。情報の目安としては7か月でも、実際にはまだ早かったり、遅かったりするものなんです。

離乳食の固さや大きさも、7か月になったからこう!と決めつけるのではなく、子供の様子を見ながら変えていきましょう。

もしも食べない場合はその段階がまだ早い場合が。1度固さを戻してみると食べるようになることもありますよ♪

また成長していくと柔らかすぎて物足りないということも。その場合は早めにもう一段階進むことでよく食べるようになることもあるんですよ~。

スポンサードリンク

運動量がたりな~い!

食べないのはお腹が空いていない可能性が。家にいてお腹がすけばいつでもおっぱいが飲める状況…。

これでは赤ちゃんはいつも満腹ですよね。お腹を空かせるためには運動させるのが一番!

7か月になると運動量も徐々に増えていきます。食事の前はたくさん運動させることで食べるようになることも♪

こんな離乳食で食欲増進♪

離乳食って全てが混ぜ混ぜで単調になりがちですよね。美味しい!と思うのは味だけではなくニオイや色も大事です。

赤ちゃんが思わず食べたいと思うような離乳食で、食欲を刺激してあげましょう。

ママも食べたくなるような離乳食でなければ赤ちゃんは納得してくれませんぞ~!

カラフルに

味が美味しくても、見た目がイマイチでは食べたいという気持ちが生まれません。

トマトの赤やホウレンソウの緑、カボチャの黄色など食材そのものがもつ色を活かした離乳食を♪

組み合わせて

赤ちゃんにだって好きなものもあれば、苦手なものだってあります。まずは好きなものを見つけて、徐々に他の食材も組み合わせていきましょう。

我が子はバナナとおかゆは好きだけど、緑のお野菜は苦手でした。混ぜたり、交互に食べさせたりすることで、食べられるようになったものもあります。

だけど特別嫌いなものは無理して食べさせてはいません。混ぜることで、好きなものまで食べられなくなっては困りますもんね。

ベビーフードの活用

始めはベビーフードに抵抗がありました。だけどあまりに離乳食が進まない日が続き、作ることも疲れてしまって…。

そんな私に友達がベビーフードを買ってきてくれました。食べさせてみると珍しかったのか食べてくれたんです。

自分では使いにくい食材も、ベビーフードなら手軽ですよね。それからちょくちょく買うようになりました。

ベビーフードはマンネリしがちな離乳食の救世主ですよ!

肩の力を抜いて…

離乳食を食べてくれないと言ってもまだ7か月。離乳食を食べないからと言って、無理に母乳を減らす必要はないんですよ。

今はまだ母乳は飲ませたいだけ飲ませて、徐々に離乳食に慣れさせていきましょう。

ただ今後子供が成長していくうえで、母乳だけでは足りず離乳食からとっていきたい栄養もあります。

それは鉄分カルシウム。この二つの栄養素を意識した離乳食を心がけましょう。

ママにとって子供の成長は、何でも早いことは喜ばしいけれど、遅いことは不安なものなんですよね。

だけど母乳を飲んでいるなら今のところ栄養面は心配ありません。我が子は食べる時期、食べない時期を繰り返して今は給食をおかわりする小学生になりました。

肩の力を抜いてゆったりした気持ちで離乳食を進めても大丈夫なんですよ!

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ