幼児食での悩み!2歳児が食べない理由と対応の仕方は?


2歳になって離乳食も終わって、大変だった食事作りから解放される・・・わけもなく、日々の食事を用意するのは大変ですよね。

大人と同じものを食べられるようになってくるのは嬉しいのですが、好き嫌いがあったり食べムラがあったりと、一筋縄ではいかないもの。

我が子も、長女はなんでも食べてくれてそんなに苦労をしなかったのですが、長男で撃沈でした・・・。

長女は食べることが大好きですが、長男はそうでもなくて・・・。我が子は男女の双子なのですが、同じものを食べさせていたのにこの違いはナゼ?という感じでしたよ。

ちょうど2歳を過ぎたあたりから、長男の食べムラがひどくなってきました。牛乳大好き♪とごくごく飲んでしまい、おなかいっぱいで食べられない・・・ということが何度あったことか!

離乳食だけでなく幼児食も手ごわいぞ!と思っているママも多いのでは?

幼児食になり、2歳児が食べない場合ってどんな理由?対処法は?ということについて考えてみました。我が子に効果的だった対処法も紹介しますね♪

スポンサードリンク

食べない理由ってなんだろう?

離乳食の時は普通に食べていたのに、最近食べるのが遅くなった、食べムラがでてきたという子は意外と多いんです。

2歳といえば、なんでもやりたい!でも、まだうまく言葉で伝えることができずに、泣いたりわめいたりして表現することも増えてきますよね。

そう、イヤイヤ期の始まりです。そんな自我の芽生えもあってか、食べない理由としては、以下の場合が多いようです。

  • まだ遊びたい
  • 好きな味つけじゃない
  • まだお腹が減っていない
  • おやつなど違うものが食べたい
  • 生活リズムが整っていない

どうやって対処していく?

せっかく作った食事も、食べてくれないとママも気持ちも落ち込んでしまいますよね。私も、食べないんなら作っても仕方ないんじゃ・・・なんて思ったこともありました。

一時的なことである場合も多いですが、その時にとっては大きな悩みです。そこで対処法としてやってみたことがコチラです。

スポンサードリンク

おやつの時間はいつも決まってる?

おやつの時間が遅すぎると、おなかが減っていないのにご飯の時間に!お腹が減っていなければ、食べる気持ちも失せてしまうもの。

2歳であれば、間食であるおやつも大切な食事ですよね。おやつの時間をきちんと決めておくことも大切です。

我が家も、牛乳が好きでお茶のように飲んでいたので、間食の牛乳を減らしてお腹がいっぱいにならないように気をつけました。

テレビは消えてる?

食事の時間、テレビがついているとそちらに気を取られてついつい手が止まってしまう・・・。大人でも、つい見入ってしまうことがありますよね。

ご飯に集中できずに、だらだらと食べ続けることになりますので、テレビは消すことをオススメします。

「ほら、またテレビばっかり見て!」と注意することもなくなりますよ。

食事に変化をつけてみよう!

どうせ食べないから・・・と諦める前に、簡単にできることをやってみませんか?作ったものは同じでも、変化をつけることで食べることもあります。

  • 食器を変えてみる
  • 盛り付けを変えてみる
  • 違うところで食べる
  • ご飯の量は多すぎない?
  • 食べさせるのをやめる

ちょっとしたことですが、目先が変わることで、意外と食べる意欲が出る場合も♪

いつもの食器を大人と同じものにしてみる、盛り付けもお子様ランチ風にしてみる、ベランダや庭で食べてみるなど変化をつけるのもオススメです。

また、ご飯の量が多いと「全部食べられない」とプレッシャーになることもあります。少なめにして達成感を育てるのもよいですね。

他の面からアプローチしてみよう!

食材を変えてみる、切り方を変えるなどはすでに試してみたという場合も多いですよね。ここでは、他の試してみたい方法をご紹介します!

野菜をつくる

庭やベランダで、野菜を作ってみるのもおすすめです。食育という意味ではもちろんですが、自分で作ったものは愛着があるのか、食べることが多いです。

うちではプチトマトを去年の夏作りましたが、キライといいながらもせっせと収穫をして、小さく小さく切ったものなら食べていましたよ。

あとは「おじいちゃんが作った野菜だよ!」というのも効果的でした。大好きなおじいちゃんが作った野菜!ちょっとくらい食べてみようかな~という気分になったみたいです。

一緒に料理をつくる

そして、息子で一番効果があったのが、一緒に料理をつくることでした。作るといっても、大したことはできませんが、一緒に野菜をちぎる、卵を割る、かき混ぜるなどです。

もちろん、卵は上手に割れませんし、混ぜているのか何をしているのかわかりません。

でも、一緒に作った!ということで食べることに興味が出て「コレ、つくったの~!」と嬉しそうに食べてくれましたよ。

食べることは楽しいこと!ということを教えて、一緒に楽しく食事をしていきたいですよね。色んな技を駆使しながら、食べムラや好き嫌いに向かい合っていきましょう。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ