赤ちゃんを抱っこすると泣く?!ママなのにどうして?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

小さな手足、可愛いお目目…赤ちゃんってどうしてこんなにも愛らしいものなんでしょう。そしてそれが我が子ならなおさら!もう可愛いくないわけがありません。

うちの子供たちも産まれたてはふにゃふにゃのホヤホヤで、一日中見ていても飽きなかったな~。

数分おきに記念写真を撮ってパパの携帯に送信♪だけど新生児って1日のほとんどを寝て過ごすんですよね。

どの写真も変化なし…。構いたくて、もっと起きてくれたらいいのになと思っていました。

そんなある日、家事をしていたら微かな泣き声が。待っていました!と駆けつけて早速抱っこ♪するとなんだかさっきよりも泣き方が激しくなったんですよね。

おむつかな?おっぱいかな?とあれこれ試したもののなかなか泣き止まず…。そんなことがそれから何回も。

しかも夜泣いているときにパパが抱っこすると泣き止むのです!ガーン!どうして~?

では赤ちゃんを抱っこすると泣くのは?ママだからこその理由を見ていきましょう。

スポンサードリンク

泣くのは赤ちゃんの仕事

「泣く」ということは、言葉を話せない赤ちゃんが唯一出来るコミュニケーション。

数か月経ってお世話に慣れてくると、なんとな~く泣き方で何を伝えたいのかわかるようになってくるんですよね。ママってすごいです♪

ただやはり慣れるまでは大変!おむつやおっぱいなど思いつくことは何でもしたのに泣き止まなくて、どうしたら良いかわからないってこと、私も何度もありました。

産後の入院中はナースコールで看護師さんに助けを求めたこともあります。

泣いている我が子を見ると、ママわかってあげられなくてごめんっていう申し訳ない気持ちになるんですよね。

だけど子供を3人育てて分かったのは、赤ちゃんは様々な場面で泣くんだってことです。

お腹が減った、お尻が気持ち悪い以外にも、眠くなったり、暑かったり、寒かったり…体力を消費する為に泣くことだってあるんです。

ママだと泣くのは?

思いつくことを全てやりつくした後、ママに出来ることと言えば何だろうと考えたとき、私は「抱っこ」でした。

泣き疲れて眠るまで抱っこでユラユラ~♪正直腰も足もしんどい~。だけど降ろしても泣くし…いや、抱っこでも泣いているんですけどね。

疲れてパパに交代するとピタっ。毎日一生懸命お世話して、こんなに愛情をもって接しているのに…どうして?ってそのときは悲しくなりました。

だけど実はママが抱っこしたら泣くということは、新生児~3ヶ月の赤ちゃんに多いんです。赤ちゃんはママだからこそ泣いているこんな理由があるんですよ。

スポンサードリンク

抱っこで緊張している?

赤ちゃんを抱っこする際、緊張してはいませんか?新生児って柔らかくて壊れてしまいそう…触ることもおっかないですもんね。

慣れるまでは緊張するのも無理ありません。だけどその緊張が赤ちゃんに伝わっているのかも。

お互いに慣れて赤ちゃんにとって、居心地の良い抱っこになると泣くことはなくなりますよ♪

安心している?

ママだと泣いて、パパだと泣かないのは、パパに緊張しているからかもしれません。

いつもとは違う人に抱っこされて、石のように固まっているのかも…。つまり赤ちゃんはママに安心しているからこそ、泣くことが出来るんですね。

においに反応している?

新生児の頃の赤ちゃんの目はほとんど見えません。そのかわり赤ちゃんは嗅覚がものすご~く発達しているんです!

赤ちゃんが真っ先に覚えるニオイ…それはママのおっぱいの匂いなんですよ♪

目がよく見えない赤ちゃんが、抱っこでママと他の人を区別できるのは、この優れた嗅覚のお陰。

そしてそのニオイに反応して、安心したり、興奮したりして泣くことがあるんです。

泣き声にはこんなメリットも♪

ママは赤ちゃんの泣き声に敏感ですよね。泣き声はマイナスのイメージがあるので、ママとしてはなんとか泣き止ませたくなるもの。

だけど実は、泣き声を聞くとママの体内ではオキシトシンというホルモンが分泌されます。これは母乳をつくるためのホルモン。

つまり泣き声を聞くだけで、母乳の生成に繋がるというわけです♪

泣き止まない我が子に疲れてしまうこともあるでしょうが、決してデメリットだけではないんですよ!

構わず抱っこしても大丈夫♪

ママの抱っこで泣いてしまうのは、安心したり、母乳の匂いに反応したりしているから。決して嫌いだからではないんです。

「私が抱っこすると泣くから…」と抱っこを敬遠してしまうのは勿体ない!赤ちゃんはどんどん大きくなります。

いずれ抱っこするのは厳しい体格に成長していってしまうんです。うちの長女はもう小学生ですが、たまに甘えて抱っこをせがんでくることが…。

しぶしぶ抱っこするとその重いこと!もう限界ですよ~。

抱っこをたくさんされた子は情緒も安定すると言いますし、軽く抱っこが出来るのは今しかありません。泣かれたっていいんです!どんどん抱っこしてあげましょう♪

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ