簡単手作り布絵本の作り方!一緒に楽しむ仕掛け♪


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

赤ちゃんが生まれて、手作りのおもちゃを作ってあげたいですね。

赤ちゃんの為、に私もスタイやハンカチなど色々作りましたが、自分の作ったもので、赤ちゃんが喜ぶ顔を見たくなりました。

赤ちゃん絵本1

2ヶ月の時に、こんなおもちゃがおススメという記事がありますよ。◆2ヶ月の赤ちゃんのおもちゃは何がいい?

そんな時に、100円ショップでたくさんのフェルトを見て、これで何か出来ないかなと思いました。そんな時に作ったのが、この布絵本です。布絵本に、娘の名前を入れてオリジナルの布絵本を作りました。

文字は殆ど読めない頃に遊ぶ絵本ですから、文字は名前だけです。赤ちゃんに、手作りのおもちゃ。私が、娘の為に作った布絵本をご紹介します。

スポンサードリンク

材料

材料は、全部100円ショップで揃います。

  • フェルト 15×30cm 4枚
  • フェルト 色々
  • 名前のフェルト 名前分
  • 紐 15cm 2本
  • ボタン 直径1.5cm 1個
  • 刺繍糸 適宜
  • 鈴 1個

布絵本は、フェルトで作るのをおススメします。手作りですから、縫い易いです。フェルトの色は、どんなものでも構いません。
赤ちゃん手作り1
赤ちゃんは原色が見えやすいので、赤や青など、はっきりした色を選ぶといいですね。

赤ちゃんおもちゃ1

台紙となるフェルトは、私はペールオレンジにしましたが、よりコントラストをはっきりさせるには、でも良いですよ。作り方は、この手順です。

  1. 各ページにフェルトを刺繍する
  2. ボタンを付ける
  3. ページを縫い付ける
  4. 中心を縫い止める

使う縫い方は、ブランケットステッチと、本返し縫いの2種類ですから、とても簡単です。

各ページにフェルトを縫い付ける

表紙は、赤白青の四角を、縫いつけました。
赤ちゃん絵本1
「この色は、何色かなー?」と一緒に見る時に、話しながら見る為です。手作りならではの仕掛けで、この布絵本でどんな事を教えたいかな、と考えながら、仕掛けを作るのがいいですね。

ブランケットステッチは、写真のように針を動かします。
6-3
私は最初、シールのフェルトを買って貼ったのですが、それだけでは取れてしまうので、シールの上から刺繍しました。

名前のフェルトは、アイロン接着のものです。娘は自分の名前が付いていると、とても嬉しそうに笑ってくれますよ。

スポンサードリンク

アイロン接着のフェルトは、しっかりくっ付きました。裏表紙は、丸や四角だけでは面白くないかと思って、チューリップにしました。
赤ちゃんおもちゃ2

チューリップの歌を歌いながら、指差して遊べるように、赤白黄色の色にしました。
赤ちゃん絵本1

1ページ目は、赤の丸、黄色の三角、緑の四角を縫い付けました。色を教えたり、形を教えたり出来るようにしてみました。

2ページ目は、大きさ比べの為に、赤い大きい丸、青い小さい丸を縫いつけまいた。「どっちが大きい?」と聞きながら、見ることができます。3~4ページ目は、仲間はずれ探しです。
赤ちゃんおもちゃ3
「どれが仲間はずれかなー?」と言いながら、見るように作りました。正解の赤い四角には、鈴を入れました。正解を触ると、が鳴ります。

触って手で遊ぶようにするのが、布絵本のいいところですね。

赤ちゃん手作り3

5ページ目は、数を数えるページです。娘と一緒に、指差しながら数えます。6ページ目は、ポケットから、赤い丸を引っ張りだすように作りました。

手作りおもちゃ4

「これと同じ赤い丸は、どこにあったかなー?」と質問して、1ページ目に、赤い丸があることを見つけるものです。この引っ張り出すのも、手を使って遊べます。

ボタンを付ける

表紙のページに、ボタンを付けます。布絵本は分厚くなるので、留める為です。
おもちゃ手作り3

自分で留めるように、大き目のボタンを付けてあげるのが、ポイントです。

ボタンを留められるようになるもの、赤ちゃんの成長です。ここは手作りなので、赤ちゃんに合わせて、ボタンを付け替えてもいいですね。これでボタン留めが出来るようになったら、嬉しいですね。

ページを縫い留める

表紙と裏表紙の布と、1ページ6ページの布を、縫い合わせます。
赤ちゃんおもちゃ4
裏表紙の真ん中には、ボタンに掛かる紐を、挟めて縫います。2ページ5ページと、3ページ4ページを縫い合わせます。

それぞれ、全てをブランケットステッチで縫います。カラフルな刺繍糸で、糸が目立った方が可愛いですよ。これで、一気に布絵本らしくなります。縫い目が揃ってなくても、手作りの味ですね。

中心を縫い留める

2枚になった台紙を重ね、中心を本返し縫いで縫い留めます。

波縫いでもいいのですが、赤ちゃんが引っ張っても大丈夫なように、本返し縫いでしっかり留める事が、ポイントです。

この布絵本は、娘に好評で、読むというよりは遊んでいます。この本の1ページ1ページに意味を持たせ、これを覚えて欲しい学んで欲しいと詰め込みましたが、1歳過ぎの今出来たのかは謎なところです。

しかし、自分の名前があって一緒に読んでいるのは嬉しいようで、よく持ち出してきます。よだれでベトベトになっても、洗えばいいし、壊れても自分で作ったものですから、いくらでも直せます。それが、手作りの良いところですね。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ