赤ちゃんの下痢の色で健康チェック!緑は?黒は!?

赤ちゃんは、体の変化があると、すぐに機嫌や、うんちなどでサインを出してくれますよね。

赤ちゃんの頃は、下痢のようなうんちなので、毎回、おむつを見ているといつもと違う、というのがすぐにわかりますよね。
cd188b49bab30a8baa304662012e669c_m

そんなときに、いつものと何が違うかが、わかれば、対処もしやすい!ということで、下痢の色について、ご紹介します。

スポンサードリンク

健康な赤ちゃんのうんちの色と形

赤ちゃんのうんちは、ほとんどが、ゆるゆるの下痢のようなもので、色も、ビックリするほど、変な色ですよね。

おむつ替えの際に、便利なおむつ替え処理機です

生まれてすぐはどぎつい色

黒っぽい、濃い緑色の下痢のようなもので、胎便と言います。お腹の中にいたときのものなのです。

腸の中にたまったものなので、赤ちゃんの最初の大事な仕事が、この胎便を出すことです。

お母さんは、びっくりする色なのですが、おなかに、いたときのもの、と感動してしまいますよ。

産院を退院するころには、胎便ではなくなるので、安心してくださいね。

スポンサードリンク

黄色・茶色・緑色は健康のサイン

赤ちゃんの栄養が、母乳・ミルク・混合で、色が変わるのは、しょうがありません。

栄養が、腸内に滞在する時間によって、色が変化するだけなので、安心してください。

緑色だからといって、驚くこともありません。胆汁が、変色しただけです。もちろん、ツブツブが入った、うんちも問題ありませんよ。

離乳食そのままの色の下痢

離乳食になると、食べたものの色が、そのまま、便に出ることがあります赤っぽいときは、すいかやトマトを、あげませんでしたか?

黄色は、かぼちゃ。緑っぽいならホウレンソウのような、葉物。まずは、食べさせたものを、思い出して下さい。

赤ちゃんのおなかが、まだ未熟なので、完全に消化できないため、こういう現象が、起こるのです。赤ちゃんのおなかが、色々な食べ物に慣れると、便が、だんだん、落ち着いてきます。

発熱や嘔吐がなく、元気なら、焦らずに、離乳食のあげる量、固さなどを、調整して、様子を、見てみましょう。

危険な下痢の色

注意をしてほしい色、の下痢があります。赤ちゃんの機嫌も、かなり悪いはずです。機嫌の悪さで、赤ちゃんの異変に気付くのは、難しいことでは、ありません。

すぐに病院に、行ってほしい下痢の色は、以下です。

黒っぽいタール状の下痢便

赤ちゃんは、鼻血を飲み込んだり、鉄分多めのもので、便が黒っぽくなることがあります。

でも、何度もタール状の黒い下痢が続くのであれば病院に行ってください。

もしかしたら内臓から出血していて、下痢便に混じって、黒くなっているのかもしれません。

赤い下痢便

ケチャップ・イチゴジャムのような赤い下痢便のときは、腸重積かもしれません。緊急事態です。

腸の中に腸が潜り込む病気です。赤ちゃんは、急に機嫌が悪くなり、大泣きしたり、嘔吐します。

また細菌が赤ちゃんの体内に入り、急性胃腸炎を起こしている場合には血便もあります。嘔吐、発熱もあり、血便も出ているようなら、すぐ病院へ。
e3d47316bc66ce38c63dbb1b77d07783_m

白い下痢

白っぽい、水のような便、米のとぎ汁のような便が出た場合、ロタウィルスなどを疑いましょう。

冬に良く流行るロタは、嘔吐や下痢が激しいです。発熱もあります。

我が家では、ちょっと具合が、悪そうかなと思った矢先に、嘔吐しはじめ、白い下痢の嵐でした。

ロタウィスルは、色だけではなく、ニオイも酸っぱいので、いつもと違うのが、すぐにわかりますよ。

抗生物質で下痢の色が変わる

病気などで、病院から処方された、抗生物質を、飲ませていませんか?

抗生物質は、赤ちゃんのおなかにいる、良い細菌にまで、ダメージを与えてしまうこともあります。腸内細菌を、壊されたことによって、起きる下痢かもしれません。

そのときの下痢の色は、飲んでいる抗生物質の色に、近い色をしています。その色は尿の色も変えることもあります。処方したお医者さんに相談してみてくださいね。

後処理も大事

いつもと違う色の下痢を、処理したら、いつも以上に、しっかりを洗いましょう。

兄弟に、うつる病気かもしれないし、自分がなったら大変ですよね。その手から人へ、口へと、感染しないように気を付けましょう。
 
赤ちゃんの様子が、いつもと違う。下痢の感じが、普段と違う。そんなときは、自分で判断せずに、汚れたオムツを持って、まずは、病院へ向かいましょう。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ