赤ちゃんと初めての旅行♪おススメの持ち物5選はコレ!

我が家では、まだ0歳の頃から、娘を連れて、いろいろな所へ行きました。

宿泊をする旅行の場合、何を持っていったらいいのか、初めての準備に迷いますよね。

赤ちゃん旅行

私が、何も赤ちゃんの用意がない実家に、1週間ほど滞在して感じたこともありますし、1泊の旅行で、これがあったらいいなと思うものもありました。

必ず持っていくのは、母子手帳ですよね。旅行先で、病気になった時に、病院に駆け込む時に大事です。私は、マザーズバックに入れて、どんな時でも持ち歩いていますよ。

その他に、私が、赤ちゃんとの旅行で持って行って便利だった持ち物をお教えします。

スポンサードリンク

持っていって便利だった物5選

赤ちゃんとの旅行は、あれもこれもと、詰め込みがちですよね。その中でも、持っていくか迷う物や、意外に、必要だった物があります。

  • オムツ
  • バスタオル
  • ビニール袋
  • 赤ちゃん用ソープ

この5つが、持っていって便利だと感じたり、コツがある物です。

スポンサードリンク

オムツ

オムツは、何枚持っていくか悩むところです。1日に、7~8枚程度使っているとして、1泊旅行だから、2日分で15枚位、予備を5枚で、20枚位かなと考えるところです。

しかし、オムツ20枚は結構かさ張ります。新幹線などの、公共交通機関での旅行の場合、荷物があまりに多いのは大変ですよね。

私は、圧縮して持って行ったのですが、1度開けると圧縮はなくなって、今度はバッグのファスナーが閉まらなくなってしまいました。

車での旅行だったので、そのまま圧縮せずにスーパーの袋に詰め込みました。

圧縮するなら、3つ位に分けて、圧縮するといいですね。

駅でも空港でも、新幹線でも、車なら道の駅でも、今は、赤ちゃんルームが用意されている所が多く、オムツも売っている事が多いです。

もちろん、コンビニでも売っていますね。なので私は、オムツを10枚程度しか、いつも持って行きません。

新生児用や、ビッグサイズは流石にないですが、SやMならよくありますよ。

荷物が多くなりそうで、何を持っていかないか悩むなら、先ず最初に、オムツを減らしてみるのがポイントです。

バスタオル

いつも使っている、小さめのバスタオルは重宝します。赤ちゃんが寝入ったら、かけてあげてもいいですし、汗を拭いたり、水あそびで濡れたりしても使えますよ。

旅行のついでに、アウトレットに立ち寄った時、ベビーカーの日よけでは娘の足が出てしまい、日焼け防止で、バスタオルをかけたりしましたよ。

冷房が効きすぎている店内でも、さっとかけられるのがいいですね。

小さなハンドタオルより、赤ちゃんの体が覆えるバスタオルがおススメです。

ビニール袋

コンビニで、ちょっとした買い物をした時などにもらえる、小さなビニール袋は、よく使います。

汚れたオムツを入れますし、汚した服や、スタイも、そのままバッグに入れるのは、ちょっとですよね。

大きな袋は要らないので、私は、小さなビニール袋を、1泊旅行で10枚位持って行きます。

100円ショップなどで、100枚程度、まとめて売っていますので、それを使うとビニール袋をもらって集めるより、便利ですよ。

赤ちゃん用ソープ

忘れがちなのが、赤ちゃん用のボディーソープです。娘を連れて、実家に戻った時、お風呂に入って、忘れた事に気がつきました。

旅行持ち物

その時は、お風呂に入って、シャワーで流すだけで終わってしまいましたが、1週間ほど滞在するので、翌日にベビー用ソープを買いに行きましたよ。

夏の時期など、日焼け止めを塗ったならば、石鹸で落しますよね。大人が使う石鹸でもいいのでしょうが、まだベビー用ソープしか使った事がない場合は、いきなり旅行先で使うのは抵抗があります。

意外ですが、ベビー用ソープは、持っていった方が良いものですよ。

撥水シート

オムツ替えに使う、防水シートがあれば、それで十分です。これは、宿の布団やベッドを汚さないようにする為に、敷きます。

自宅なら、オムツからもれても、洗えば済みますが、お宿では申し訳ないですよね。

しかも、ウンチが漏れたら、もっと申し訳ないです。なので、そんな心配を無くすために、この撥水シートが便利なのです。

私は、娘を寝せるスペースに撥水シートを敷き、その上に、バスタオルを敷いて寝せていました。

幸い、オムツから、漏れることはなかったのですが、私の安心の為ですね。100円ショップの、レジャーシートでもOKです。

その時は、あまりカサカサ音が鳴らない物を選ぶといいですよ。

一度、スーパーの袋を開いて、敷いたことがありますが、娘が動くと音が鳴って、なかなか眠れませんでした。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ