赤ちゃんのプールはいつからデビュー?0歳でも入れるの??

赤ちゃんのプールは、入らなくても問題ないので、つい、考えないままに、子供が大きくなって幼稚園に入るまで、1回も水遊びをさせた事がなかったなんてこともあるようです。

我が家でも、夏になるまで、全く入れる事を考えていませんでした。

赤ちゃんプール

夏の暑い日、夏休みの子供が、プールに行くのを見て、娘がプールに行くのは、まだまだ先だなぁと考えていたのですが、近所の、同じ位の月齢の赤ちゃんが、ベランダで水遊びしていました。

その時に、「あ、今の月齢でも出来るんだ!」と気がつき、早速ベビー用品のお店にビニールプールを買いました。

そんな、きっかけでもない限り、水遊びさせることは無かったかもしれません。

赤ちゃんのプールはいつから入れていいのでしょう?我が家の娘を例に、お教えします。

スポンサードリンク

ビニールプール

自宅で水あそびをする時、ビニールプールは昔からありますよね。小さい物で、直径70cm位のものもありますし、大人が横になっても大丈夫なほど、大きなプールもあります。

我が家では、娘が7ヶ月の夏から、このビニールプールに入れました。お座りが、ママの支えがあれば出来るならば、ビニールプールで遊べます。

大きさは、一番小さい70cm程度のビニールプールが、1000円だったのでそれを買いました。

ビニールプールだと、外で昼間に遊びますよね。日焼けや、日射病が心配なので、屋根がついたプールもあります。

↑凄く大きいですね!

我が家では、一番安いビニールプールを買ったので、屋根など付いていませんでした。

物干し竿の下に、ビニールプールを置いていたので、物干し竿2本にバスタオルを渡すようにかけて、日差しを、少し遮っていました。

麦わら帽子を、かぶせたり、日差しを遮る方法は、取った方がいいですね。

スポンサードリンク

公共のプール

公共のプールでは、オムツが取れていない赤ちゃんは、入れない事がほとんどでした。

しかし、水遊び用のオムツが出回るようになり、それで入るのはOKかどうか、ずいぶん論争があったのです。

近年は、水遊び用のオムツがOKな公共プールもあれば、ダメなプールもあったり、住み分けがなされていますね。

行こうとしているプールが、水遊び用オムツがOKかどうか、確認して出かけた方がいいですね。

公共のプールでも、お座りができる月齢ならば遊べます。しかし、公共のプールを楽しめるのは、オムツが取れた、2、3歳頃です。

なので、無理をしてまで、公共のプールに連れて行く必要はないかなと、私は思っています。

お風呂で水遊び

ビニールプールを出せるベランダや庭がなく、公共のプールは、オムツをしている赤ちゃんはダメとなっていて、水遊びさせる機会がないという場合もありますよね。

その時は、お風呂場で水遊びさせるといいですよ。水の深さは、15cm程度と浅く、お湯は30℃位の、ちょっと、冷たさを感じる位に用意します。

ビニールプールでも同じですが、お砂場セットにあるように、小さなバケツやじょうろなどの、おもちゃがあると楽しいですね。

いつものお風呂とは違い、遊んでいい水遊びは楽しいですよ。我が家では、ビニールプールを出すのが面倒な時に、お風呂場プールをして遊びました。

何を着せるか

0歳の赤ちゃんを、ビニールプールに入れる時は、普通のオムツでは、水を吸ってパンパンになります。なので、水遊び用のオムツを履かせるといいですよ。

プールいつから

上半身は、裸では日焼けしてしまうので、セパレート水着の上のみか、Tシャツなどを着せます。

我が家では、水着を買わなかったので、Tシャツを着せていました。

水遊び用のオムツは、1枚100円程度して、お風呂プールでは勿体無いと思いました。

なので、お風呂プールでは、誰が見ている訳でもないので、裸で遊ばせていました。

日差しを遮る物がなければ、頭は麦藁帽子がおススメです。ツバが広いので、肩の辺りまで影になりますよ。

何時に入れるか

私は、娘をビニールプールに入れる日は、水を朝8時頃に入れて、太陽の熱で温めはじめました。実際入れるのは10時頃です。

程よく、水も温まって、冷たすぎず、気持ちよく遊べる温度になっていまよ。

10時頃から、時間にして、15~20分位遊びました。短い位が、丁度いいと思います。長く入ると、体が冷えますし、水遊びは、体力を使いますよ。

遊んでいる間は、赤ちゃんから絶対に目を離さないようにします。

うつ伏せになって、そこから、お座りに戻れる赤ちゃんでも、水がある状態で、うつ伏せになるのは危険です。

水遊びをしている間は、お座りか、ハイハイの体勢で、ほぼずっと私が手を添えていました。我が家では、ベランダがコンクリートでしたので、倒れたら怪我もしますしね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ