10ヶ月の熱!座薬を使うタイミングは?うんちしたらどうする?!


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

こんにちは。寒くなってきましたね。風邪をひかないか、心配な季節になってきました。
座薬
大人なら大丈夫で済むものも、子どもの事になるとびくびくしてしまいます。

急に熱が出ると、ほんとうに焦ってしまいますね。お医者さんに座薬も処方されることもあります。

「絶対使って下さい」って言われれば、躊躇なく使うけれど、「お子さんの様子を見て、お母さんが判断して下さい」って言われると、使うべきか悩んでしまいます。

10か月での発熱で座薬を使うタイミングや、うんちしたときの対処法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

座薬に病気は治せない

座薬は熱を一時的にさげるもので、病気を治すものではありません。

子どもが苦しそうな時、一刻も早く熱を下げたい!そんな時、吸収の早い座薬は有効なようです。

目的は熱を下げた隙に、体力を回復!!という感じです。子供がしんどそうな時に上手に使いたいですね。

では、座薬の気になるポイントです!

  • 座薬の使い方
  • 座薬の出番は!?
  • 座薬を使うタイミング
  • 座薬を入れたあとにうんちをしてしまったら
  • 座薬の効果はどれくらい待てばいいのか

座薬の使い方

ベビーオイルなどをつけて、先の尖った方から挿入!5秒くらい肛門を押さえておきましょう。

座薬の出番は!?

一般的に、38.5度以上の高熱が続いている、というのが目安のようですね。(子どもの様子では、前後することもあると思います。)

なお且つ、水分が十分摂れなかったり、機嫌が悪くて、つらそうにしているとき、ぐったりしている時などに使ってあげる。

高熱であっても、水分が摂れていて、元気そうなら、様子を見ても良いと思います。

座薬はもう少し様子をみようっていう時は!

水分補給を忘れずに。あとは、身体を冷やしてあげましょう。

熱が上がり切ったら、手足があたたかくなりますね。そうしたら頭、首、わきのした等を冷やしてあげる。

まだ熱が上がりきる前の、手足が冷たいときは、寒くなるので、逆にあたためてあげましょう。

私は、子どもが熱を出した時、ケーキとかについている、保冷剤があったので、ガーゼをぐるぐる巻いて使いました。置いてて良かったです。

普段から、いざという時に焦らないように、準備しておかないと、いけませんね。

スポンサードリンク

座薬を使うタイミング

使うなら、熱があがりきった時、子どもの手足があたたかいときに使うのがベスト。

まだ手足が冷たくて、寒気があるようなら、少し待ってから使いましょう。タイミングが悪いと、効果が出ないこともあるようです。

座薬を入れた後にうんちをしてしまったら

赤ちゃんだと、うんちをしたあとに入れよう!!なんて、計画的にいきません。

座薬を入れて、すぐにうんちをしてしまった、なんてこともあると思います。

挿入後、すぐにうんちしてしまったら、座薬も、溶ける前に出てきているので、すぐにもう一度入れてあげたら大丈夫のようです。

でもすこし経ってから、出てきてしまった場合、どのくらい吸収されたかわからないので、もう一度入れるのは、避けましょう。

子どもに必要なお薬の量が超えてしまう可能性があります。

1時間ぐらい様子を見て、熱が下がらないようだったら、一度、かかりつけのお医者さん等に相談すると安心ですね。

座薬の効果はどれくらい待てばいいのか

大体、30分〜1時間くらいで効いてくるようです。効かないからといって、追加で投薬するのは、やめましょう。

体温が急激に下がってしまうかもしれません。処方された際の、時間は守りましょう。

熱は風邪ウイルスと闘っている!!

熱がでたからといって、過剰に心配しなくても、大丈夫とおっしゃる先生が多いです。

熱は、風邪のウイルスをやっつける為に必要な症状のようです。

ただ、子どもの様子に異常がある場合は、もちろん要注意です。

母親の不安が伝わる

我が子を心配するあまり、母親が不安になっていると、子どもにも伝わってしまいます。

子どもは敏感…、母が思う以上に、母のことをしっかり見ているんでしょうね。

いざという時に、落ち着いて対処できるよう、最低限の知識はもっておきたいです。

でも、不安があるときや、心配なときは、自己判断せず専門家の指示を、仰ぐのが一番だと思います。

どうするべきか判断する為にも、的確な指示をもらう為にも、子どもの様子を、しっかり観察しておく、ことが大切ですね。

座薬は、何がなんでも使うものではなく、子どもの様子を見て、ここぞ!というタイミングで使う。もちろん、医師の指導のもとでの判断が大切です。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ