母乳育児の食事制限はいつまで?赤ちゃんが先生!?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

赤ちゃんを抱っこして授乳している時って親子のつながりを、実感できるひと時です。とても幸せな時間ですね。

母乳育児では、大変なこともありましたが、今では、とても良い思い出になっています。

母乳を赤ちゃんに与えるということは、自分の食べたものが、赤ちゃんに直接影響します。

人物食べ物

私も病院や助産院で指導を受け、気をつけていました。授乳中は、食事に気をつけなければなりません。

この中に好きなものが含まれていると、辛いですね。母乳育児が上手くいかなくて、自分を責めたことが何回もありました。

実際、母乳育児での食事制限はいつまで必要なのでしょうか。私の体験を基に、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

摂取しては いけないもの

アルコール、喫煙。これは卒乳するまで、絶対に我慢です。私は喫煙はしないものの、お酒が好きです。楽しみでもあり、ストレス発散でもあります。

結婚式や、年末年始などは特にきつかったです。禁酒をやり遂げた後は、少しだけ自分を褒めました。

飲酒は大量摂取すると発育障害、発達障害、知的障害を引き起こす可能性があります。

ただこれは大量摂取した場合です。ごくたまに少量であれば、影響は無いと言われています。

気になるようでしたら、搾乳してから授乳すると良いです。そのうち慣れますので、それまで頑張りましょう。

タバコは発がん性の成分が含まれています。そして、発達障害、発育遅延、呼吸器障害にもなります。

ニコチンが含まれているため、ニコチン中毒の症状も現れてしまいます。

分解されにくいため、少量の喫煙でも成分が残ってしまいます。喫煙に関しては、完全にやめましょう

極力控えたほうがいいものは

甘いもの、辛いもの。これは、味がきついもの全般に言えます。そのまま母乳に影響します。

カレーやケーキなど、たまに食べてました。これらは刺激物のほかに、乳成分、脂分も含まれます。

授乳のとき、赤ちゃんが飲むのを途中でやめたり、乳腺炎になったりしたので、極力やめました。

カフェインも控えた方がいいです。赤ちゃんはもちろん、子供もです。覚醒作用があるため、落ち着きが無くなり、不機嫌になりやすく夜泣きなど引き起こします。

カフェインや取りすぎた脂分、糖分などは、赤ちゃんや子供は、分解できる能力がまだ備わっていません。また、母乳の濃度も変わってきてしまいます。

少しなら大丈夫だとは思いますが、個人差があります。母乳や、赤ちゃんの飲む様子をみて判断してください。

スポンサードリンク

食べ物にも陰と陽がある

身体を冷やす食べ物があります。陰に当てはまるものが、身体を冷やすものです。

身体を冷やす→血行が悪くなる→母乳の不具合が起こる。このような理由から、控えた方が良い食物になります。

鶏肉や生野菜、果物がこれに当てはまります。調理方法を考えれば、食べられる物もかなりあります。

身体を暖める食物(陽の物)をとるように。と、助産師さんから、かなり指導を受けました。赤ちゃんの飲みっぷりや、母乳も少しずつ改善されました。

アレルギーの心配もあります。玉子、大豆、乳製品などはアレルギーを引き起こす可能性があるので、控えるように指導されます。

これらは栄養豊富なのですが、赤ちゃんや子供では処理しきれない物も多く含まれるのです。

アレルギーは体質もあるので、病院で検査して頂き、結果を見て判断されるのが良いかと思います。

餅は母乳が出すぎる方、または出にくい方も控えた方が良いかと思います。餅の粘り気が、悪い影響を与えてしまうようです。

私の場合、お正月に少しお餅を食べました。子供は飲んでくれたものの、あっというまに乳腺炎になりました。

母乳の状態は、個人差がかなりあると思います。授乳する姿勢や、頻度などでもかなり状態が変わります。

赤ちゃんは母乳の先生

お世話になった助産師さんが、よく言っていました。まずは赤ちゃんの様子をよくみて、自分の母乳の状態も見て判断しましょう。

赤ちゃんの肌は、どうでしょうか?お通じは、どうでしょうか?機嫌よく飲んでいますか?

母乳の張りや、しこりは無いですか?授乳の途中で赤ちゃんが泣き出すことは無いですか?

思い当たるようであれば、食事制限は必要です。当てはまらない様でしたら、心がけていれば大丈夫ではないでしょうか。
離乳食2
私はつまりやすく、すぐに乳腺炎になっていました。厳しく食事制限を指導され、マッサージに通っていました。乳腺炎はかなり苦しかったです。

この食事制限や、マッサージを知らなかったら・・・早いうちから、母乳育児ができなくなっていたと思います。赤ちゃんの状態も、どんどん悪くなっていたことでしょう。

母乳育児は順調ならば1歳が目安です。その後は段々と離乳食へ、移行していくと思います。

もっと順調なら、2歳近くまで授乳される方も居るでしょう。出にくかった私からすると、ものすごくうらやましいです。

授乳は、今のこの時期だけです。早くて6ヶ月、長くても1年半か2年で終わってしまうのです。

食事制限は大変かもしれませんが、赤ちゃんを抱っこして授乳できるのは、今だけです。

離乳食が始まり、卒乳になれば食事制限も解禁です。そのときは好きなものを、思う存分食べられます。ただ、私のように太ってしまう可能性があります。

授乳中の食事は、健康に良い食事でもあります。美容にもよく、痩せる事もできます。頑張ったぶん、今では良い思い出になっています。

ストレスをためない程度に、食事と上手く付き合って自分と子供のために気をつけていって欲しいと思います。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ