赤ちゃんの人見知り!!5ヶ月どうやって接する!?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

5ヶ月頃から、はじまった我が子の人見知り。おじいちゃん、おばあちゃんが会いにきても、抱っこされたらギャンギャン泣き続ける。

人見知り1

知らないおばちゃんに、外で声かけられたら、固まってしまって、泣きそうになる。

私がいなければ、パパでも手に負えない。普段ほとんど、二人きりで過ごす日々。「人と接してないからね」なんて他人に言われると、

赤ちゃんの人見知りは、悪いことなの?いつまで続くの?5ヶ月の今、どんな風に接すればよい?と悩んでしまう。そんな人見知りについて、どうすれば良いのか調べてみました。

スポンサードリンク

ママがいないとダメなわが子

私の子どもは、普段接する時間が少ないからか、パパにも、とても人見知りです。私がいないと、泣き叫びます。

私が用事で短時間外出すると、ずっと泣き続けているそうです。帰宅すると、パパはぐったりです。

電車の中などでも、知らない人に声をかけられて泣いてしまう。外出先でも、どうか泣かないで!と気をつかうことが、多々あります。

預けることが困難なので、私一人では1時間の外出すら、ままなりません。

そんな子どもと接する中で、これをやってしまうと、おびえるか、ぎゃんぎゃん泣くしかない!というポイントがありました。

やってはいけない!?3つのこと

人と接して、ギャンギャン泣くわが子をみると、どうにかしないといけない!なんて思ってしまう、こともあります。

でもママ以外の人が突然あやすのは、赤ちゃんには不安なだけ。私が気付いた人見知り赤ちゃんに、やってはいけないポイントが、3点あります!!

  • いきなり抱っこ!!
  • ママが適度な距離をたもって!
  • 泣き叫んでもママが助けてくれない!?

これらに気をつけると、赤ちゃんがご機嫌でいてくれることが、多くなったように感じます。

いきなり抱っこ!!

いきなり他の人に、抱っこさせるのはだめです。大好きなママから、いきなり離された赤ちゃんは、不安でいっぱいになります。

私も、おじいちゃんやおばあちゃんが来たら、すぐに抱っこしてもらわなきゃ、と思って会話も早々に、抱っこしてもらっていましたが、案の定、泣き叫びました。

そこでためしてみたのが、まず相手と普通の会話をして、仲良しアピールをします。

子どもが自分から、手を出したりし始めたら、ここもあせらず、まだ抱っこのまま様子をみながら、おばあちゃんよ?なんて言いながら、慣らす。

私の場合ですが、1時間くらいかけたこともあります。そうすると安心してくれたのか、泣かないで、ご機嫌でいてくれる事が!

おじいちゃんとおばあちゃんには、やきもきした時間ですが、ちょっと我慢してもらえたら、ご機嫌で抱っこさせてくれるかもしれません。

スポンサードリンク

ママが適度な距離をたもって!!

特に親しい間柄であれば、目の前に赤ちゃんがいたら、ぐいぐいしゃべりかけたり、笑わそうとしたりします。

せっかく子どもに会いに来てくれた、家族や友達。できるだけ、触れ合ってほしいと思って、あやされるわが子を、見守るだけになってしまうことも。

でも、もしかしたら赤ちゃんにとっては、恐怖になっているかもしれません。赤ちゃんはじっとその人を観察しますが、自分からは、視線をはずすことが出来ないそうです。

なので、じっと見られると怖くて泣いてしまうことが。ママが意識的に、赤ちゃんが相手を観察できる時間と間合いを作ってあげると、自分から自然に興味を持ってくれると思います。

赤ちゃんと仲良くなるには、上記にもかきましたが、まず、大人同士が普通に会話をしながら距離を縮めることが、大切だと思います。

泣き叫んでもママが助けてくれない!?

ママとべったりだからダメなのよ?なんて、泣き叫ぶ我が子を、別の部屋に連れていかれたことがあります。

泣き叫ぶのが、可哀想で追いかけていきましたが、中には、それが人見知りを改善する方法だと、思っている人もいます。

でも、この時期の人見知りは、無理に直す必要なんかないんです!むしろ、ママが抱っこして安心させてあげることのほうが、子どもにとって大切。

泣いてもママがきてくれないと、赤ちゃんの不安が膨れ上がって、症状が悪化するなんてことにもなりかねません。

周りには、いまは人見知りをする時期だという事、無理に改善することより、ママの温もりを感じることの方が大切ということを、理解してもらいたいですね。

人見知りは成長の証!!

人見知りは、子どもの正常な成長過程です。人見知りがはじまったということは、ママと、他の人の区別が、ついてきたということです。

そして、ママとのコミュニケーションがしっかりとれていて、赤ちゃんにとって、ママが安心できる場所である証です。

個人差もあるので、誰でも泣いてしまう子もいれば、泣かずに固まるだけの子もいます。

また、子どもによって好き嫌いがあることも。パパにも泣いてしまう私の子は、メガネの人には、ご機嫌で、満面の笑みを振りまいたりします。

若いお姉さんにはご機嫌とか、男の人には愛想がよいとか、色んな好みを持つ赤ちゃんが、周りにもいます。

人見知りの加減は赤ちゃんによって、千差万別なので、周りと比べて、不安になる必要はまったくありません。

人見知りはいつまで続くの!?

始まる時期も個人差があるように、おわる時期も個人差がありますが、だいたい2歳くらいまでに、おさまると言われます。

託児所などに預けたら、人見知りしなくなった、という話もきくので、人と接する機会が増え、子どももそれに慣れてくれると、自然とおさまると思います。

ママにだけべったりだと、しんどく感じてしまう時もたまにあったり、皆んなに愛想よくしてほしいな、なんて思ってしまうこともあります。

でも、先輩ママから、子どもの世界が広がっていったら、自然に離れていってさみしく感じたよ、という話を聞くと、貴重な時間だなとも思います。

子どもの世界が広がったとき、安心して外に向かっていけるよう、今一番安心できる場所として、子どもと過ごしたいですね。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ