1歳の誕生日お祝い行事♪定番は一升餅♪他には何がある?!


色んなことができるようになった、この一年。あんなに小さくて、フニャフニャ泣いていた子が、元気いっぱい動きまわるように!

一歳 誕生日1

初めてむかえる1歳の誕生日は、私にとっても、母になった特別な日で、なんだか感慨深いです。

きちんとお祝いをしてあげたいなと思って、どんな事をしようか色々調べてみました。

両親も呼ぼうか?、何かイベントをした方がいい?と頭悩ますこともあります。

つい最近1歳になった、私の子どもの誕生日のお祝いは、こんな行事をして楽しみました。

スポンサードリンク

1歳のお誕生会はにぎやかに♪

親子だけでお祝いしようと思っていたのですが、たくさんの人がいる方が楽しいかなと思いなおし、主人と私の両親にも声をかけました。

特に主人の両親にとっては初孫なので、声をかけたら、とても喜んでもらえました。

場所は人見知りがある我が子が、のびのびできるよう自宅にお招き。私もその方が気楽でした。

皆んなが集まるから、どんなことしようかな?なんて、調べると1歳の誕生日にする伝統行事がありました。

「一升餅」と「選び取り」です!!2つの行事の簡単な説明と、実際に我が家で行ったことを、下記に紹介しますね。

一升餅で一生幸せに!?

一升餅でお祝いする意味としては、一生(一升)食べ物に困らないように、一生(一升)丸く(円満に)過ごせるように、というような願いが込められています。

ちなみに一升は、1.8キログラムくらい。やり方も、地域によってさまざまです。

一升餅はインターネットで、名入れができるものや、風呂敷やリュックとセットのものなど、色々ありました。

和菓子屋さんなどがあれば、事前にお願いすると、用意してもらえるみたいです。

しかし我が家は、悩んでいるうちに注文が間に合わず、スーパーで売られている個別包装のお餅を、だいたい、重さの数だけ用意してリュックに詰めました。

そして両家で「背負う」と「踏む」で分かれたので、適当に何個かを下に置いて、両方を一気にしまた!!

「背負う」には一生分の重みを経験させるという意味が、「踏む」には、一生をしっかり歩けるよう強い足腰になるように、という意味が込められているようです。

子どもは、まだ伝い歩きとハイハイがメインなのですが、ヨロヨロしながらも、何とかつかまり立ちをして歩いてくれました。

子どもにとっては、いい迷惑かもしれませんが、その姿を見るだけで、皆んな笑顔。実際、細かいしきたり?なんておかまいなしでした。

スポンサードリンク

どれを選ぶかな?

選び取り」といわれる占い。赤ちゃんの前にいくつかの物をおいて、赤ちゃんが、最初に触ったもので、行く末を判定します。

一般的なのは、お金とそろばんと筆の3種類ですが、我が家が置いたものは、1つプラスして以下4種類です。

財布(お金)…お金持ち!!
電卓(そろばん)…お店経営しちゃうかも!?
筆ペン(筆)…将来は小説家!?芸術家!?
パスポート(我が家オリジナル)…世界に羽ばたけ!!

親の気持ちをくみ取ってくれたのか、子どもが手にしたものは…パスポートでした!!

勿論、これで決まるなんて思っていないのですが、将来は?なんて、親バカな話しをして盛り上がります。オリジナルで色々置くと、楽しいですよ。

さらに、誕生日を盛り上げるためにこんなこともしました。

  • お部屋の雰囲気作り♪
  • 誕生日に食べるものといえば♪
  • 楽しい思い出を残そう♪

一歳 誕生日2

お部屋の雰囲気作り♪

我が家は賃貸なので、壁に傷をつけられないのもあり、マスキングテープを何種類か使って、壁に直接、Happy Birthdayの文字や、今の身長などを書いたりしました。

あとは、折り紙と麻紐でガーランドを作ったり、生まれたばかりのころの、写真を飾ったりしました。両親にも、なかなか好評でした。

一部屋全体をする時間がなかったので、部屋の一角だけ、しっかり飾り付けをして、雰囲気作り♪

誕生日に食べるものといえば♪

ケーキは、はずせないですよね!大人用には市販のケーキを購入。子ども用には、食パンとヨーグルトを水切りしたものと、子どもの好きなフルーツを使ったケーキを作りました。

ヨーグルトの水切りさえ、前日に準備しておけば、当日ちゃっちゃと作れたし、たくさん食べても安心です。

ちなみに子どもの離乳食メニューですが、我が家では、ケーキに、炭水化物と乳製品と果物を使用したので…。

人参をHappy Birthdayとくり抜き、蒸したものを、ケーキのお皿に飾って、野菜のスープを用意しただけです。子どもは、嬉しそうにもりもり食べてくれました。

楽しい思い出を残そう♪

私はこういうイベントは、写真を撮ることに、最大の!?意味があると思っています。

自分の記憶がない頃の写真でも、皆んなで、楽しそうに写っている写真を見ると、不思議と、私は、しあわせな気持ちになります。

将来子どもにも、そう感じてもらえたら嬉しいなと。特別に何かをしなくても、記念に一枚写真を撮っておくと、良い思い出になるかなと思います。

誕生日のお祝いは大成功♪

親の自己満足かもしれませんが、皆んなが笑顔になれて、子どもも笑ってくれて、1歳の誕生日はとても良い思い出になりました。

是非、「一升餅」や「選び取り」を取り入れて、子どもの、健やかな成長を願いながら、楽しい誕生日の思い出を、作ってみて下さい。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ