1歳のお菓子!!市販のものあげる?


1歳を過ぎると、色んなものを食べれるように。じゃあ、スーパーなどに売っている、市販のお菓子をあげても大丈夫なのかな?

一歳お菓子市販

3時のおやつ!子どもはきっと食べたいはず!?
飴やチョコレートクッキーもあげても良いかな?

そもそも、子どもにあげるお菓子は何のためにあげる?おいしいから?ぐずっている時おとなしくしてほしいから?

子どもの「食」に関することだから色々心配に。お菓子をあげるときは何に気をつけたら良いかな?

1歳の子どもにお菓子!!市販のものはあげる?そんな疑問をまとめてみました。

スポンサードリンク

大人のお菓子と子どものおやつ

市販のスナック菓子や、クッキーなどをあげているというママたちが、チラホラいます。集まったときに、そういうお菓子を出されることも。

大人が「お菓子」「おやつ」と聞いて思い浮かべる、ポテトチップスやチョコレートクッキーなど。しかし、子どものそれとは別物です!!

個人的な意見としては、もちろん親次第ですが1歳の子どもには「お菓子」って必要ないです。ここで言うお菓子はスナック菓子などです。

たまに「お菓子をあげないなんて可哀そう」なんて父や母などに言われることもあります。

そもそも食べたこともなければ、どんなものかも知らないので、我慢なんて感じていないんです。むしろ、そう思うのは大人のエゴだと思います。

1歳の子どもが食べるのは何のため?

必要なのは嗜好品としての「お菓子」ではなく栄養を補うための「おやつ」なんです!!

1歳になると、ほぼご飯から栄養をとるように。しかし、一回の食事で食べられる量が少ないので、間に「おやつ」をあげて栄養を補うのが目的。

この頃からのスナック菓子やチョコなどは危険!!それらの脂肪分や塩分などは、体に負担が大きいのです!

今、成人病になる子どもが増えている!という話をよく聞きます。小さいうちからの味の濃いお菓子が、原因のひとつになっている!!と私は思います。

味が濃いものに慣れて、薄味を食べなくなったり、虫歯の原因になったりということもあります。

スポンサードリンク

おやつをあげるポイントは2つ!!

  • 時間や回数を決めてあげる!

1~2歳児は、午前に1回午後に1回というのが目安。そして、次の食事までに2時間以上あくように。

我が家は、基本の食事が7時半、12時半、17時半なのでおやつをあげる時間は、10時、15時くらいです。

おやつを与えればおとなしいから、と欲しがるままに、ダラダラとあげるのはやめましょう。ご飯を食べなくなったり、虫歯なども心配です。

また、欲しがるままにあげていたら、おやつをあげないと手がつけられないようになった!なんて話もあります。

  • おやつも食事(軽食)と考えて!

1回あたりのカロリーは100~150Kcalくらい。
私が市役所でもらった用紙には、こんなメニューが。

牛乳100mlと果物(バナナ1/2りんご1/4など)
牛乳100mlとホットケーキ1/2と果物1切れ

麦茶100mlと6Pチーズ1個にミニトマト3個
麦茶100mlとミニおにぎり1個に1口サイズのチーズ2個

栄養を考えたメニューですね。子どもが飽きないように、食材の組み合わせを工夫してあげたいなと思います。

ただ、毎回手作りは正直億劫になったりもします。そういうときは、市販のものでも良いと思います!

もちろん大人と同じものではありません!!ドラッグストアなどにも子ども用に作られた薄味だったり野菜を使ったものたくさんあります。

1日の栄養バランスを考えて、不足しているなと思う栄養を、上手におやつで補いたいです。

子どもによって必要な量は違う

体調や運動量などによって、必要な量はバラバラ。なので、日によって量や回数もちがうことも。

また、私の場合ですが、子どもが1歳を過ぎたころに体、重身長を測定しに市役所へ行きました。

その時に、栄養士さんにおやつの相談をしたら、体重身長の成長が順調なことと、まだ日中も母乳をあげていたことで、おやつは必要ないとのこと。

子どもによって、プラスの栄養はまだいらない!!ということもあるので専門の方に聞きに行くのも、安心できますし参考になります。

1歳2ヵ月の我が子!!外遊び大好きで、私が毎日へとへと。子どももあれだけ遊べばお腹もペコペコになるはず!だから、少しだけおやつをあげてみることにしました。

むしゃむしゃおいしいそうに食べている我が子の姿は、母親として何だか幸せな気持ちになりますね。

おやつは、きっと子どもにとって「楽しみ!」な時間♪子どもにとって負担が少ない食材や、市販のものを選び、健やかな体と豊かな気持ちを育んであげたいなと思います。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ