3歳のわがままにうんざり!?上手な叱り方って?

我が子も、早いもので3歳を過ぎました。産まれてきてからあっという間!そして、まだまだ油断ならない日々です。
3歳 わがまま 叱り方
最近気になるのが、自己主張が激しくなり、わがままもひどくなっている点です。

  • ご飯を食べる時になかなか座らない
  • スーパーでお菓子がほしいと騒ぐ
  • お風呂でいつまでも遊ぶ

あげだしたらキリがないくらいです。効果的な叱り方って、どんなの?やってはいけない叱り方はあるのかな?

3歳児のわがままや、成長期の上手な叱り方についてまとめてみました!

スポンサードリンク

わがままも成長の証?

「魔の2歳児」という言葉はよく聞きますが、3歳になっても大変さは続きます。自分でできることは、確実に増えているのに・・・。

イヤイヤ期が過ぎて、落ち着くのかと思いきや、一日を終えた時に、ドーッと疲れが出てきます。寝顔を見て癒され、ようやくほっと一息。

そして、叱りすぎたなぁ、明日こそは怒らないぞ!と思っては、また同じことを繰り返す日々・・・。私と同じ気持ちのママも、少なくないはずです!

3歳児はいたずらが大好き♪これも成長の証。でも余裕がないときなど、イラッ!としますよね。そして、すぐに叱ってしまう・・・。

いたずらは、好奇心の表れ。我が家の場合は、上の子がいるので、マネをしたがります。机で何か書いていると思ったら壁にまで書いたり。

はさみを使って、折り紙を切っていたと思えば、今日の新聞まで、ずたずたに切ってしまったり。勝手に、お米を量って(?)ボウルに入れていたり。

家での様子をよく見ているなぁと感心もしますが、ちょっと目を離したすきに、いろいろなことをやらかしてくれるので、大変なときです。

温かい目で見なくては、と思っていても、思わず大きな声で叱ることもしばしばです。

上手な叱り方って?

子供を上手に叱りたいと思うママは多いです。でも、つい感情的に怒ってしまったり、こんな叱り方で大丈夫?と心配になることも。

上手に叱る、ということは難しいですよね。しかし、ポイントを押さえて、子供にとって前向きになれるように叱ることが大切です。

冷静になって説明する

まずは、叱る前に冷静になる必要があります。カッとなり「ダメって言ってるでしょ!」と怒っても、子供には何がダメなのかわかりません。

例えば「物を投げたらダメ」ではなく、「物を投げたら危ない」「物が壊れてしまう」等わかるように根気よく説明をしましょう。

子供は物を投げる遊び、と思っているのでどうして叱られるのか、わからないのです。一度ではなく、何度でも理解するまで説明をします。

という私も、先日上の子が娘にむかって「そんなことしたらママに怒られるよ」と言っているのを聞いてしまいました。

怒られるからダメ、ではなく理由をきちんと説明しなくては・・と反省したところです。

反対に「水は大事!もったいないからすぐ止める♪」と呪文のように唱えていたら、手を洗った時の出しっぱなしや、水遊びはなくなりました。

3歳児に、頭ごなしに叱っても、恐怖しか残りません。最初は失敗をしても、忍耐強く繰り返し説明ということが大切なんですね。

スポンサードリンク

子供を否定する言い方は避ける

子供自体を否定する叱り方はやめましょう。子供の、したことについて叱ることが重要です。

「こんなことができないなんてダメな子だね」
「お姉ちゃんなんだから」「男の子でしょ」
「どうしてできないの?!」「女の子でしょ」

という叱り方では子供が否定的に捉えてしまい、どうせ私はダメなんだ、とやる気もなくなります。腹が立っても、言わないように注意しましょう。
3歳 わがまま 叱り方

叱る基準を決める

叱ることに、一定の基準を決めましょう。昨日はコレはダメだったけど、今日はよし、となると子供は混乱してしまいます。

夫婦で話し合い、一緒に決めておくことも大切です。パパはよくてママはダメ、というのも子供が混乱してしまうので、よくありません。

叱った後はフォローを!

子供を叱った後は、しっかりフォローも忘れずに。あなたがキライなのではなく、やったことに問題があった、ということを示しましょう。

そして、いつまでも引きずって、ぐちぐちと言うのもよくありません。切り替えて普通に接しましょう。フォロー次第で、子供は前向きになれます。

そして、その後繰り返さなければ、褒めることが大切です!ダメなときは叱るけど、できた時は何もしない、では子供は伸びませんし、やる気も出ません。

「今日はスーパーで騒がないっていう約束守れたね。すごいねー!」と褒めて自己肯定感を高めることで、やる気もアップ!につながります。

上手に叱るのって難しい!

子供を上手に叱るのって難しいですよね。私も、ついイライラしたり、どうしても許せなかったり、親として反省することもたくさんあります。

子供と一緒に、親も成長中。頭では分かっていても、感情的に怒ってしまって、後悔することもあります。少しずつできることをしていきましょう。

愛情を持って接していれば子供に伝わります。私も反省の日々ですが、できることを実行して上手な叱り方ができるように頑張りたいです。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ