子供が歯ぎしり?!1歳で?原因はストレス?

1歳を過ぎた頃の我が子。かわいらしい盛りです。歩き始めたり、食べられるものが増えたりと、すごいスピードで成長する時期ですよね。

そんなある日、何か音がするなと子供を見ると、歯ぎしりのようなものをして遊んでいました。キリキリ、カリカリ、といった感じの音です。
子供 歯ぎしり 1歳

1歳で歯ぎしりってするの?と衝撃でした。そして同時に不安もやってきて・・・。

歯ぎしりって寝てる時じゃないの?そもそも、なんで歯ぎしりをするの?もしかして我が子だけ?ともう心配なことが山盛りに。

子供の歯ぎしりは1歳の時からあるのかどうかそしてどのように対処したらよいのか調べてきました!

スポンサードリンク

どうして歯ぎしりするの?

歯ぎしりには原因はあるのでしょうか?まさか1歳の子供にストレスが?!嫌なことがあってギリギリとしている?

心配は尽きませんが、歯ぎしりをする場合、子供の場合は大人とは違いストレスが原因ということはありません!

6か月を過ぎたくらいから歯が生えてきますが、1歳過ぎはちょうど、上4本下4本の計8本がそろっている子が多くいる時期。

そしてその時期に、歯ぎしりをしている子が多いのです。親が知らないだけで、だいたいの子は歯ぎしりをしている、というわけです。

我が家には3歳上の子供もいますが、上の子の時は、全然気が付きませんでした。

当時のことを思い出してみると、何でもかんでも噛んでいた時期があったので、その時にギリギリしていたのかな?

赤ちゃんが寝ているときにカリカリ、ギリギリとやっていたら、すごく驚きますよね。でも、我が子だけではなく、安心しました。

これも成長の過程

そして、ちょうど上の子の定期検診があったので、かかりつけ医に話を聞いてみることに。

「歯の生えてくるときは、くすぐったいのを抑えようとして、無意識にギリギリやっているので、特に心配することはないよ」と言うことでした。

また歯ぎしりをすることによって、顎の力も強くなり、かみ合わせの調整をしたりと、成長の過程でよくあること。

顎も成長していきますし、ギリギリしながら歯の位置を決めたり、調節したり、とむしろ必要な行為というわけなのです。

そういえば、我が子は歯が生えてくる前に、唇を突き出して「ぶぶーーっ」とする遊び?をよくしていました。

歯が生える前は、くすぐったいせいかよくしていましたが、この「ぶぶーーっ」も歯が生えてくると、自然となくなっていたような・・・。

そしてどちらの子供も、歯が生えるまでは色々なものを口に入れては出し、よだれまみれにして、ご機嫌に遊んでいました。

スポンサードリンク

いつまで続くの?

歯ぎしりをする期間は、長くは続きません。歯が生えそろってくると、いつの間にかしなくなっているという傾向が。

今現在悩んでるママも多くいると思いますが、歯が生えそろってくると、なくなります。今だけのこと、と考えてよいでしょう。

歯がそろってくると、少しずつ回数も減ってきます。2歳を過ぎるころには、治まっている子がほとんどなので安心してくださいね。

子供も楽しくてついやってしまったり、無意識にあまりギリギリと気になる場合は他の遊びで紛らわすようにしても。
子供 歯ぎしり 1歳

直し方は?影響はある?

これまでで成長の過程で起こるということが分かれば特に直す必要はありません。

すごく強く歯ぎしりをするので、歯茎が腫れて・・・と異常が現れている場合を除いては、そのまま歯ぎしりをしていても大丈夫です。

それでも、歯がそろってくる2歳半を過ぎても歯ぎしりをやめない場合は、別の原因があることも。一度、歯科医に相談することも大切です。

では、悪影響はあるのでしょうか?この時期の歯ぎしりには、特に影響はありません。皆通る道なので、気にするのはやめましょう。

ずっと歯ぎしりを続けていると、よくないんじゃない?と考えることも当然ですが歯並びが悪くなる、歯がすり減る、受け口になる、ということはありません。

もう少しすると、奥歯が生えてくるので、自然と歯ぎしりもしなくなってきます。これも成長の通過点。

歯が生え始めたと喜んでいた子供が、いつのまにか生えそろうなんて、子供の成長は本当に早いですね。

受診が必要な場合って?

通常の場合は、そのままにしておいても、特に問題はありません。

弱い歯ぎしりではなく、強い歯ぎしりが続く場合や、痛みを訴える場合など、心配なことがあるときは、ほかの原因も考えられますので受診しましょう。

歯ぎしりをするなんて!とびっくりしたとしてもこれも成長。これからもっと驚くことも予想外のこともたくさん起こります!

歯ぎしりに神経質にならずに、おおらかな気持ちで、子供と楽しく過ごしていきたいですね。どーんと構えてビックリも楽しんで♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ