赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンがいい理由とは?

初めての育児は、知らないことがたくさん!初めて経験することも、多くありますよね。

赤ちゃんのお世話をしていても、疑問もあるし、これでいいのか不安になることも・・・。親としても、しっかりしていきたいところです!

赤ちゃん おむつかぶれ ワセリン

ある時、おむつを替えていたらポツポツと、赤い湿疹ができているのを見つけました。おむつ替えも嫌がります・・・。

ひどくなる前にケアをしてあげたいと、色々調べていたらワセリンがいいとの情報が。

赤ちゃんのおむつかぶれに、ワセリンがいい理由を調べてみたので、ご紹介します♪

スポンサードリンク

おむつかぶれの原因とは

おむつかぶれは、おむつの中で炎症が起き、皮膚が赤くなったりぶつぶつができることです。

オムツの中で汗やおしっこが蒸れたり、下痢の時の刺激も、デリケートなお尻には負担になり、炎症となってしまい、おむつかぶれしてしまいます。

赤ちゃんのうちは、排尿も多いので、長時間替えないことでもおしっこやうんちが、刺激になり赤くなってしまいます。

おしりを拭くときの刺激によっても、炎症を起こすこともあります。優しくしているつもりでも、見た目にはわからない傷ができていることも。

オムツのサイズや、肌に合っていないものを使用していると、ギャザーの部分があたるおなかや、足の付け根がおむつかぶれすることもあります。

オムツのサイズや種類など、赤ちゃんに合うかを色々試してみるのもいいですね。そして、清潔にすることが一番の予防法です。

ワセリンって?

ワセリンは、一つあれば体の全身に使えるという、優れものスキンケア用品です。油性で、肌を保護して乾燥から守る効果が♪

ワセリンのよいところは、乳液やクリームと違い、角質へほとんど浸透しないという点。浸透しないので、お肌の弱い部分でも使えます。

ワセリンで保護された皮膚は、刺激から守られ、水分が失われるのを防いでくれるので、保湿剤としても人気です。

おむつかぶれだけでなく、かかとケアなど赤ちゃんから大人まで使えるので、使い道はたくさんありますね。

かぶれを保護

ワセリンがオススメな理由として、赤ちゃんのデリケートなお肌、おしりにも使えて、副作用が少ない安全な点もあります。

ワセリンを使うことで、かぶれを保護してくれ、乾燥を防いでくれるということなんですね。

また、うんちやおしっこなどが直接肌に当たらずに、かぶれがひどくなるのを抑えてくれます。

おむつかぶれの時は肌が赤くなり、こすったりする刺激を避けたい!!そんな時に、このワセリンが大活躍というわけなんです!

スポンサードリンク

ワセリンの使い方

早速、ワセリンを使っていきましょう♪使う前に、まずおしりを清潔にします。汚れをきれいに洗い流し、しっかり乾燥させましょう。

次に、手にワセリンを取り体温となじませてから、おむつかぶれの部分にそっと塗っていきます。この時に、こすらないように気を付けてくださいね。

少しだけ塗るよりも、しっかりと塗った方が保護膜ができ、お肌を守ってくれます。たっぷりとぬりましょう。

我が子の場合

私の娘の時も、おむつかぶれを何度も経験しました。下痢をした時など、すぐに赤くなってしまい、見ているこちらも痛々しくかわいそうでした。

市販の、おむつかぶれの薬を塗っていましたが、悪くはなりませんがよくもならず・・・。

そんな時ママ友から「ワセリンがいいよ」と聞きました。ワセリンが?!と私にとっては意外でしたが、身体に悪いものではないと知り、試してみることに。

使用してみて感じたのは、治すというよりは、肌を保護して、刺激から守っているということ。徐々に、おむつかぶれもよくなってきました。

赤ちゃんの弱い皮膚を守ってあげるためにも、下痢をしやすいときなどは、早めにワセリンでケアを心がけると、悪化しにくくなりました。

赤ちゃん おむつかぶれ ワセリン

おむつかぶれにならないために

おむつかぶれにならないためには、やっぱり清潔にすることが大切。新生児の時は排泄の回数も多いですすし、下痢が続く時もかぶれやすくなります。

おむつかぶれの時は、まめにおむつを替えて、お尻に刺激を与えないようにします。こすると悪化してしまうので、要注意。

お湯で洗い流したり、タオルで優しく吸収するように、キレイにしてあげるとよいでしょう。

ならないならそれが一番!なのですが、赤ちゃんの皮膚は弱く、どうしてもおむつかぶれしてしまうこともありますよね。

また、ワセリンを塗っても効果がない、悪化したという場合は、他の皮膚炎にかかっている可能性もあります。

改善しない場合は受診を。しっかりとケアをして、おむつかぶれの悪化を防いでいきましょう♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ