赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンがいい理由とは?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

初めての育児は、知らないことがたくさん!初めて経験することが、たくさんありますね。

親として、しっかりしなくちゃ、なんて意気込む日々ですが、赤ちゃんのお世話をしていると、疑問もあるし、どうしたらいいのか不安になることもあります。

赤ちゃん おむつかぶれ ワセリン

ある時、わが子のおむつを替えていたら、お尻が少し赤くなっていて、ポツポツと赤い湿疹ができていてるのを見つけました。

おむつ替えをこまめにして、様子をみていたら、翌日には、また少し赤みが気になるようになってしまって・・・かぶれがひどくなってくると、おむつ替えも嫌がりますよね。

皮膚科で診てもらうと、処方されたお薬のひとつにステロイド外用薬が!何だか赤ちゃんには強すぎる薬のイメージがあり、心配に…。この処方された薬はどうしよう??

その後も、色々調べたり先輩ママたちに相談すると、おむつかぶれにはワセリンがいいとの情報をGET!

赤ちゃんのおむつかぶれに、ワセリンがいい理由を調べてみたので、ご紹介します♪

スポンサードリンク

おむつかぶれの原因とは

おむつかぶれは、おむつの中で炎症が起き、皮膚が赤くなったりぶつぶつができることです。

オムツの中で汗やおしっこが蒸れたり、下痢の時の刺激も、デリケートなお尻には負担になり、炎症となってしまい、おむつかぶれしてしまいます。

赤ちゃんのうちは排尿も多いので、長時間替えないことでも、おしっこやうんちが刺激となり、赤くなってしまう原因になります。

おしりを拭くときの刺激によっても、炎症を起こすこともあります。優しくしているつもりでも、見た目にはわからない傷ができていることも。

オムツのサイズや、肌に合っていないものを使用していると、ギャザーの部分があたるおなかや、足の付け根がおむつかぶれすることもあります。

オムツのサイズや種類など、赤ちゃんに合うかを色々試してみるのもいいですね。そして、清潔にすることが一番の予防法です。

おむつかぶれの時は、まめにおむつを替えて、お尻に刺激を与えないようにしましょう。

スポンサードリンク

病院で処方されるステロイド外用薬

なかなか治らないおむつかぶれ。小児科や皮膚科を受診されたママも多いのではないでしょうか?

私もその1人です。おむつかぶれがひどくなってきて、皮膚科を受診しました。その際処方された薬のひとつに、アルメタ軟膏がありました。

このアルメタ軟膏は、調べるとステロイド外用薬。ステロイドは、私の中では、何となくマイナスイメージの薬で、できれば使いたくないなあと。

でも、私の赤ちゃんはなかなか赤みが引かず、このステロイド外用薬を塗ると、おさまりました。

ステロイド外用薬でも、強さには段階があって、赤ちゃんに処方されるのは、一般的に副作用のすくない弱いステロイド外用薬です。アルメタ軟膏もそのひとつでした。

使用期間など、守るべきことを守れば、ひどくなったおむつかぶれを治すには、有効になると私は感じました。でも、やっぱりステロイド外用薬は、一時的なものとして使用したいですよね。

私の娘の場合、治ってもまた少しするとおむつかぶれ再発なんてことがよくありました。下痢をした時など、すぐに赤くなってしまい、見ているこちらも痛々しくかわいそうでした。

受診して、処方された薬で一時的によくなるも、また繰り返したり・・・。

そんな時ママ友から「ワセリンがいいよ」と聞きました。ワセリンが?!と私にとっては意外でしたが、身体に悪いものではないと知り、試してみることに。

使用してみて感じたのは、治すというよりは、肌を保護して、刺激から守っているということ。徐々に、おむつかぶれもよくなってきました。

赤ちゃんの弱い皮膚を守ってあげるためにも、下痢をしやすいときなどは、早めにワセリンでケアを心がけると、悪化しにくくなりました。

そもそもワセリンって何?

原料は石油で、そこから精製され不純物を取り除いたものがワセリンです。

ワセリンは、一つあれば体の全身に使えるという、優れものスキンケア用品です。油性で、肌を保護して乾燥から守る効果が♪

ワセリンのよいところは、乳液やクリームと違い、角質へほとんど浸透しないという点。浸透しないので、お肌の弱い部分でも使えます。

ワセリンで保護された皮膚は、刺激から守られ、水分が失われるのを防いでくれるので、保湿剤としても人気です。

おむつかぶれだけでなく、かかとケアなど赤ちゃんから大人まで使えるので、使い道はたくさんありますね。

種類がいくつかあり、一番不純物が少ないとされているものがサンホワイト。次に小児科などでも処方されるプロペトで、白色ワセリン、黄色ワセリンと続きます。

赤ちゃんに使うものは、なるべく不純物の少ない高純度のワセリンが良いと思います。

ワセリンがオススメな理由

ワセリンがオススメな理由として、赤ちゃんのデリケートなお肌、おしりにも使えて、副作用が少ない安全な点もあります。

赤ちゃん おむつかぶれ ワセリン

ワセリンを使うことで、うんちやおしっこなどが直接肌に当たらずに、かぶれがひどくなるのを抑えてくれます。かぶれを保護してくれ、乾燥を防いでくれるということなんですね。

おむつかぶれの時は肌が赤くなり、こすったりする刺激を避けたい!!そんな時に、このワセリンが大活躍というわけなんです!

  • 早速ワセリンを使っていきましょう♪

まずワセリンを使用する前に、おしりを清潔にしましょう。汚れをきれいに洗い流し、しっかり乾燥させることが大切。

次に、手にワセリンを取り体温となじませてから、おむつかぶれの部分にそっと塗っていきます。この時に、こすらないように!こすると悪化してしまうので、要注意です。

少しだけ塗るよりも、しっかりと塗った方が保護膜ができ、お肌を守ってくれます。たっぷりと塗りましょう。

ただ、ワセリンを長時間塗っていると、肌の通気性があまり良くない状態が続き、結果症状が悪化してしまうこともあります。こまめなおむつ替えと、その都度、おしりの清潔と乾燥を!

ワセリンに消炎作用はありません

ただ、あくまでもワセリンは保護の役目。かゆみや赤みなどを抑える作用はありません。

また、ただのおむつかぶれと思っていても、他の皮膚炎の可能性もあります。かぶれがひどく改善しない場合は、早めに受診してくださいね。

ならないならそれが一番!なのですが、赤ちゃんの皮膚は弱く、どうしてもおむつかぶれしてしまうこともあります。

普段からしっかりとケアをして、おむつかぶれの悪化を防いでいきましょう♪

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ