赤ちゃんの夏!汗対策はどうする?

桜の季節も終わり、街には緑が溢れています。暖かくなると、なんだかウキウキしてきますね。

赤ちゃん 夏 汗 大作

一方で、すぐそこには夏が迫ってきています。過ごしやすいこの時期がすぎれば、汗だくの日々です。

そこで気になるのが、赤ちゃんの汗。汗をかきやすい赤ちゃんは、あせもができやすく、汗が冷えて風邪をひかないかも心配です。

赤ちゃんは、体温調節機能が未熟です。服は1枚?2枚?夜寝るときは、何をかければ良いの?夏は、汗っかきの赤ちゃんに何を着せるか、悩みます。

ママ、そんなに心配しないで!我が家の夏の過ごし方を、ご紹介します。

スポンサードリンク

お出かけ時に下着は必要?

春は、肌着+1~2枚で過ごしていたと思います。綿100%の肌着は、汗も吸ってくれますし、ほどよく防寒にもなるので、赤ちゃんには必須です。

しかし、これからは30度を超える夏。大人はTシャツ1枚で、出かけることもありますね。

では、赤ちゃんはどうすればいいの?初めての夏を迎えるママは、とても気になるでしょう。

春は下着(肌着)が必要でしたが、夏は不要です。春までのように、肌着に上着を重ねなくても大丈夫。

地域にもよりますが、室内も屋外も1枚で十分です。(気温は、30度前後を想定しています。)

セパレートタイプの服なら、上はTシャツだけ。つなぎなら、ロンパース1枚で大丈夫です。

ただし、素材には気をつけてください。赤ちゃんの肌は、とってもデリケートです。

ベビーの肌着は、たいていが綿100%ですが、Tシャツだと、化学繊維が含まれているものも。1枚で着せる場合は、綿100%を選びましょう。

私がオススメするのは、外出OKなデザインの肌着を、それ1枚で、着せてしまうことです。

セパレートタイプの肌着は、色も豊富ですし、「このまま外出OK!」と、謳っている商品もあります。ロンパースタイプでも、外出OKのものが売っています。

ロンパースタイプの肌着で、おむつが見えてしまう場合、上からかぼちゃパンツを履くと、可愛いですよ?

もちろん、素材や肌触りさえ気にしてあげれば、アウター用のお洋服を、1枚で着せても大丈夫。汗を十分に吸ってくれる、これが一番重要です。

活動するときは、肌着やTシャツを1枚で。もしもの時のために、薄手のカーディガン(長袖)を1枚持ち歩けば、温度調整ができて便利です。

紫外線予防にも、カーディガンはお役立ち。私のカバンの中には、必ずカーディガンが入っていました。

スポンサードリンク

真夏の夜はどうしてる?

寝ている赤ちゃんは、本当によく汗をかきます。朝、首から背中まで汗だくになった我が子を見て、ものすごくびっくりしたことも、多々ありました。

寝苦しくなかったか、朝からオロオロしたことも。そんな、真夏の夜の対策をご紹介します。

赤ちゃんは、寝入りばなによく汗をかきます。逆に言えば、寝入る時に気をつけてあげれば、朝まで熟睡してくれることも、多いです。

汗っかき赤ちゃんは、タオルの上に寝かせましょう。タオルがすぐに汗を吸って、不快感を和らげます。

タオルは、それだけで洗濯できるので、毎日大きなシーツを洗う必要もありません。

我が家では、頭の下にフェイスタオルを敷き、赤ちゃんが寝てから、取ってあげていました。

冷感シートは試しましたが、あまり使いませんでした。うちの子は、あまり寝心地が良くなかったようです。

また、保冷剤をタオルでくるんで首元にあてると、汗をかかずに、気持ちよさそうに寝入っていましたよ。

熱帯夜は、エアコンを使って室温を下げます。寝る少し前からかけておくと、適度に冷えて良いです。

そして、睡眠中の赤ちゃんにとって快適なのは、とにかく、汗をすぐに吸ってくれること。この機能を考えると、やはり肌着が一番です。

生後5ヶ月頃までの、ロンパースを着る時期は、肌着の上に1枚重ねてあげましょう。

寝ているあいだに、布団を蹴り飛ばす子も多いです。寝冷えを防ぐためにも、2枚着せるのが安心です。

そして、セパレートタイプの服を着るようになったら、つなぎの肌着の上に、パジャマを着せてあげましょう。お腹が冷えないように、肌着はつなぎが良いですね。

また、上に着せるものは、半袖を選んであげましょう。首や背中以外に、肩も意外と汗をかきます。

汗が冷えると、体温が奪われてしまいます。夏風邪防止のためにも、肩は隠してあげましょう。

赤ちゃんは、不快だと泣いて起きます。泣かなければ、多少汗をかいても心配ないですよ!

就寝時は何をかけてあげれば良い?

夏の夜、着せる服と同じくらい気になるのが、赤ちゃんに、何をかけてあげるかということ。

バスタオルが良いのか、タオルケットが良いのか。はたまた、薄い毛布が良いのか。

赤ちゃんの体温は高く、汗っかきなので、大人が「少し寒いかな?」と感じるくらいでも、大丈夫。

むしろ、かけすぎると必要以上に汗をかき、冷えて風邪をひく場合があるので、注意してください。

adorable-20374_640

掛け物は、エアコンを使うか、扇風機を使うかなど、その日の寝室環境で、変えてあげるのがベター。

エアコンをつけて寝る場合、風が直接当たらないよう、寝付くときは、タオルケットで体を覆うのが良いです。エアコンはタイマーにして、夜中は消しましょう。

エアコンをつけない場合は、お腹だけを隠せば十分。大きめのスポーツタオルも、小さいベビーには使えます。

私のオススメは、バスタオルです。バスタオルを、横に広げて使います。

赤ちゃんは、足で布団を蹴り飛ばすもの。足先にタオルがかからなければ、あまりずれないのです。

肌に直接触れる夏の掛け物は、意外と汗を吸います。バスタオルだと、すぐに洗濯できるのも嬉しいところ。端を折れば、長さも調節できるので便利ですよ。

これが使える!夏の便利グッズ

とにかく汗が気になる、夏の赤ちゃん。最後に、そんなお悩みママにオススメのグッズをご紹介。

まずは、外出OKなデザインの肌着。これで見た目を気にすることなく、1枚で外出できます。

次に、綿素材の薄手のカーディガン。紫外線対策や、空調の効いた室内では防寒に使えます。

さらに、背中にはさむ専用の汗取りガーゼ。少し汗をかいても、それを取り替えるだけです。

チャイルドシートの熱には、保冷剤が便利。使う前に、シート部分を冷やしておくと快適です。

そして、薄手で小さめのガーゼケット。小さく折りたためば、カバンにすっぽり入ります。眠ってしまった赤ちゃんに、さっとかけられて便利です。

ご家庭に合ったものを、是非チョイスしてみてください。この夏が、少しでも快適になりますように♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ