赤ちゃんに日焼け止め!いつから?

暖かくなってきてお出かけ気分ですが、日差しが強くて紫外線が気になります。昔は、子供が日に焼けることは良いこと!と、言われることもあったけれど、今の時代、紫外線対策をして当たり前。

赤ちゃん日焼け止めいつから

赤ちゃんの日焼けは、防いであげたい!紫外線対策は、やっぱり日焼け止め??

でも、生まれたばかりの赤ちゃんに、日焼け止めは負担になりそうです。赤ちゃんに、日焼け止めはいつから?そんな疑問をまとめてみました。

スポンサードリンク

日焼け止めは必要なの?

私は、何となく生まれたばかりの赤ちゃんに、日焼け止めを塗りたくるのは抵抗があります。

日焼け止めが肌に残ったままになると、肌荒れや、かぶれの、肌トラブルになることも!

特に、顔を洗うのをイヤイヤする我が子は、日焼け止めを落とすのも一苦労です。

毎日塗れば塗るほど、落としきれない箇所が出て、肌トラブルの原因になりそう!そんな私の、個人的な意見を下記にまとめました。

  • 小さい頃は日焼け止め以外で工夫を!

私の場合、子供はちょうど暖かくなってきた、4月に生まれました。紫外線も気になる季節!

外出をし始めたのは、1ヶ月を過ぎたころ。この頃は、徒歩5分くらいのスーパーや、家の周辺をブラブラするくらいでした。

朝か夕方の、日差しがゆるやかな時間帯を選び、できる限り、短時間で帰宅をしました!!

どんどん、日差しが強くなってくる時期ですね。生後3ヶ月、4ヶ月くらいまでは、なるべく、長時間のお出かけは控えめに。

窓をあけたり、ベランダなどに出たりして風を感じたり、少しの日光浴をして、室内で出来る事をして過ごしました。

お出かけの際は、主に抱っこ紐だったので、抱っこ紐用の日焼けカバーをつけたり、私自身が日傘をさしてお出かけ。

長時間、日に当たるような外出はなし!だったので、普段の生活の中では、日焼け止めは使用していませんでした。

スポンサードリンク

私が初めて使用したのは生後4ヶ月♪

お盆に、車で3時間の距離にある実家に帰省。一応、窓のサンシェードも準備しました。

しかし、入り込む日差しを防ぎきれないと思い、日焼け止めを初めて使用しました!!

車の窓から入り込む日差しは、私自身も、じりじりと強く感じたので、日焼け止めを塗って正解だったと思います。

炎症や、目立った日焼けをすることなく、また、塗ったことで肌トラブルが起きた!ということもありませんでした。

私の場合は、基本日中連れまわさない!長時間、日に当たる可能性がある場合に日焼け止めを使用!という感じです。

抱っこやベビーカーで移動の赤ちゃんの時期は、日焼け止めより、外出する時間帯や、その時間を調整したりと、なるべく日に当たらない工夫を!

それプラス、日よけカバーや日傘や帽子、ブランケット等を活用すれば、毎日、日焼け止めを塗らなくて大丈夫です。

毎日塗って落としてだと、肌の負担も心配です。でも、やっぱり日焼けはしてほしくないので、長時間の外出時には、日焼け止めを塗る!

私はこんな感じで使い分けていたので、赤ちゃんの時期、普段の生活で日焼け止めは、そんなに出番はありませんでした。

日焼け止め♪使用時期はお母さん次第!

私の、周りのママ達の話を聞くと、生後6ヶ月くらいから日焼け止め!というママが、多いです。

少し成長して、外出する機会も増えます。私の子供も、この頃動物園デビューしたりと、外に長時間連れて行く機会が増えました。

私が、子供に日焼け止めを塗る日の目安は、やっぱり私自身が紫外線を気にする時です。

季節問わず、今日は日差しが強いなとか、今日は、紫外線が強そうだなと感じる日は、子供にも日焼け止めを塗ります。

やはり長時間外出となると、露出部分には、塗ってあげたほうが安心です。

  • 日焼け止めは新生児から大丈夫

実際に、使う使わないは別として、日焼け止めは新生児から使えます。

赤ちゃん日焼け止めいつから2

気になるのは、赤ちゃんの肌への負担ですね!赤ちゃん用の日焼け止めが、世の中にはたくさんありますが、成分には要注意。

私が、赤ちゃん用の日焼け止めを探したところ、表示で、新生児から使えるとあるものは、安心の天然成分で作られているものが多いです。

私は、天然成分100%のものを使っています。やはり、大人よりデリケートな赤ちゃんの肌!成分にはこだわってしまいます。

日焼け止め自体は、新生児から大丈夫なので、お母さんが必要と感じた時に使用開始!!なので、赤ちゃんに日焼け止めを塗る時期は、お母さん次第だと思います。

肌トラブルがあれば迷わず病院へ

幸い、我が子は日焼け止めによる、お肌のトラブルはありませんが、まれに肌トラブルが出ることもあります。

日焼け止めを塗ったから!だけではなく、日焼けしてしまったから!という場合も。

赤ちゃんの肌トラブルが出てしまったら、小児科や皮膚科で、早めに相談すると安心です。

日焼け止めは、成分をきちんと確認すれば、赤ちゃんの肌に悪いものだと思いません。

しかし、日焼けすることは、のちのち悪影響もあるのかなと思っています。

将来シミやシワで、我が子が悩むのは可哀想だし、皮膚がんなどの大病になってしまったら大変!!

なので、色んな紫外線対策グッズの中に、日焼け止め取り入れて、ここぞ!というとき、ばっちり紫外線対策に活用しましょう♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ