母乳育児での夜中の授乳はいつまで必要?

赤ちゃんの夜間授乳は、生まれたときから始まっていて、数時間おきに泣いて授乳です。母乳は消化がいいので、短時間で起きることが多いようです。

私は母乳育児でしたので、やはり短時間で起きました。寝たな。それじゃあ、私も寝ようかな。

・・・・zzz。オギャー!!ええ!もう?これが続くと、疲労もたまります。

a0001_006875 赤ちゃん 手つなぎ

もともと乳腺リンパの細い私は、あっというまに、乳腺炎になってしまいました。

後に解かったのですが、この疲労も、乳腺炎の原因になっていたのです。体力がない月齢だったり、寝ぼけていて少し飲んだら寝てしまう場合も、短時間で起きることが多いです。

こんなことがいつまで続くんだろう。
いつまでやっていくべきなんだろう。
いつになったらゆっくり寝られるの?

そもそも、夜間授乳って必要なの?個人によって、違うことでもありますが、目安となる時期を知りたい気持ちになりますよね。

母乳育児をしていく中夜中の授乳はいつまで必要なのでしょうか。

スポンサードリンク

母乳育児と夜泣き

つらい夜泣きと夜の授乳。月齢が小さいときは、夜も昼もなく短い間隔で授乳していました。基本的に泣いたら授乳です。このやりかたで母乳育児をしていました。

でも生まれたばかりのころは、赤ちゃんも飲み方が上手くありません。また体力もないので、すぐ疲れてしまいます。

私は、母乳の出がスムーズでなかったこともあり、赤ちゃんが授乳の途中で疲れて寝てしまいました。

おなかいっぱいまで、飲まずに寝てしまうので、すぐに起きます。授乳の間隔は、2時間から3時間でした。とても大変でした。

母乳を改善するには、夜少しでも多く寝ることです。疲れが取れないと、母乳の質も出も悪くなります。

私は、できる限り母乳で育てたかったのですが、母乳の状態が悪く、少しでも飲まなかったり間隔があくと、すぐに乳腺炎になってしまいました。

3ヶ月ころから、ミルクと併用しましたが、2時間くらいに起きていたのが、3時間くらい間隔が開くようになりました。

赤ちゃんが育ってきて、しっかり飲めるようになり、母乳も良く出るようになると、少しずつ夜しっかり寝てくれるようになります。

5ヶ月すぎからは、離乳食を始めまして、1歳ころに卒乳の決断をしました。早めに離乳食をすすめてきたこともあり、卒乳もすんなりでき、夜も起きなくなりました。

授乳のポイントとしては
・赤ちゃんの成長を促す
・母乳を良い状態に保つ
・母子のコミュニケーション

これに尽きます。。上二つが成り立っているならば、夜の授乳はそれほど、必要ではないといえます。

母乳の質って一体どうすれば良くなるのかかちょっと不安ですよね。もっと早く知っておけば・・
→→→母乳育児サポートサプリメント☆ミルニック☆

逆を言えば、それが成り立たない場合は、赤ちゃんにとって夜の授乳も必要です。明らかに赤ちゃんが、お腹をすかせて泣いている場合、夜の授乳も充分にしてあげましょう。

母乳育児では、生後3ヶ月頃までは、2~3時間おきに授乳です。6ヶ月頃までは、授乳のために泣いているので、赤ちゃんにも母乳にとっても必要な事なのです。

8ヶ月頃になって、離乳食も進んでくれば、栄養的に夜の授乳までは必要ないといえます。

授乳のときのコミュニケーションは、とても親子のつながりを実感できて良いのですが、疲れがたまってしまっていては、それどころじゃありません。

授乳のほかにも、コミュニケーションをとる方法はあります。赤ちゃんの成長も順調で、母乳の問題もないようなら、夜の授乳をやめてみましょう。

少しでものんでくれないと、母乳も赤ちゃんも心配であるようなら、まだ夜の授乳は必要です。

スポンサードリンク

どうやって夜の授乳をやめればいいの?

夜の授乳の必要性が、ないことがわかれば、夜の断乳をして見ましょう。寝かせつけに、授乳の方法をしていた場合、なかなか寝てくれないかもしれません。

そんなときは、ミルクや白湯など母乳ではなく、代わりに飲むもので、寝かせるところからはじめて見ましょう。

また離乳食が、ある程度進んできている時期ならば、夜のご飯は多めにしてみることです。

寝かしつけで大切なこと

  • 生活リズム
  • 赤ちゃんの寝る環境
  • 入眠儀式

生活リズムは、とても大切です。また生活リズムが整えることは、ママのためでもあります。

生活リズムを整えるには

  1. お昼寝を一定の時間に保つ
  2. 沐浴は早めの時間に入り同じ時間にする。
  3. 離乳食の時間を一定にする。
  4. 昼間は外へ出かけたり遊んだりする機会を作る。

寝る前は、極力刺激のある行動環境は、抑えるべきです。

a0002_008616 女性背伸び

就寝前に、授乳や抱っこをし続けると、その行動がないと寝られなくなってしまいます。

さらに、夜の授乳で添え乳をしていたら、夜の授乳をやめるのが大変です。寝かしつけの授乳をやめるのは、早いほうが楽です。

就寝前は穏やかに絵本を読んだり、部屋を暗くしたりして静かにすごしましょう。赤ちゃんが自分で寝られるようになるために、就寝前の行動は、一貫して行うようにします。

ママと赤ちゃんにとって、少しでも楽になるといいですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ