2歳児のトイレトレーニング!3日でおむつが取れた我が家のやり方はコレ♫

2歳前後になると、周りからちらほら聞こえる、トイレトレーニングという、一大イベント。

2歳 トイレトレーニング やり方

夏はトイレトレーニングに、最適な時期。挑戦しようと意気込むママも、多いのでは?

うちの長男は、2歳4ヶ月で、おむつが取れました。しかも、パンツを履かせてから3日で、夜以外は、ほとんどおもらしをしなくなりました。

そんな2歳の、トイレトレーニング。我が家で成功したやり方を、ご紹介します♫

スポンサードリンク

これがママの負担を軽くするコツ!

まず、トイレトレーニングのステップを、もう一度、確認しておきましょう。

  1. トイレで排泄することを理解する
  2. 自分で排泄の感覚がわかる
  3. 自分の意思でトイレに行ける
  4. おむつからパンツにチェンジ

大雑把に言えば、以上の4ステップです。いつから始めようと、どれだけかかろうと、この順番で、おむつが外れていきます。

コツは、1をなるべく早めに始め、2と3を、時間をかけてゆっくり進め、最後の4は、短期決戦で仕上げること。

ママの負担となるのは、何と言ってもおもらし。つまり、ステージ4です。

ここが短期間で終わると、とてもです。

次からは順番に、我が家のやり方をご紹介。ぜひ、参考にしてみてください♫

おむつ時代から始まるトイレの準備

トイレトレーニングの開始の、前提となるのが、「トイレ」の存在を、知って理解していること。これは、乳児から教えることが可能です。

我が家では、おまるをトイレに置き、おすわりの頃から、たまに座らせていました。これで、トイレという場所を認識できます。

「おしっことうんちは、トイレでするんだよ。」などと言いながら、少しずつ教えていきます。

理解していなくても、良いのです。言い続けるうちに、時が来れば理解します。

もちろん、0歳から始めなくたって大丈夫!2歳を過ぎて、言葉の理解が深まれば、すぐに、トイレの存在を理解してくれます。

まずは声掛けから!

トイレの存在を理解したら、次は実践。子どもが、排泄の感覚をつかめているか、様子を見ながら、探っていきます。

おしっこよりも、うんちの方がわかりやすいです。たいていの子は、気張ってうんちをしますね。

子どもが、排泄したのがわかれば、「うんち出たね!」などと、声かけをします。

そして、「次出たら、教えてね♫」と加えます。これを、何度も何度も繰り返します。面倒くさがらず、根気よくいきましょう。

我が家では、これを1歳頃から始めました。うんちのおむつ替えの時に、上のように言うだけ。

ママが気づいた時に、声をかければ大丈夫。

トレーニングというより、コミニュケーション。しんどい時は、声かけしなくても良いのです。

スポンサードリンク

事後報告ができればしめたもの!

1回でも「出たよ!」と教えてくれれば、万々歳!子どもは、排泄の感覚を学んでいます。

息子は半年ほどで、教えてくれるようになりました。2歳以降に始めれば、もっと短期間で済むでしょう。

教えてくれた時だけ、めいっぱい褒めます

「できないのが当たり前」くらいに、思っていると、ママはイライラせずに、済みますよ♫

次の、「トイレに座る」という段階へ進むには、子ども自身が、排泄の感覚を理解してることが不可欠。

事後報告でも、それがわかっていれば、あとは、こっちのものです!

トイレに座らせよう!

トイレに座るという行為は、無理強いできません。子どものやる気が、何より大事。

特に2歳と言えば、イヤイヤの真っ只中。まずは、子どもがその気になった時に、トイレに、座らせてみましょう。

トイレに座って、出なくても良いのです。座ることに、慣れてくれるのが大事。

座るのを嫌がるときは、すぐにやめましょう。我が家でも、ずっと嫌がらずに座っていたのを、突然拒否された時期が、ありました。

3ヶ月ほどは、全くトイレに寄り付かず。この時は、こちらから誘うこともしませんでした。

するとある日、「行く」と自分からトイレへ。この頃から、トイレで出せる確率がアップ。「やる気」の力を、思い知りました。

少しずつ、少しずつ。まだまだ、おむつで良いのです。

トイレで出せる回数が増えたら、いよいよ、次はパンツを履かせる、最終段階です!

十分に予告してからパンツを履かせよう!

3日間という短期間で、おむつが外れた、最大の要因は、十分な予告だったと思っています。

たまたま、実家の母が訪ねてくる予定があったので、「おばあちゃんが来たら、パンツ履こうね!」と、2ヶ月ほど前から、ずっと予告しておきました。

予告の効果は絶大で、おばあちゃんにも、「僕、パンツ履くよ!」と、高らかに宣言。

初日に2回、垂れ流しのおもらしをした後は、もらしても、少しズボンに染みるくらいの量。途中で止めて、残りをトイレで出せました。

2歳 トイレトレーニング やり方3

実は、2歳前に1度、うんちがトイレでできたので、パンツを履こうと、誘ってみましたが、息子が「イヤ」と言い、やめた経緯があります。

心の準備が、できていなかったのでしょうね。3ヶ月以上かけて、心の準備をした息子は、やる気に、満ち溢れていましたよ。

ママはのんびり子どものペースで

実際に、パンツを履かせるまでは、おもらしの心配は、ありません。

ゆっくりと、時間をかけて準備をして、パンツを履かせる最終段階を、短期決戦にすれば、ママの負担は、とても軽く済みます。

なので、1~2日パンツで過ごさせてみて、まだまだ、おもらしが多くて大変だと思ったら、また、おむつに戻せば良いのです。

イヤイヤ言い出すと、手がつけられなくても、やる気さえ出れば、すごく爆発力がある2歳児。

子どものペースを、最優先にするのが、トイレトレーニング成功の、一番のコツですよ!

ですよ!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ