赤ちゃんの人見知り!!いつから始まる?

授乳しては寝て、泣いて、を繰り返す新生児期を過ぎ、笑ったり、怒ったり、色んな表情を見せるようになる頃。

一緒にお散歩に出たり、実家へ遊びに行ったり、少しずつ外出する機会も、増えてきますよね。

赤ちゃんを抱いていると、「可愛いねぇ」と、色んな人から、気さくに声をかけられることも増えます。
汗1
だけど、初めて会う人が赤ちゃんの顔を覗いたとたん、「おぎゃ~~~」なんてことはありませんか?

久しぶりに行った実家で、おじいちゃんおばあちゃんに会ったとたん、「おぎゃ~~~」と泣き出すことも。

これって、赤ちゃんの人見知りの始まり?

今日は、赤ちゃんの人見知りはいつ頃から始まるのかについて、一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの人見知りは何がきっかけ?

赤ちゃんの人見知りが、どうして始まるかというと、赤ちゃんの発達段階が、関わっているからなんです。

生まれたばかりは、まだ視力の発達も未熟なため、視力は0.01~0.02程度しかないと言われています。

そのため、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、人の顔なども、ぼんやりとしか見えていない状況なんです。

またこの頃の感情としては、授乳してもらい「満足」、オムツが濡れて「不快」といったようなシンプルな感情の発達・表出が主なものです。

それが、生後3~4ヶ月頃には視力は0.04~0.08と発達。少しずつ、視点が合うようになってきますよね。

そして、声を出して笑うようになるなど「喜び」の「快」の感情も複雑に発達していきます。

生後6~8ヶ月頃には、さらに著しい視力発達がみられ、0.1程度まで発達し、少しずつ認識能力も高まります。

そのため、一人ひとりの顔の認識や区別もつきはじめ、初めて会う人や、久しぶりに会う人がわかるように。

そして、感情発達も、より複雑に分岐する時期です。

以上のことから、視力が発達して顔の認識能力が高まり、赤ちゃんの感情が複雑に発達しはじめた結果、人見知りが起こる、とわれています。

視力や感情の発達に起因するため、人見知りの多くは、生後6ヶ月頃、著名にみられるようになります。

人見知りと似ていて、初めて行く場所だと泣けてしまう「場所見知り」をする赤ちゃんも、います。

スポンサードリンク

生後3ヶ月だけど、人見知り!!

「一般的には、生後6ヶ月頃から始まるみたいだけれど、うちの子は、生後3ヶ月なのに人見知りするんです!!」

たまに、3ヶ月頃なのにママ以外の人が抱っこするとしばらくして、泣けてしまう赤ちゃんもいます。

それは、ママという存在だけは、生まれてすぐに認識できるようになっているからなんです。

抱かれている距離から見える、ママの優しい顔。いつも一緒にいるママの匂いや抱き心地、声。

そういった、ママの特徴だけは赤ちゃんも早い時期にわかっており、ママ以外の人に抱っこされると、「なんか、ママじゃない~」と、泣いてしまうのです。

つまり、3ヶ月頃の人見知り様の現象は、相手を判断して起こるのもではなく、近くにママがいないという不安感から、起こっているものなのです。

生後6ヶ月頃の原因 詳しく知りたい!!

生後3ヶ月頃の、人見知り様現象の原因に対し、6ヶ月頃の原因は、相手を判断して起こるものです。

今まで、シンプルな感情の発達・表出だった赤ちゃんが「怖い」といった「不快」の中でもさらに複雑な感情が芽生えるのが、6ヶ月頃なのです。

また、認識能力も高くなっているので、知らない相手への興味も出てきつつ、怖い感情も入り混じるのです。

人見知りで泣いているのに、なぜかその相手の方ばかり見たり、相手を目で追ってはいませんか?

この「興味」と「怖い」という感情を強くもつ子供ほど、人見知りは強く出る傾向にあります。

私の子供の人見知り歴史

私の子供の場合、生後4ヶ月頃から、私の入浴中にパパに預けていると、大泣きするようになりました。

また、生後8ヶ月では1ヶ月ぶりのパパの実家で、義父だけ、顔を見るととたんに大泣き。

パパも義父も、相当落ち込んでいました。
人見知り
あと、なぜかお年寄りの男性や、眼鏡をかけた人が苦手な様で、話しかけられると泣いていました。

パパには休日に遊んでもらうようにし、義実家は頻繁に訪問するうちに、2人を見ても泣かなくなりました。

ママ友の中には、ほとんど人見知りをしなかった子も。子供の性格・気質によっても、頻度や状況は違うんですね。

人見知りは、子供の発達段階で起こり、自然と軽快していくものなので、気にしすぎず楽しく乗り切りましょう♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ