七夕に子どもとおやつを楽しもう♪手作りも♪

行事によって、食べるものってありますよね。子供の日には、柏餅やちまき。ひなまつりには雛あられ、クリスマスにはケーキ♪という定番のものがあります。
七夕 子ども おやつ

では、七夕は?と聞かれたら、あなたは何と答えますか?なかなかすぐにコレ!というのは思い浮かばないかもしれませんね。

私も、七夕といえばそうめん?というイメージです。そうめんはおやつではありませんし、いざ七夕のおやつ、と言われてもピンと来ないのが正直なところです。

でも、行事ごとに子供との思い出を作るのも素敵ですよね!そこで、七夕の日にも思い出に残るような、七夕にちなんだおやつを用意してみるのはいかがでしょうか?

「我が家の七夕のおやつといえばこれだったなぁ♪」と懐かしく思い出してくれると嬉しいですよね。

今回は、七夕に子供と食べたいおやつについて紹介します♪

スポンサードリンク

七夕ってどんなもの?

七夕といえば、織姫と彦星。年に一回、七夕の晴れた日の夜に会えるという七夕の伝説があります。

そして、七夕の行事に欠かせないのが、笹飾り。短冊にお願いごとを書いてつるします。折り紙でひし形をつないだものや、あみ飾りなどを作って飾ります。

我が子の通う幼稚園でも、かわいらしいお願い事を書いて笹飾りを作っていて、ほほえましく思いました。

地域によっては、七夕祭りが開催されるところも多くありますし、子供の成長を祝う節句のひとつとされています。

七夕に食べたい食べ物って?

七夕の季節といえば、暑くなってくる頃です。おやつには、冷たい物や、のどごしの良いものを選ぶのも良いですね。

地域にもよりますが、食事は「そうめん」を食べるところが多いようです。そうめんを天の川に見立ててみたり、色のついたそうめんでカラフルそうめんにしたりするのも楽しいですよ。

七夕にちなんだおやつを作ろう

七夕に合わせたおやつを手作りするときは、どのようなものがよいでしょうか?

あまり手をかけなくても、簡単にできるものもたくさんありますので、ぜひ作ってみましょう♪

スポンサードリンク

クラッシュゼリー

ゼラチンやアガーで固めたゼリーを、フォークなどでクラッシュしてクラッシュゼリーにすると、見た目も華やかで涼しそうに見えます。

色も、青にすればますます涼しそうですね。氷みつや、食紅を使うと青くすることができます!

普通に作ったゼリーの上にクラッシュゼリーを乗せるだけでも素敵なスイーツの出来上がりです♪市販のゼリーを購入してクラッシュするだけでもできますよ。

七夕の夜をイメージして、コーヒーゼリーで作るのもよさそうです!

カラフルゼリー

色々なゼリーを作ってカラフルゼリーにしたり、2層にするのもオススメです。

100%のジュースと生クリームなどでムースを作ると、自然に2層にできあがるゼリーもあります。私も作ったことがありますが、子供よりも作った自分がビックリしたものでした。

クックパッドなどでも紹介されているので、是非チェックしてみてくださいね。

一緒に作るともっと楽しい♪

簡単なものでも、一緒に作ることで楽しい思い出になります。時間があれば、一緒に作ってみるのも良いですね♪

クッキーを星形で抜く

型抜きクッキーであれば、生地さえ作っておけば、楽しく型を抜いて作ることができます。4歳の我が子も、型抜きクッキーは大好き!

お姉ちゃんがやるのをずっと見てきているので、なかなか上手に抜けるようになっていますよ。七夕っぽく、星形やひし形で抜くのがオススメです!
七夕 子ども おやつ

フルーツポンチ

好きな果物を丸くくりぬいたり、キウイフルーツであれば星形に抜いて用意します。果物は缶詰のものでもOKです!

そこにサイダーを入れれば簡単なシュワシュワフルーツポンチが出来上がりです。これなら子供とも一緒に作ることができますよね。大人用には、サイダーをシャンパンに代えても楽しめます。

市販のものでももちろんOK!

水ようかんや、見た目の涼しげなものが、七夕には合います。市販の和菓子などをおやつにするのもオススメです。

繊細な細工をしてある和菓子を見ると、子供はとっても喜びます。七夕をイメージして作られたキラキラが乗っている和菓子や、ゼリーもありますので是非チェックしてみてください。

スナック菓子にも星形のものがありますので、そういったものを選ぶことで七夕っぽくなりそうですね。

これじゃなきゃダメ!というものはありませんので、楽しくおやつを用意しましょう♪

七夕の行事やおやつを選んだりすることで、子育て中のかけがえのない思い出が、また一つ増えると素敵ですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ