七五三のヘアスタイルは?女の子におすすめな簡単アレンジ♪


11月15日は七五三。秋が近づくと「七五三の写真もう撮った~?」なんてママさん同士の会話が幼稚園でもちらほら。

長女が三歳の頃は、初めての七五三にそれはもう張り切って用意しました。

%e7%9d%80%e7%89%a9

写真館で撮るときなんかは、やっぱり和装が良いけど、洋装も捨てがたい…と何着も試着させてもらいました。

そこで意外に悩んだのがヘアスタイル。髪の長さが肩くらいだったので、アップは無理があるな~なんて思っていたのですが、今は付け髪という便利なものが…。

カタログで好きな髪型を選んだら、写真館のお姉さんがスタイリングしてくれて華やかなアップスタイルが完成!本人もご満悦でのりのりで写真撮影♪

小物さえ揃えたら髪が短くてもアップスタイルが出来るんだな~と、早速帰って試してみました。

そしたら不器用な私でも可愛い髪形にしてあげることが出来たんです!

では七五三のヘアスタイルをセットするいくつかのポイントと女の子におすすめのヘアアレンジを紹介していきます。

スポンサードリンク

女の子におすすめヘアアレンジ

七五三の為に髪を伸ばしている子もいますよね。華やかな髪型は女の子の憧れ。普段では出来ないようなヘアスタイルを楽しみましょう♪

髪の短い子や、まだ量の少ない3歳の女の子も付け髪さえあれば大丈夫!

くるくる付け髪でアップスタイル

髪をまとめて、ふわふわでくるくるな付け髪をセット。簡単なヘアアレンジで人気があります。

付け髪だと簡単にボリュームが出せるので便利ですよ~。

ツインテール

髪の毛が長めの子なら、高めのツインテールにしても可愛いですね。崩れにくい髪形なので、動き回っても安心です。

おだんご

ふわっとしたボリュームのあるおだんごでも、日本髪っぽくカチッとしたおだんごでも素敵ですね。おだんごの形をした付け髪も売っています♪

華やかな小物も用意

七五三で着物を着るなら、小物も和を感じるものを。かんざしや髪飾りなんか可愛いですね!

私のおすすめは和風のぱっちんピン♪しっかり固定されて動いてもずれにくいですよ~。

ワンポイントピンをたくさん付けても可愛いですね。七五三用の小物はインターネットでも安く購入できるので検索してみましょう♪

不器用さんでも大丈夫。スタイリングのポイント

私は髪を結ぶことに関してとっても不器用。母もそうだったので、自分の子供が女の子だったら毎日可愛い髪形にしてあげたい…!

そう思っていたのに、いざやってみるとなかなか上手に出来ないんですよね。

編み込みにチャレンジしたら色んな所からはみだしちゃうし、ツインテールにしたら高さは違うし…う~ん難しい…。

きっちり結べないのはきっとゴムの留め方が緩いんだ!ときつ~く髪を結んだら、娘が嫌がってしまい朝「髪結ぼうね~」というと逃げ回るように。

幼稚園で毎日きっちり可愛い髪形にしてくる子を見て、「どうしたらこういう風に結べるんだろう~」と不思議でしょうがありませんでした。

七五三のお参りの際も、ヘアアレンジは自分では出来ないから…と諦めていたんです。

だけど写真館でのお姉さんのスタイリング方法を見ていたらいくつかポイントがあったんです!

スポンサードリンク

がっちり固定する

まずはワックスをしっかり髪にもみこんでスタイリングしやすく♪完成後はスプレーでしっかり固定を。

七五三のお参りってけっこう長いんですよね。慣れない格好でじっとしていられない子もいます。

髪も普段より盛っているため、気になって触ってしまうこともあります。

ちょっとやそっとで崩れないようしっかり固定することが大切です!

短い髪は細かく結ぶ

髪が短いと一つに結んだ時に横から落ちてきてしまいますよね。それだとアップスタイルが決まらないんですよね。

落ちた髪をそのままピンでとめるよりも、小さなゴムで細かく髪を結んでから上の方に向かって髪をピンで留めて行った方がしっかりとしたアップスタイルができるんです!

ピンをたくさん使う

とにかくピンはたくさん使っていました。移動中一本ピンが落ちたくらいではびくともしないくらいに!

%e3%83%94%e3%83%b3

付け髪を固定するときもピンを使います。たくさん用意しておきましょう。

思い出に残る七五三を♪

もちろん美容室に行けば華やかな髪型にしてもらうことは出来ますが、小物付け髪さえあれば、自宅でも簡単に七五三の華やかなヘアスタイルが出来ます。

女の子ならふわふわのボリュームがあるアップスタイルや、おだんご、ツインテールがおすすめ♪

ママも頑張った分だけ思い出になります。写真にも残りますしね。

着物って大人になっても着る機会ってそうそう無いもの。せっかくなので服装に合った髪型で、我が子を思いっきり華やかに可愛くしてあげたいですね。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ