赤ちゃんの下痢が緑色?それって大丈夫?


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

赤ちゃんの体の、バロメーター。おむつのチェックは欠かせないですね。

最初の頃は、まだ、うんちというよりは、柔らかいものですよね。
639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m

うんちの色や形は、赤ちゃんに、与えるものでも、変わってきます。びっくりするのが、緑色の下痢の、ようなものが、おむつについていたときです。

その緑色の下痢や、危険な色の下痢まで色々な下痢があります。

スポンサードリンク

緑色の下痢の正体

まず、緑色の便は、心配ありません。もともと、黄色っぽかったり、黄土色っぽい便ですよね。緑色の正体は、「ビリルビン」です。

胆汁の主成分の一つで、胆汁の黄色い色の素です。便を黄色くしているものです。「ビリルビン」が、腸内で酸化すると、便が緑色に変化するのです。

また、「ビリルビン」が、便と一緒に排泄され、空気に触れて酸化して変色するのです。これが、緑色の下痢の正体なのです。ですから、便が緑色でも心配は、ありません。

赤ちゃんは、もともと便がゆるいので、下痢かもと思っても、赤ちゃんの機嫌が良ければ、問題なしです。下痢になるのは赤ちゃんだけではありません。小さなお子さんも気を付けましょう。

母乳・ミルク・混合によって便は変わる

母乳とミルク、混合の場合で、うんちの形態が変わるのはご存知ですか?

母乳の場合

まず、回数は多めです。色は、黄色やオレンジに近くて緑色っぽいときもあります。

便がおなかの中に長くあったり、ガスが多めだと、酸化して緑色ぽくなるのです。

においは、甘酸っぱいにおいです。私は母乳でしたが、ごはんが炊けるときのにおいに似ているなと思っていました。

固さは、おむつにしみこんでしまうようなゆるい液状から、ペースト状くらい。母乳の便の特徴は、水分が多くて、下痢と間違えやすいところです。

スポンサードリンク

ミルクの場合

母乳に比べると、回数は少ないです。色は、最初は母乳とあまり変わりません。でもすぐに、母乳より、腸にいる時間が多いせいで、褐色を帯びて、濃い黄土色のようになります。

においは、母乳より、匂わないです。固さは、やはり母乳よりもかためです。母乳より、粘り気が強い感じがします。

この粘り気は、腸の粘液なので、これもまた、心配ありません。

混合の場合

母乳とミルク、あげるのが多い方に特徴が似てきます。ちょうど中間くらいと思ってください。赤ちゃんの便は、いつでもゆるく下痢のようなものだと、思っていてください。

大人と同じものを食べていないので、大人と同じ便は出ませんので、安心してください。

離乳食になると、少しづつ、便も大人に近づいてきますから、要注意ですよ。赤ちゃんは、体に入れたものを、消化する機能がしっかりあります。

消化できなかったものは、色も形も変えて、外に出ます白いツブツブが、便に混じっていることが、あります。

これは、母乳の脂肪、カルシウムの塊なので、これも心配いりません。黒っぽい便が出てびっくりしたら、鉄分が多いものを、与えてないか考えてみてください。

母乳を与えてるお母さんなら、鉄分多めの何かを食べませんでしたか?一時的に黒っぽくなったのなら、心配しないでくださいね。鉄分が、便の色に出てしまっただけです。

赤ちゃんの体調管理は、本当に難しいですよね。
cfc2ecc26bd210c2f7fca2b27db16042_m

下痢の時のおむつかぶれ

下痢をしていなくても、繊細な赤ちゃんのお尻は、すぐに、赤くなったり、ブツブツが、出来たりしますよね。

おむつを替えたら、治った!病院でもらったお薬で治った!という人も、もちろんいます。下痢のときは、いつも以上にお母さんが気を付けてケアしてあげてください。

私は、おむつを頻繁に換えて、おしりナップなどは、使わずにシャワーでお尻を洗ったり、その場で、ぬるま湯をかけてあげました。

拭くときも、ゴシゴシ水分をとるのではなく、柔らかいタオルで、ポンポンと、お尻の水分を、吸収していました。

仕上げはドライヤーで乾かしていました。お尻がサラサラになったら、オムツを、つけていました。手間はかかりますが、何よりも、治りが早かったように、思います。

大人でも、下痢の時に、ゴシゴシ拭かれたら、痛いし、嫌ですよね。ウォッシュトイレが、広まったのも、水で洗い流したいからですよね。

赤ちゃんも同じです。下痢だけでも、機嫌が悪いのに、おむつかぶれの痛さも、我慢させるのは、かわいそうですよね。赤ちゃんの笑顔のために、早く、治してあげましょう。

毎日のオムツの中身チェックを、してあげてくださいね。もちろん、オムツを触ったら、手洗いです。何かあったら、証拠となるオムツを持って病院へ行きましょう!

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ