子供の視力低下が目立つ!原因は遺伝?環境?

最近よく、小学校高学年の息子が「目が疲れた」「ぼやける」と言うようになりました。
子供 視力低下 原因
彼は勉強をよくする、というよりはマンガも含め本を読むのが好きで、よく本を読んでいます。

そして、3DSでも遊び、私のスマホも使うしテレビゲームもする、という目を使ってばかりの日々を送っています。

子供用の目薬をさし、様子をみていましたが学校から「視力検査の結果」のお知らせをもらってきました。去年はお知らせはなかったのに、視力が落ちたと・・・。

黒板の字が見えずらくなり、勉強にも支障が出ると困りますよね。子供の視力の低下、わかってはいたけどちょっとショックです。

出来ればメガネはもうちょっと先に・・・とも思いますが、そういえば、息子の友達も半分くらいはメガネをかけています。

そういうものなのか、とも思いますが、視力低下はどうして起こるの?原因は何なの?と疑問に感じたので調べてみました。

スポンサードリンク

視力低下の原因は?

子供の視力低下の原因とは何があるのでしょうか?子供の視力低下は「近視」によるものがほとんどです。

近視は、目の焦点が網膜の前で結ばれるので、近くがよく見えて遠くがよく見えないことです。ちなみに、遠視は遠くが見えると思われがちですが、近くも遠くもぼんやりとしか見えなくなります。

視力低下の原因として考えられることは遺伝や環境によるものが多いとされています。

遺伝

よく、お父さんやお母さんの目が悪いと自分の目も悪くなると言われますよね。近視の遺伝率は80%を超えるとも言われていて、遺伝によるものと考えられることも多いです。

遺伝の場合、10歳以前から目が悪くなるなど、低年齢のうちから症状がでることも多いとのこと。強い近視の場合は遺伝のことが多いとされています。

私自身も目が悪くて0.05くらいしか視力が出ません。今は、昼間はコンタクト、夜はメガネという矯正なしで過ごすのは考えられないという日々です。

そして夫も近視なので、子供たちももしかしたら・・・・?と高い確率で視力が悪くなるんだろうなという考えは漠然と持っています。

スポンサードリンク

環境

また、最近の子供の特徴として近くを見ることが多くなっていることも挙げられます。目を使う時間がたくさんあるというのも原因の一つといえるでしょう。

①ゲームのし過ぎ

パソコンを使う機会も多くなっているし、外遊びをする子も減っているとも言われますよね。

②スマホを使ってる?

携帯ゲーム機やスマホなど、小さな画面に向かって過ごす時間も増えていませんか?長時間の使用は目に負担をかけます。

自分は持っていなくても親のスマホで遊んだりする子も多いですよね。

③テレビの見すぎ?

面白いから、とついテレビを観てしまうということはありませんか?我が家でも、ただ何となくついているテレビに見入ってしまうことがあります。

「テレビ消すよ」と言っても「これだけ見させて!」となり、だらだらとテレビをみてしまうことも・・・。私の実感からですが、必要のないときにはテレビを消すことをオススメします!

④暗い所で本を読む?

本が読みたいから、と寝る直前まで暗い所で本を読んだりすることも、目に負担がかかります。

ごろんと転がってマンガを読むのは楽しいし、息抜きの時間かもしれませんが、姿勢に気を付け明るい所で読むように気を付けましょう。

⑤偏食が激しい!

他にも、栄養状態などが関係していることもあります。食生活の乱れも原因の一つであると考えられています。

偏食が激しかったり、ファストフードやお菓子ばかり食べる、という子も少なくありません。目に良いとされるレバーやニンジンなど、栄養バランスを考えてしっかりと取るようにしたいですね。

⑥ストレスも関係?

また、一時的に視力が落ちたという場合にはストレスが関係していることも。そういった場合は、不安を取り除いたり、ストレスがなくなると視力が回復することが分かっています。

普段の様子から変わったことがないかなど、気にかけておくことも大切です。
子供 視力低下 原因

視力低下を予防するためには?

これ以上、視力低下してほしくない!と親としては思いますよね。視力低下の予防策や、対応策というのはあるのでしょうか?

生活習慣の見直しによって、進行を防ぐことはある程度可能とされています。

  • テレビやゲームの時間を決める(1日1時間 など)
  • パソコン・スマホは50分に1回、目を休める
  • 正しい姿勢で見る
  • 睡眠もしっかりと

他にも、直接光が当たらないよう照明に気を付けることも大切です。

これからも目を使う機会は増えていく一方です。視力低下を放置すると、様々な悪影響も考えられます。

視力低下が疑われる時はすぐに眼科へ行くなど、対策を取るようにしましょう!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ