夏休みの小学生高学年におススメ!自由研究はこんな理科実験で♪

今年も夏が来た♪夏休みまであともう少し…。山に海、旅行など楽しみなこといっぱいですよね。

特にどこかに行くことが無くても、夏休みは楽しいもの♪小さいころからダラダラすることが幸せだった私は、学校がお休みの夏休みはまさに天国。

ひまわり

いつもより遅く寝て、好きなことをして、朝は遅く…。もちろん親には注意されていましたが、休みの期間しかゆっくり出来ないんだから!と反抗していました。

今思えばもう少し計画的に有意義に過ごせば良かったのにと思いますが…。

ただ小学生でも高学年にもなると、塾の夏期講習や勉強が大忙し。宿題も多いし難しくなってきますよね。

そして夏休みと言えば自由研究に頭を悩ませる子は多いと思います。まずはテーマを決めることが難しい…。

自由な研究なので好きな題材で良いのですが、出来れば皆から「おぉ~っ」と声が上がるようなものが良いですよね♪

では夏休みの宿題で、小学生高学年の自由研究におススメな2つの理科実験を紹介します。

スポンサードリンク

高学年の自由研究はプラスが鍵

低学年の場合、子供ならではの何故?が良い題材になってくれるものです。

なぜタンポポの綿毛は飛ぶの?とか、何故毛虫が蝶になるの?とか…。子供の疑問って次から次へと湧いてきますよね。

1年生では学校で朝顔の観察があり、成長記録をつける授業があります。

このような植物の観察を自由研究にするのは、全学年にわたって人気が。日数も必要になるので、夏休みならではとも言えますね。

ただ観察日記だけなら低学年でも出来るので、高学年らしさを出すためには、もう少し掘り下げたものにしなければなりませんよね。

データ収集の多さも高学年ならでは!絵や写真を多く使いましょう。

例えば植物の成長記録に加え、種から発芽する為には何が必要かというような実験をプラスするとぐんと研究っぽくなります。

土の代わりに何を使うか、光はなくても発芽するのか、思いついたことを実験してデータ量を増やしましょう♪

ミョウバンの結晶作り

物質を水に溶かし、再び結晶を作り出すことを再結晶と言います。例えば海水を蒸発させると塩が残る。これも再結晶なのです。

塩は身近な物質なので実験としてはやりやすいですが、大きな結晶を作り出したいならミョウバンがおススメ。ちなみに私が五年生の時にこの自由研究をしました。

実験方法は簡単。まずは薬局でミョウバンを購入。沸騰させたお湯にミョウバンをこれ以上は溶けない!という量まで溶かします(飽和水溶液)。

そしてそのまま置いて水溶液の温度をゆっくり下げていくと、コップの底に結晶が出てきます。

出てきた結晶の一つを種として糸の先に結び、再びミョウバンの飽和溶液の中に吊り下げておくとその周りに結晶がつき大きくなっていきます。

物質はその温度で溶ける量が決まっているため、温度が高くなれば溶ける量も多くなる。

つまり水の温度が上がると、ミョウバンの溶ける量も比例して多くなり、温度が下がると溶けていた物質が現れるという現象が起こるのです。

さらに再結晶した物質は、溶ける前より純度は上がります。私が実験した時は3センチくらいの結晶になりました。上手くいけば透明でキレイな結晶になるんですよ♪

スポンサードリンク

物の燃える仕組み、炎色反応

火を使う実験は危険なので低学年では厳しい…いや、高学年でも親がいるときにやってほしいですが。

物が燃えるためには何が必要か、ママも昔学校で勉強した記憶があるのではないでしょうか。

物が燃えるためには酸素が不可欠。ビンの中で燃えている蝋燭は、蓋を閉めてしまうと消えてしまう。

この実験は学校でやるので、自由研究ではそれに加え、炎色反応の実験をしてみてはどうでしょうか?

金属塩によって炎の色が違うことを炎色反応といいます。最近ではお誕生日の蝋燭でも、色の付いた火が出るものがありますよね。

これはこの炎色反応を利用しているのです。花火も炎色反応を利用して色が付けられているんですよ~。

花火

炎色反応は中学校~高校生で勉強しますが、内容は難しくはないので小学生の高学年なら理解もきちんと出来るでしょう。

リチウムは赤、ナトリウムは黄色、カリウムは紫、銅は緑、カルシウムは橙、ストロンチウムは紅。

中でも薬局などで手に入る身近な物質はナトリウム(食塩)、バリウム(ホウ酸)、カリウム(ミョウバン)が実験しやすいかと。

サプリコーナーにあるカルシウムを砕いて利用するのも良いでしょう。

まずはそれぞれをアルミカップに適当な量入れ精製水を数滴たらし溶かします(溶けきらなくても大丈夫!)。

次にエタノールを10mlずつ注ぎ、燃やして色の違いを調べます。写真撮影しておくと良いですね。

ただ実験として、花火を分解して燃やすことはあまりに危険なのでやめましょう

ネットやスマホも活用して♪

高学年の自由研究は習ったことに自分の考えをさらにプラスして実験を膨らませていきましょう。そしてせっかくやるのだから楽しみましょう!

私のおススメはミョウバンの結晶作りと炎色反応についてです♪二つとも思わずキレイ!と言ってしまうような実験なので理科が苦手な女の子だとしても楽しめますよ。

ホームセンター等では様々な実験キットも売っているので、思い浮かばない場合はチャレンジしてみるのも良いですよね。

昔は図書館でちまちま調べたりしていましたが、今はネットが一般的。手軽に実験の方法も検索できるので大いに活用しましょう♪

最近では自由研究にスマホも活用することも。先日テレビでスマホに繋げられる顕微鏡を紹介していました。

拡大した画像は写真も撮れるので、そういったグッズがあればさらに実験を楽しむことが出来そうですよね♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ