小学生が不登校になったら?フリースクールってどんなところ?


もしも子供が不登校になってしまったら…?「不登校」は誰にでも起こり得ること。

どんなに今、楽しく学校に通えていて、そんな心配がなさそうな子でも、些細なことがきっかけで突然学校に行けなくなることも。

小学生は、勉強はもちろん、人間関係の基本を学ぶのです。そんな大事な時期に学校に登校しないなんて…!親としては無理やり引っ張て行ってでも学校に連れて行きたくなります。

だけどそこで焦ってしまったら、もう一度頑張ろうという気力もなくなってしまうかも…。

不登校になったって、家で隠れていなければいけない訳ではありません。世界はもっと広いんです!

様々な理由で不登校になってしまった…そういう子たちの為にあるのがフリースクール

だけどフリースクールって一体何するところなのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

では小学生が不登校になったときの選択肢、フリースクールについて勉強していきましょう。

スポンサードリンク

フリースクールってこんなところ

人間関係が辛かったり、勉強で周囲と差が出来てしまったり、中には親が原因だったり…不登校の原因は様々。子供の数だけ不登校になる理由は違うものです。

フリースクールは、そんな不登校になってしまった子をサポートしてくれる民間の教育機関です。

基本的に登校の時間は自由で、時間割は自分で決める、子供の主体性を尊重したスタイル。様々な行事もあります。

決められた小学校に6年間通わなければいけない…そう考えるととても苦痛なものです。だって小学校は、大学のように本人が「行きたい場所」という訳ではないんですから。

通うメリットとは

子供が不登校になって不安に思うこと…挙げたらきりがないでしょう。フリースクールはそんなママの不安も和らげてくれる場所と言えます。

では子供がフリースクールに通うメリットを見ていきましょう。

スポンサードリンク

勉強面でのサポート

中学校までは義務教育…つまり勉強の基本を学びます。なんらかの理由で不登校になってしまうと、勉強の面でも心配に。

フリースクールでは学校と同じように学習することが。しかも通っている子たちの学習のレベルに合わせて少人数や個別で指導してくれるんですよ。

学校の授業に進度に合わせた授業をしてくれる復学を目指す子供のためのフリースクールもあるんですよ。

人間関係でのサポート

家にいても勉強は出来る…だけど学校に行けずに子供同士の関わり合いが無いのは、今後の人付き合いが苦労しないかしら…?そう心配するママも多いでしょう。

子供自身も1度不登校になってしまうと、復学するのは非常に不安なもの。

いっそう新しい環境に飛び込んで、ゼロからのスタートをしてみるのも一つの手段です。実際その方が気持ちが楽だったりします。

フリースクールには、同じ境遇の子もたくさん。同じ悩みを持っているので、打ち解けやすいということもありますよ!

居場所づくり

人間は、居場所が多い方が生きやすいですよね。私自身、引っ越し直後の居場所が家庭だけのときは息が詰まりました。

近くに友人もいない、実家も遠い、家では乳飲み子と二人きりの生活…なんとか抜け出したくて毎日外出していましたね。不登校の子も、そういった気持ちなのでは?

自分の家以外にも学校、習い事、塾などで築いた人間関係の中に存在する自分の居場所があるのはとても安心するものです。

フリースクールは、そんな子供たちの居場所になってくれる場所なんですよ。

将来を考えて

フリースクールは、不登校の子供の勉強面でのサポートが充実していて、同じ年齢の子供と関わることもでき、子供の居場所となることのできる場所です。

高学年になれば、親にも吐き出せないような悩みも抱えるようになるでしょう。

もし子供が不登校になりどうしたら良いのか悩んだら、フリースクールに通うという提案をしてみるのはどうでしょうか。

不登校が原因で将来の人間関係の構築に苦労したり、行きたい学校へ進学出来なかったりのは非常に残念なこと。

フリースクールに通うことで将来ベストな選択が出来ることもあります。

ただ様々な民間団体がフリースクールを運営しているため、かかる費用はその学校によって違います。中には驚くほど高額な学校も…。

教育方針や目的も違いますので、まずは資料請求をして子供に合った学校を。

ただ無理に行かせるのは逆効果。絶対に行かなければいけない強制的なものでもありません。本人が望まなければ、何も変えることは出来ませんものね。

中学校までは、在籍していれば卒業は可能。不登校の子は心が傷ついている状態です。まずはゆっくり心の回復を…。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ