そろばんは小学生におすすめ!その効果は大人まで影響!

お子さんにそろばんを習わせたいと思いますか?

でも学校でも教えてくれるから、特にやらなくてもいいかなって思っていますか?

小学校の授業では、本当に短い期間にそろばんを教わります。

そろばん本体

そろばん教室にでも通わなければ、そろばんを買ってもそれ以上使うことはありません。買う意味あるのかな? やる意味あるのかな?って思われる方も多いと思います。

学校によっては共同購入ではなくて、学校のそろばんを期間中だけ貸し出してくれるところもあります。ますます必要性がないように思えますよね。

それでも、短くても学校で全員習う意味があるのです。そして子供の頃にやった習い事の中で無駄だったという話には、そろばんは全くと言っていいほど登場しません。

級や段を取るだけがそろばんの目標に思われがちですが、それ以外のメリットが実はたくさんあります。大人になってからも役立っていると実感している方がたくさんいます。

今回は小学生でそろばんを使っておくと、いろいろな効果が得られることをご紹介します。

スポンサードリンク

学校で必須で習う意味は?

小学校でそろばんを教える理由には色々あります。算数としては、「大きな数の位を視覚的にとらえる」ことで、右脳に働きかけるという効果を期待できるという理由からです。

また、総合的にも「古くから使われてきた計算機」を認識させることも、あらゆる考え方に広がりを持たせると言う意味合いもありますよ。

それでも本当にそろばんの授業は短いです。もしかすると、教える先生も習ったことが無いのかな?って最近思います。

我が家の場合、長男の当時の先生は40代そこそこの年齢の方で、そろばんの授業が長かったのです。宿題も出ましたし、しばらく計算テストでそろばん使ってもいい期間がありました。

ところが長女次女の先生はとても若くて(20代)、まともなそろばんの授業が1回だけだったんですよ!

そろばんの達人を呼んで一度レクチャーがあって、あとは教科書の単元をさらっとやった位。(あとは自分でやっていいよ、というノリで驚きました。)

ということは、学校での授業程度ではまったくそろばんを習ったと言う事にはなりません。事実、長男は相変わらず算数苦手です。そろばんを使うことさえ苦痛だったようです。

やはり算数の授業で教える位だけでは、定着したことにはならないのですね。

そろばん教室でやっていることは?そろばんをはじくだけじゃない

それでは、そろばん教室ではどんなことをやっているのでしょうか?

教室ごとの特色があるので一概には言えませんが、私が見学したりお友達が通っていた教室の内容をまとめます。

礼儀と物の大切さを教える

礼儀が大前提のところが多いです。多くのそろばん教室では靴を脱ぐので、まずは靴をそろえて入室を徹底。あいさつはもちろんです。

またそろばんという道具を使うので、物を大事に扱うことも徹底しています。

読み上げやそろばんを使わない授業もある

教室に入っていきなり、「願いましてはー」と始まるわけではありません。頭の準備運動のようなことをいくつかします。

簡単なドリルを解いたり、声に出して計算を読んだり、最近ではパソコンを使ったフラッシュ暗算もありますね。

結構毎日やっている

他の習い事と大きく違うのが、時間や曜日の自由度でしょうか? 大体週何回とざっくり決めたらあとは、教室の空いている時間で都合が良いときに通う感じが多いです。

これなら他の習い事や用事にかぶって通えない、ってことも無いですね。また検定前に集中して通ったり、自分でスケジュール管理も出来ますよ。

実力がわかりやすい

「競争ばかりが世の中じゃない」とは思いますが、それでも競争心を持つことや自分がどれくらいのレベルなのかは把握するのは大事ですね。

級や段を取ることで、自分の実力がわかりますし目標も出来ます。

スポンサードリンク

大人になっても役にたつ!そろばんの効果いろいろ

最初に「大人になっても無駄だったと答える人が少ない」と書きました通り、一生を通じて役に立つそろばんでは何が身につくのでしょうか?

計算(暗算)が早い

これがまずは一番ですね。手元にそろばんが無くても、頭の中にそろばんがパチパチ動いていると昔から良く聞きます。

簡単な足し算引き算だけでも、桁の大きい計算を暗算で出来るのは大きな違いですね。

集中力がつく

問題を読み上げられてそれを計算する方法を習いますので、集中力がかなりつきます。

特に瞬間的な集中力がつくので、大人になっても色々な作業に間違いが少なくなっているのでは?と感じる方が多いようです。

記憶力がつく

これはそろばんをやった実感とは沸かないかもしれませんが、人間は物を覚えるときは五感をフルに使ったものの方が良く覚えているそうです。

その点ではそろばんはまさに適しています。

読み上げを聞く、指でそろばんをはじく、目でそろばんの玉を見る、声に出して読む、大人になって老化防止に習う方もこれを期待しているのだと思います。

なぜ嫌がっちゃったの?私の母が教えてくれたベストタイミング

いいことだらけに感じるそろばん。ところが何とか習わせたいのに子供が嫌がったり、興味を持ってくれなかったなんてことはないでしょうか?

しりあいの子達も、数ヶ月で行きたがらなくなる子もいました。逆に中学生になっても続ける子もいました。

どうしても苦手な子もいるかもしれませんが、やはり「タイミング」が一番だったのかもしれません。

そろばん女の子

やめてしまった子の大半が、他のお友達が始めてママたちが一緒にやろうって始めた場合が多かったです。子供達が興味を持つ前に始めてしまうと、お行儀や宿題でつまづいているように思えました。

そんなときに思い出したのは、私の母の方法でした。母もそろばんを見よう見真似で覚えて、級や段を取ってはいませんが今でも帳簿の計算はそろばんを使っています。

何度も「やってみたら?」と子供の頃は誘われましたが、私はまったく興味を持ちませんでした。

それでも授業でやり始めたり、お友達が始めているのを見て少しずつ興味を持ち出して、その頃にそろばんを買ってもらいました。

そろばん教室が通うのには遠かったので、結局自宅で母に教わりました。簡単なそろばん用ドリルを買ってもらい、遊び感覚で出来ました。

今思えば、母親が使っている様子を見たり、誘いはしましたが興味が沸くまで無理強いしなかったのが、私が始めてみたきっかけだと思います。

いかがでしょうか?いいことづくめのそろばんなので、ぜひお子さんが興味を持つようにすすめてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ