新生児の外出はいつから大丈夫?冬の時期に気を付けること!

赤ちゃんが生まれて、お母さんも少しずつ育児になれてくると、気分転換に、外出をしたくなりますよね。

また、上にお子さんがいると、保育園の送り迎えなどで、外にでないといけない機会があります。

ねる子

それが、冬の時期に出産したのであれば、赤ちゃんの服装や病気の感染など不安に感じることがありますよね。

私も、冬の時期に出産したときは、1か月経過しても外は寒いので、外出を行うのに抵抗を感じていました。

それが、1ヶ月にも満たない、新生児だと、外出するのはなおさら心配ですよね。でも最近は、2週間検診があるとか!!

そこで、今回は、新生児の外出はいつから大丈夫?冬の時期に気を付けることについて紹介します。

スポンサードリンク

新生児の冬の外出はいつから大丈夫?

赤ちゃんを産んで、産婦人科を退院したら、今までと違う生活をすることになります。

夜も授乳で、寝れなかったりして、お母さんの体調もまだ万全とは言えないです。

また、赤ちゃんも体温調節が難しいので、生後1ヶ月経過するまでは、外出は控えた方がいいです。

でも、今では生後1ヶ月検診以外にも、2週間検診がある産婦人科も多くあります。

その時に、初めての外出を行う、お母さんと赤ちゃんがほとんどだと思います。赤ちゃんとの初めての外出で、ちょっと緊張してしまいますよね。

生後2週間で、外に連れて出るのは、まだ赤ちゃん自身抵抗力が低く、感染してしまう可能性が高いので、人ごみを避けて、短時間にしましょう。

検診以外は、なるべく生後1ヶ月経過するまでは、外出は避けるようにして下さいね。

1ヶ月を過ぎても、冬の時期は、とても気温も低くて、寒くなっているのできちんと暖かい格好で外出をしてください。

少し慣れさせるように、検診が始まる数日前から、暖かい時間帯に1時間以内なら、ベランダなどの出て外気浴させてあげるるといいですよ。

私も、自分自身の気分転換を含めて、少しの時間だけ外気浴を行っていました。

やはり、急に外に出すと、冷たい風とかで、赤ちゃんがとても可哀想に感じてしまうので、外気浴はいいと思います。

冬の時期は、気温が低くなっているので、外出はもう少し暖かくなってからや、昼間の暖かい時間帯に行うのがベストです。

冬の新生児の外出!赤ちゃんにはどんな服装をさせたらいい?

赤ちゃんは、生後数か月は体温調節が難しいと言われているので、どのような服装をしてあげたらいいのか悩みますよね。

新生児には、大人の着ている枚数プラス1枚を着せてあげるのが、目安です。

赤ちゃんは月齢が進むと、汗線が発達してくるので、大人と同じ枚数で大丈夫になってくるので、成長に合わせて服装を調整してあげてくださいね。

室内で過ごすのであれば、生後1ヶ月までは、短肌着+長肌着+カバーオールを合わせてあげたらいいです。

でも、外出するときは、それに厚手のカバーオールを合わせてあげるのがおすすめです。おくるみも、赤ちゃんを包み込んでくれるので、おススメです。

外出時は、脱ぎやすい服装なら、すぐに対応できるのでいいですよ。また、靴下と帽子も忘れないようにしましょう。

冬でも、暖かい時間帯があるので、赤ちゃんの様子をしっかり観察してあげてくださいね。

また、新生児の赤ちゃんは、まだ体温の調節が難しいので、外出するときはなるべく気温の変動を与えないようにしてあげることがポイントです。

外出時などは、車を利用して、家の前ですぐに乗れるようにするのがいいです。

スポンサードリンク

どうしても外出しなければならない時に気を付ける事は?

赤ちゃんが生まれても、上の子がいたりすると、外出をする機会が増えますよね。

私も出産したとき、上の子が外で遊びたかったり、保育園の送り迎えで、外出機会が結構ありました。

とくに冬の時期は、寒くて赤ちゃんを外に出すのに抵抗を感じましたが、いろいろな面で気を付けました。

外出で、1番気を付けないといけないのは、外出時間です。新生児の赤ちゃんは、とても疲れやすいので、初めの外出は短時間にしてあげてくださいね。

哺乳瓶2

また、新生児の赤ちゃんは抵抗力があまりないので、外出時は人ごみを避けて、交通機関を利用しないようにしましたよ。

特に、冬の時期は、人ごみを避けるようにしてくださいね。風邪やウイルスに感染してしまう危険がありますからね。

冬の時期は、寒いので外出することに抵抗を感じることがありますが、いろいろなことを気を付けることで安心して外出をすることが出来ます。

お母さんの気分転換を行うにも、外出することはいいことですが、赤ちゃんに負担をかけないようにしてあげてくださいね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ