妊娠後期♪正産期のおすすめの過ごし方って?

いよいよ赤ちゃんとの対面の時が近づいてきました。妊娠後期ともなると、おなかも大きくなるし、動くのもやっとになってきますよね。
妊娠 正産期 過ごし方
でも、もうすぐ出産。赤ちゃんに会えるまでもうひと頑張りです。赤ちゃんを迎える準備もしつつ、マタニティライフを楽しみましょう。

正産期にもなると、赤ちゃんも下がってきて出産も目の前です。検診も週に一度になり、いよいよママになる実感もわいてきましたか?

正産期とは、妊娠37週0日~41週6日の時期で、赤ちゃんもママも準備万端!産まれてくるにはちょうど良い時期♪というまさに産み月です。

臨月も過ぎ、いよいよ正産期。ということは、いつお産が始まるかわからない?!どうやって過ごそう?赤ちゃんに会える期待と、出産に対する不安もありますよね。

具体的にはどうやって過ごしたらいいのかわからない・・・という人も多いのではないのでしょうか。

妊娠時の正産期の過ごし方って?この時期の気になる過ごし方についてまとめてみました♪

スポンサードリンク

どのくらい運動する?外出はどうする?

臨月を過ぎると、どんどん運動してもよいって聞きますよね。出産に備えてウォーキングをしたり、階段の上り下りをしたり・・・。

陣痛がつくように、スクワットをする人もいます。赤ちゃんを早く産みたい!という気持ちもわかりますが、やりすぎには注意しましょう。

ちなみに、階段は上りよりも下りのほうが効果があるそうです。安静も大事ですが、できる範囲で動いたり、外出したりも気分転換になりますよ。

長距離の移動は控えましょう

正産期に入っているのなら、いつお産が始まってもおかしくありませんので、長距離の移動や旅行は控えたほうがベターです。

何かあったときに、すぐに病院へ行けるくらいの距離にしておきましょう。また、外出の際には必ず保険証と母子手帳は携帯しておきましょう!

なるべく、1人で外出せずに家族や友人とでかけることをオススメします。

ほかに気を付けることは?

その他には、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?注意したいことをまとめてみました。

体重の増加に注意

赤ちゃんが少しずつ下がってきているので、胃の圧迫もなくなり、食欲が増進してしまう場合もあります。この時期は赤ちゃんも充分育っているので全て自分についてしまいます。

最後の最後まで体重管理はぬかりのないよう、気を付けましょう。

スポンサードリンク

荷物はまとめて分かるようにしておく

臨月くらいから、入院用の荷物はまとめている人も多いと思いますが、もう一度入院に必要なものを確認して、ひとまとめにしておきましょう。

自分が全て持って行くとも限らないので、家族にどこにあるのかを説明しておくことも大切です。

母子手帳なども、すぐにわかる管理しやすい場所に保管しておきましょう。

イメージトレーニングをしておきましょう

もうすぐ出産です。出産の当日は、バタバタとあっという間に過ぎていきます。陣痛が起きた時に備えてイメージトレーニングをしておくことも大切です。

また、おっぱいマッサージも忘れずにしておきましょう。

マイナートラブルもあと少し

私の場合、妊娠後期から尿漏れに悩まされました。まさか尿漏れをするなんて?!とかなり驚きましたが、妊娠中はよくあることなんです。

このまま、出産後も尿漏れをしたらどうしよう…と不安になっていましたが、出産後はぴたりと止まりました。やはり、赤ちゃんが下がってくることで、膀胱を圧迫していたようです。

そして、2回目の妊娠の時もやはり尿漏れを経験し、その後は治まっています。
ƒ妊娠 正産期 過ごし方

また、便秘になったり動機や息切れがしたりと、妊娠後期のマイナートラブルも起こることもありますが、出産まであと少しです!

おしるしや、前駆陣痛、前期破水もこの時期に起こってもおかしくありませんので、気を付けておきましょう。

おしるしがあった場合なども、あわてず病院へ電話をして指示を待ちましょう。破水をしてしまった場合は、早めの連絡をしましょう。この場合も、どうか焦らないでくださいね。
赤ちゃんが生まれると、毎日忙しくなります。夫婦だけでお出かけする機会も減るので、この時期に一緒にお出かけをするのも良いですね。

おいしいものを食べたり、リラックスをしてゆっくりと過ごすことが大切です。無理をせず、心を落ち着けて、赤ちゃんとの出会いの時を待ちましょう。

長かったような妊娠生活もあと少しです。残り少なくなってきたマタニティライフをしっかり楽しんでくださいね♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ