臨月でお腹の張りで苦しい時! その対処法は?

臨月を迎えた妊婦さん、あともう少しで赤ちゃんと会えますね♪妊娠後期からちょくちょくお腹の張りが気になっていたけど、臨月になってさらに強くなったなんていうことはないでしょうか?

1臨月

臨月のお腹の張る感じには個人差があり、あまり感じないという妊婦さんもいれば、歩くのも苦しいと感じる妊婦さんも。。

私の場合、一人目の時は、小さく産まれてきたせいか、お腹の張りは臨月になってもそれほど強くは感じませんでした。

しかし、二人目、三人目の時は様子が違って、臨月では、ちょっと動くとお腹が固くなって、張りを感じる時もありました。

それほど痛くはなかったけど、お腹の赤ちゃんは大丈夫かな?と心配になったものです。

「臨月のお腹の張りは当たり前だから、気にせず動いて!」とも言われます。でも今まで「お腹が張った時は安静にして下さい」と指導してもらっていたので、動き回ることに戸惑いも…。

そこで、臨月に頻繁に起こるお腹の張りについて調べ、苦しい時の対処法を見てみました

スポンサードリンク

臨月にお腹が張って苦しいのは普通なこと?

臨月のお腹の張りは、主に妊婦さんが体を動かしたり、お腹の中の赤ちゃんが動いたりで、子宮が収縮することで起こります。

私の場合、お腹が張った時、たくさん食べた時や便秘の時のように鈍痛があったりしました。

ひどい時は、お腹がボールのように固くなり、下手に動くと出てきそうだと思う位苦しいこともありました。

お腹が張りそうだなと思いながら、休まないで動いてしまったり、無理をしてしまった時は余計苦しく感じたかもしれません。

なので、お腹が張った時は、無理をせず、座ったり横になったり、深呼吸をして様子を見て下さい

また、過度のストレスや冷えで、お腹の張りを感じやすくなるので、それも要注意ですね!

臨月のお腹の張りの回数は、増えていくものなので、全く普通のことです。

それに、臨月になると健診の回数も増え、エコーや内診の他に、NST(ノンストレステスト)でお腹の張りの状態もわかり、不安なことも相談できるので、過度に心配することはありません。

しかし、立っている時はいつもお腹が張っていて、ちょっとした動作も一苦労で、苦しくて思うように動けないもどかしさから、精神的にもまいってしまっている妊婦さんも実は多いのです。

その苦しさは、周りが思っている以上のはずで、そういう時こそ我慢せず、周りの方に頼ってしまう事をおススメします!

私は、お腹の張りなどで苦しい時は、休みの時や夜に、旦那に掃除や洗濯をお願いしていました。頼られた方は、その辛さを共有しようとし、応援してくれると思いますよ♪

そして、正期産の37週を過ぎて、お腹の張りが落ち着いていたら、出産に向けて体力をつけるためにも、無理のない程度に体を動かしてみましょう♪

スポンサードリンク

寝ていてもお腹の張りがあって苦しい時には?

私だけではなく、ママ友さんも夜、寝ている時にお腹の張りを強く感じたと言っています。

しかもキューッと押される感じで、昼間の時とまた違った苦しさを感じる事も。

これは、ホルモンの関係でそう感じやすいという説もありますが、夕方から夜にかけて一日の疲れが出ることが関係しています。

また、仰向けで寝たり、寝返りをする時お腹が張って苦しく感じることはないでしょうか?

仰向けで寝ると、お腹が大きくなってきたことに加え、お腹の赤ちゃんの動きをより感じるため、お腹の張りを感じやすいそうです。

2臨月

また、右側を下にして寝ると、下大静脈は右寄りにあるので、子宮が圧迫されてお腹の張りを感じる事も。左側を下にして寝るのがおススメです!

お腹の下に枕やクッションを敷いて楽になったというお友達もいるので、試してみてはどうでしょうか?

この不規則なお腹の張りは前駆陣痛?

私は、臨月時に、それほど強くはないのですが、不規則にお腹が張る前駆陣痛がありました。

前駆陣痛の感じ方にも個人差があるのですが、私は、一人目の時より、二人目、三人目の時の方が、長い期間ありました。

私の場合、お腹が張るというより、うずく感じだったのですが、強くお腹の張りを感じる妊婦さんは本陣痛なのでは?と不安になるかもです。

お腹の張りや陣痛らしきものが、規則的に始まったとしても、痛みが強くなることがなく、間隔が狭まらずにおさまるなら、それは前駆陣痛です。

私の場合、二人目、三人目は前駆陣痛が2~3週間ありましたが、前駆陣痛があると、もうすぐ本陣痛がくるはずです♪

ただ、こんな時は病院に連絡してみてください!

お腹の張りが休んでも治らなくますます強くなる
いつもと違う耐えられない痛み
内診後やおしるし以外の出血

お腹の張りの不快さも軽減され、より良い出産になる事を心から願っています♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ