臨月の外出に電車は大丈夫かな??

妊娠36週!いよいよ臨月突入ですね。お医者さんから「たくさん歩いてね」と言われている人も多いのではないでしょうか??

中には、じゃあ、たくさん外出しよう!!大好きなイベントにも行きたいな♪友達に会いたいな♪距離は電車で1時間くらい…。

臨月外出電車

出産したら当分行けないだろうし…たくさん歩いてって言われたし…行っても大丈夫かな??なんて悩む人もいませんか??

私も、臨月の時、主人と最後の思い出に、電車で1時間くらいのところにあるレストランに、食事に行こうと言う話に!

でも臨月で、遠出することは、やっぱり悩んだり躊躇してしまいますね。私も心配で考えてしましまいました。

特に電車移動だと、移動中に万が一!!なんてことになったら…と不安です。臨月の外出に電車は大丈夫でしょうか??そんな疑問をまとめてみました。

スポンサードリンク

臨月の電車移動は賛否両論

私が、臨月の時、主人と電車で1時間くらいのレストランへ行こうという話になり、結局どうしたか??

私は行きました。ちょうど妊娠37週のときです。けれど電車はやめました。移動は1時間半くらいかかりましたが、乗り物は車にしたんです。

電車だと、もしもの時周りに迷惑がかかるし、ちょうど季節がら、人混みはインフルエンザも心配だなあと主人に相談しました。

すると、じゃあ車を借りようか!ということになり、レンタカーを予約、当日は念のためナプキンをあて、タオルを敷いて座りました。

車は、何かあったらそのまま病院へ迎える!という安心感と、自宅から座っているだけで良かったので、体も楽ちんで、気楽に移動できて良かったです。

結果は、特に何事もなく、主人とゆっくり過ごせたので良かったなと思っていたのですが、周りの反応は…!?

賛否両論でした。私も電車に1時間くらい乗ってイベントに行ったよ〜という声もあるのですが、臨月で電車に長時間はなし!車でも微妙!という声も多かったです。

なぜ臨月で電車移動は好ましくないのか??臨月での電車移動のリスクはなんでしょうか??下記にまとめてみます。

スポンサードリンク

電車のリスクは!?

やはり臨月での電車は、もしもの時周りに迷惑がかかる、人混みの中で感染症や横転リスクも高くなる、といった懸念があります。

乗り換えなどがあれば、移動もなかなか大変です。無事に行けたとしても、帰りの電車などで、疲れがどっと出る可能性も!!

また、目的地が遠ければ、そこで破水や陣痛がきた場合、病院まで移動するのも時間がかかります。

なので電車移動は、1駅2駅の距離(10分くらい)がベターです。万が一破水や陣痛がきても、すぐに降りれますし、自宅からの距離もそんなに離れないので安心です。

出来れば1人ではなく、誰かと一緒の方が安心ですね。移動中はナプキン等をあてておくのも、良いかもしれません。

脅かすわけではありませんが、私と同時期に妊娠した友人が、妊娠38週の時、電車内で移動中に人にぶつかられ転倒し、破水してしまった!ということがありました。

その子は無事出産しましたが、電車は、改札や階段など人の往来が激しいですし、車内が混雑する可能性も!!

妊娠経過は順調でも、人ごみでは何が起こるかわかりません。友人の例は稀かもしれませんが、誰にでも起こる可能性はあると思います。

臨月外出電車2

  • 長距離移動は車が安心

もしも、親族等の集まりで、どうしても1時間以上離れたところに行かないといけない!という時は、電車ではなく車が良いかも!

陣痛や破水の場合もそうですが、お腹が張ったり体調が悪くなってしまったら、さっと帰れます。

でも最初からお腹の張りがあったり、お医者さんから安静指示があったり、なんとなく不安…という時でも、事情を話して欠席させてもらいたいですね。自分の身体が1番です!!

最後は自己責任

お医者さんによく言われる「たくさん歩いてね」は、「遠出してたくさん遊んでね」という事ではなく、あくまで自宅周辺で…ということだと思います。

私は、もし今臨月の友人から、電車で長時間移動があるところに遊びに行く…と聞けば、電車移動は何かあったら大変!控えた方が良いよ!と言うでしょう。

電車で遊びに行くな!という事ではありませんが、臨月のランチなどのお出かけは、なるべく自宅や産院から離れない距離で楽しみたいですね。

あとは自己責任。もしそれでも自宅や産院から、1時間以上離れたところに電車で行く場合は、必ず誰かと一緒に行動しましょう。

そして混雑する時間帯は避け、体に無理のないよう早めに切り上げるほうが良いと思います。

母子手帳などは、必ず持ち歩くように!携帯電話にも、病院の連絡先などはきちんと登録して、準備万端で行って下さい。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ