烏龍茶にもカフェインがあるので妊婦は要注意!妊娠中は飲んじゃダメ?

妊娠すると、お腹の赤ちゃんのためにすごく体に気を使うようになりますよね。

特に口にするものは、そのまま赤ちゃんの体をつくる大事な栄養になります。

烏龍茶1

食べ物の場合は、カロリー控えめでバランスよく!と想像はつきますが、意外に苦労するものが飲み物です。

好みは人それぞれ違いますが、毎日口にする飲みものはだいたい同じですよね。

私はコーヒーやお茶が大好きで毎日欠かしたことがありませんでした。

コーヒーやお茶が好きな人にとって、立ちふさがるのがカフェインです。妊婦にはカフェインはダメということはもはや常識ですよね。

コーヒーに代表されるカフェインですが、実は多くの飲み物に含まれています。

中でも烏龍茶のカフェインは、認知度が低く、烏龍茶なら大丈夫!と知らずに飲んでしまっているケースが多いようです。

では、烏龍茶にも含まれるカフェインは妊婦にとってどのような影響があるのでしょうか?

スポンサードリンク

どうしてカフェインがダメなの?

カフェインには、脳の興奮作用、利尿作用などがあり医薬品にも使われます。

ですが、良質な睡眠の妨げや、胃腸障害、また依存性が高いこともあり過剰な摂取は体に決して良くないのです。

特に妊娠中は代謝速度が遅いためカフェインを分解、排泄するのに時間がかかり、体の中に長く残ってしまいます。

そしてカフェインは胎盤を通って、ママと同じ濃度で胎児に移行してしまいます。

胎児は肝臓の機能が未熟なため、カフェインを分解、排泄できずに、高濃度のカフェインを体内に留めてしまうのです。

影響としては、カフェイン摂取量が1日150mg未満の妊婦に較べて300mg以上摂取する妊婦の流産のリスクが2倍に、コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。

意外なものにカフェインは含まれている!

妊娠中に気を付けなければいけないカフェインですが、多くの飲み物に含まれています。

コーヒーのカフェインは容易に想像がつきますが、ほうじ茶、コーラなど意外な飲み物にも含まれているので注意しなければなりません。

烏龍茶もその一つです。すっきりとした味わいで飲みやすく、ファンも多いのではないでしょうか。

実は烏龍茶は緑茶と同じツバキ科のチャノキを原料として作られているため、カフェイン量は100ml中に20mgと緑茶と変わりません。

では何が違うかというと、緑茶は茶葉を発酵させずに乾燥させたもので、烏龍茶は、発酵を中程度にとどめたものなのです。

また、紅茶は完全に発酵させたものですので、烏龍茶は紅茶と緑茶の間のお茶と言えます。

スポンサードリンク

飲んではいけないの?

では、妊婦は烏龍茶を飲んではいけないのでしょうか?

すでに飲んでしまっていた場合は、お腹の赤ちゃんが大丈夫か不安に思いますよね。

これまで烏龍茶に含まれるカフェインのリスクについて書きましたが、妊婦は絶対に飲んではいけない!というわけではありません。

私も妊娠中に無性にカフェインの入った飲み物が飲みたくなり、我慢できずに飲んでいました。

確かにカフェインは妊娠中にはあんまり良くありませんが、摂取量を守れば毎日飲んでも大丈夫なものなのです。

摂取量は1日300㎎以内ならば過剰摂取にはならないと言われていますが、妊婦ですので、1日コップに1~2杯程度に楽しみましょう。

烏龍茶2

カフェインが含まれているといっても、烏龍茶のカフェイン量は100ml中に20mgなので、コーヒーの約半分量です。

他にも烏龍茶には、カフェイン、カテキン、テアニン、テアニン、ポリフェール、タンニン などの成分が含まれています。

これらの働きによって、利尿作用、肥満防止、抗菌・ガン予防、高血圧予防など多くの効能があると言われています。

また、リラクゼーション効果のあるアミノ酸の一種のテアニンにより、リラックス効果があるといわれています。

ですので、他の飲み物と比べると烏龍茶は妊婦にも飲みやすいと思います。

しかし念のため、食前食後30分ほど時間を開けて飲むようにしましょう。

烏龍茶の代わりはある?

烏龍茶を飲みたいけれどカフェインが含まれているならやっぱりやめたいと思う方も多いと思います。

烏龍茶のかわりとして飲むならば、杜仲茶かルイボスティーを選ぶ方が多いみたいです。

どちらもノンカフェインなので安心して飲めます。

私はよくルイボスティを好んで飲みますが、すっきりしていてアイスで飲むと美味しいですよ♪

妊娠中に飲むならばノンカフェインの飲み物が良いとはわかっていても、味に飽きてしまったり、慣れなかったりしてなかなか苦労するんですよね。

カフェインには気持ちをリラックスさせてくれる効果もありますので、飲めずにストレスになるくらいならば、摂取量を守ってストレスないマタニティライフを送りましょう♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ