臨月の胎動が激しいと出産はまだ?破水する心配はないの?

長い長いと思っていた妊娠期間、胎動に感動したり、食べ物に神経質になったり、どんどん大きくなるおなかなど、自分の心や体の変化に戸惑ったり、いろいろなことがありましたね。

しかし臨月になったころ私は思いました。・・・いい加減妊娠に疲れた

いつから

もういつでてきても大丈夫のころになると、早く出てきてほしい反面、出産の恐怖におびえるという、あい反した気持ちがせめぎあって、情緒不安定さ最高潮。

私は4回の出産経験がありますが、臨月の時期は何回やっても、毎晩寝るのが怖かったり、ちょっとしたことでも「陣痛かっ?!!」とびくびくしていました。

たとえるなら、人生がかかった試験前日が何日も続くような、大勢の人が見ている舞台そでで出番を待つような、緊張MAX状態が続いている感じです!

さらに臨月になると、もうさすがに最終形態だろうと思っていた、自分のおなかの形や胎動などにも変化が現れます。

臨月の胎動は減る?激しくて破水しないの?危険な胎動の特徴などまとめました!

スポンサードリンク

臨月の胎動は弱いってホント?

臨月に入ると赤ちゃんは、いよいよ出産に向けて準備を始めます。具体的には赤ちゃんが、子宮の中で下に降りてきて、骨盤の間に収まるような状態になります。

見た目にも突き出していたおなかが、下のほうに下がっているのが分かるようになり、まさにゲートインといった感じですね。

赤ちゃんの体が成長したことと、骨盤の間に赤ちゃんの頭が、固定されることにより、子宮内で動けるスペースが減るので、一般的には胎動の回数が減り、力加減も弱くなる傾向にあります。

赤ちゃんは臨月のころ20分から30分ごとに、眠ったり起きたりしているので、ぐるりん回転などの激しい胎動はなくなりますが、手や足を動かすので、まったく胎動がなくなることはありません。

体感の変化としては、赤ちゃんが下に下がるので、胃がすっきりした感じになり、骨盤の中で動かれると下腹部に痛みを感じる人もいるようです。

同じ人でも子供によって妊娠時の胎動が違うものです。中には臨月でも痛いほどの胎動を感じ、分娩時も動いていたという人や、臨月までずっと穏やかな胎動しか感じなかったという人います。

胎動が少なくて心配?胎動カウントで確認!

臨月の胎動が弱くなるとわかっていても、元気がないんじゃないかと心配になりますよね。

もし胎動を全く感じなくなった時は、赤ちゃんにトラブルが起きているのかもしれません。丸一日動きを感じない場合は、すぐに病院に連絡をしましょう。

心配になった時、胎動で赤ちゃんの状態を確認できる、胎動カウントで赤ちゃんの健康状態を、チェックしてみてください!

胎動カウントのやり方

1.横になるか、座ってリラックスします。

2.おなかに意識を集中させて、10回胎動を感じるのに何分かかるか計ります。

臨月の胎動は、30分以内で10回感じられるはずです。

もしも1時間に10回感じることができなかったら、寝ているか休憩しているのかもしれないので、半日後にもう一回試してみてください。

それでも1時間に10回感じられなかったら、赤ちゃんが動けないような異常事態が発生しているのかもしれませんので、すぐに病院に連絡しましょう。

赤ちゃんはママの気持ちの変化に敏感です。胎動を感じようとして、神経をはりつめたストレス状態でいると、赤ちゃんも不安になって動きが止まるそうです。あまり神経質にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

激しすぎる胎動で破水はしないの?

臨月になると赤ちゃんが胎盤の底ギリギリにいるので、普通の胎動でも痛みを感じ、破水してしまうのではないかと心配ですね。

私は「やばい!今の破れたかも?!」というぐらいの激痛(胎動)を感じたことがあります。びっくりしましたけれど、もちろん破れてませんでしたよ。

病院で聞いてみたところ「胎動では破れませんよ~元気に動く分には心配ありませんから、もうすぐでてこれるよ~って話しかけてくださいね~」とにこやかに言われました。

臨月で心配なのは、赤ちゃんの心臓が弱り、胎動が全くなくなることです。胎動があるということは、元気な証拠なので心配しないようにしてくださいね。

ただ切迫早産で安静にしていた人は、胎動だけでなくちょっとしたことで、破水する危険がありますので、生まれても大丈夫な時期までは安静を心がけましょう。

赤ちゃんはだいたいお母さんが眠っている時に動き、お母さんが起きて動いている時は、眠っていることが多いようです。車に揺られているようなかんじなのでしょうか。

寝ようとすると元気に動きだして、痛くてよく眠れない・・ということもあるようですね。

そんな時はノンカフェインのハーブティーなどを淹れ、リラックスするように心がけましょう。

臨月1

骨盤ベルトは妊娠線予防にも効果あり!

胎動が気になる場合や張りが不快な場合は、骨盤ベルトを使うと安心感があってリラックスできます。きつく巻くと逆効果なので、きつくならないように、支える感じで巻きましょうね。

私は臨月でさらに体重がぐんと増加し、初期から妊娠線用クリームなどで死守してきたおなかに、ここにきて毎回新たな妊娠線を刻むという結果に。

胃のスペース拡張にともなって肉増量+横伸び限界からの重力方向に向けて赤ちゃん下垂=妊娠線発生率アップということだったんです!

妊娠後期のおなか補助の骨盤ベルトは、腰の負担を減らすだけでなく、妊娠線予防にも効果あり!しっかり支えておなかの皮膚の負担も減らしてあげましょうね!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ