妊娠中にポテトが無性に食べたくなるのはなぜ?意外な理由が!


→→→累計販売台数93万セットの信頼のおせち料理はコチラ♪

妊娠中って、普段とはちょっと違った、食べ物へのこだわりが出てきますよね!「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」というのは超有名!

ですが、酸っぱいものに続いて、「妊娠中に食べたくなるものランキング」の上位をキープしているのが、なんと、「ポテト」なんです!

ポテト

実は、なにを隠そう、私もこれにドンピシャでした。妊娠中は、本当にポテトが食べたくて仕方がなかった!寝ても覚めても、頭の中はポテトでいっぱい・・・。

上の娘のときなんか、晩御飯がマックのポテトLサイズ!だった時もあります。ポテトチップスが食べたくなったり。なんだか体に悪そうですよね・・・。

でも、当時は本当にポテトしか食べたくなかったのです。どうしてもこの気持ちを止められませんでした・・・。

出産してから、ママ友にこの話をすると、意外にも「私も!私も!」というママさんがいてびっくりしました。

でも、妊娠中は、食事が偏ると、赤ちゃんの栄養は大丈夫かな?なんて心配にもなりますよね。

妊娠中に、ポテトが無性に食べたくなるのはどうしてなのでしょうか?栄養不足は問題ないのでしょうか?

スポンサードリンク

どうしてポテトを食べたくなる?

ポテトって、ジャンクなイメージがありますよね。油っぽいし、逆に胸やけしそうな感じもしますが・・・。なぜにポテト!?って気もしちゃいますよね。実は意外な理由があるんです・・・!

味覚が鈍くなるから

妊娠中って、味覚が鈍くなることありませんか?私は、舌がしびれたような感じになって、食べ物の味がよく分からなくなっていました。

ポテトは、塩も聞いているし、油もたっぷり使っているので、けっこう味がしっかりついていますよね。

味覚が鈍くなっていても、比較的分かりやすい味なので、妊娠中で味覚が鈍っていても食べたくなるのです。

水分をとらせようとしている

妊娠中は、妊娠していない時よりも水分が必要!赤ちゃんの分の血液を作るのに水分が要るし、羊水にも水分は大事ですからね!

妊娠中は便秘しやすいと言いますが、便秘解消にも水分はとても役に立ちます。でも、意識していないと、なかなか水分ってとれないことが多いんです。

ポテトのしょっぱさと油っぽさは、喉の渇きを引き起こすので、ポテトを食べることによって水分をとらせようとしているのではないでしょうか。

つわりにきく

ポテトの原料であるじゃがいもには、ビタミンB6が含まれています。実はビタミンB6は、つわりにきくと言われているのです!

つわりが酷い時、病院で点滴を打ってもらった!という経験のあるママさんもいると思います。あの点滴にもビタミンB6が含まれています。

つわりを抑えるために、体がポテトを欲しがっているのです。

葉酸が入っている

ビタミンB6に加えて、じゃがいもには、「葉酸」という栄養素も、他の野菜に比べて多く含まれています。

葉酸は、お腹の赤ちゃんにとっても必要な栄養素なのです。赤ちゃんの異常や、障害のリスクを軽減してくれたり、ママの貧血予防になったりと、効果的!

最近は、「妊娠を考え出したら、まず葉酸を摂りましょう」とも言われるくらい、葉酸が赤ちゃんによいことがメジャーになってきましたよね。

ポテトを食べることで、葉酸も手軽に摂取することができます。

カロリーが必要

妊娠中は、ママと赤ちゃんの、二人分の栄養を取らなければなりません。必然的に多くのカロリーが必要!

そんな時、ポテトは手軽にカロリー摂取ができます。ただカロリーの摂り過ぎは逆に悪影響なので、ほどほどがマル。

身体がしんどい時でも、気軽に片手で食べられるところも魅力ですね。

ちなみに妊娠4ヶ月ごろまでの必要カロリーは、妊娠前の基本の摂取カロリーからプラス50キロカロリーほどが目安。リンゴだと1/2個分くらい。あまり妊娠前とかわらないんです。

スポンサードリンク

ポテトばっかり食べてて大丈夫?

妊娠初期からつわりがおさまるころまでは、食べれるものが偏ったり、あまり食べれなかったりで、栄養不足が心配になります。

基本的に、つわりの時期は食べたいものを食べて大丈夫です。なんにも食べられなくて、入院しないといけない状態になるよりは、食べられるものがあるだけ何倍もマシです!

つわりがひどくて食事がほとんどできなくても、この時期は母体に蓄えられているエネルギーでもお腹の赤ちゃんは育ちます。

しかし、妊娠中期ごろになると、ポテトばかりとか、食べたいものだけをたべていると栄養が不足してしまいます。栄養が不足すると、自分自身の体調やおなかの赤ちゃんの成長にも影響が!

つわり中、ポテトばっかり食べていた…という妊婦さんも、つわりが落ちついたら、妊娠中に必要な栄養のバランスが整った食事にチェンジしましょうね。

手作りポテトでヘルシーに!?

ポテトが食べたい!でも、市販のポテトの場合は塩も結構かかっているし、油で揚げているので、思ったよりもカロリーが高く心配ですよね。

そんな時は、ポテトを手作りしちゃいましょう!最近は、ポテトチップスをレンジで作れるキットなんかも売っていますよ。

私は、マックのポテトばっかりではちょっと心配、でも体がポテトを欲しているの!という状態だったので、じゃがいもを茹でて、マヨネーズをかけて食べていました。

まあ、マヨネーズを使っているので、気休めかもしれませんが、気分的には、少しはマシかな?って思っていました。

ちなみに、マックのポテトは注文時に「塩抜きで!」とお願いすることができますよ!食べたいけど、塩加減が気になるママさんは、お試しあれ。

赤ちゃんの性別と関係あり?

「妊娠中にポテトが食べたくなる」という話と同じくらいよく聞くのが、「妊娠中にポテトが食べたくなると、お腹の赤ちゃんは男の子!」という噂。

これはどうしてなんでしょうかね。ポテトってがっつりしたイメージがあるからでしょうか?

ポテト2

しかしこれは完全に噂です。なぜなら、私の子供は二人とも女の子でしたから・・・!

上の娘の妊娠中は、仕事帰りに駅前のマックに立ち寄り、毎日Lサイズのポテトを平らげていました。

下の娘の妊娠中は、上の子を保育園に送っていった帰りに、これまた駅前のマックに立ち寄り、朝マックのハッシュポテトを食べるのが日課になっていました。

私も「ポテトが食べたくなると、お腹の赤ちゃんは男の子!」という話を聞いていたので、あ~もうこれは絶対、男の子だな、と思っていました。

ところがびっくり!生まれてみたら、なんと二人とも女の子!あんなにポテトを食べていたのに!

というわけで、ポテトと赤ちゃんの性別には全く関係がありません。

ポテトに執着してしまうのも今だけです。安心してください!そんなに心配せず、ポテトを片手に、リラックスして過ごしましょう!

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ