妊婦さんは温泉に入って大丈夫なの?お腹の赤ちゃんに影響はないの?

妊娠すると、だんだんお腹が大きくなり、したいことが思うようにできなくなったり、動くことがしんどくなってきますね。

運動も妊娠前のようにできないし、気分転換に温泉に入りに行きたいな~なんて思うこともあると思います。私も、安定期になり実家近くの温泉に入りに行きました。

大きいお腹で少し恥ずかしかったのですが、大きなお風呂で、外の景色を見ながらの温泉はとっても気持ちよかったです。
ofuro
でも、後からその話を友人にしたところ「妊婦さんは温泉に入らないほうがいいみたいだよ」と言われてしまいました。

私の母は全くそんなことを言ってなかったし、母も、私がお腹にいるとき、同じ温泉に入ったそうです。

私はお腹の赤ちゃんに何も影響がなかったのですが、本当は入ってはいけなかったのかと、少し不安になりました。

今回は、妊婦さんは温泉に入って大丈夫かどうかについてと、温泉に入るときの注意点についてご紹介します!

スポンサードリンク

妊婦が温泉に入ってはいけない!と言われてた訳とは?その理由はこちら!

一部の温泉施設では「妊娠初期や妊娠後期の方は温泉の入浴を避けたほうがいい」とういう注意書きがある施設があります。その理由はこちら!

その①転倒の危険がある

妊婦さんはお腹が大きくなっていくと、普段の歩き方ができなくなる、大きなお腹のためバランスがとりにくいです。

温泉施設は広くて石鹸などで滑りやすく、こけたとき広いのですぐつかまるところがありません。

さらに、露天風呂などは岩場などで足場が悪いですよね、こういった点から、一部の温泉施設では注意書きをしているのです。

もし、その施設で何か事故が起きた場合、その施設が責任を負わなければならなくなるからです。そういうトラブルにならないよう、妊婦さんの入浴を避けたほうがいいという制限をするのです。

その②のぼせてしまう

「のぼせ」とはお湯の熱で毛細血管が広がり、心臓や脳に一気に血液が不足してしまい、動悸がしたり、ふらふらしたりすることです。

妊娠中は妊娠前よりのぼせやすくなるのです。なぜかというと、熱いお湯につかっていると血圧があがります。血圧が上がると赤ちゃんの体温もあがります。

それは良くないですよね。お湯の温度も高めの温泉はやめて、入浴時間は10分くらいにしておきましょう。

2014年環境庁は「妊娠中は入浴を避けるべき」とういう規定を削除する方針に決めました。なので、妊婦さんが温泉に入るときは、上のようなことを気を付ければ、温泉に入っても大丈夫です。

私も妊娠中に温泉に入りました。元気な子供を産んでいますので大丈夫です。

もし、心配があるのであれば、だれか一緒に入ってもらうとか、旅行などで温泉に入るのであれば、産婦人科の医師に確認しましょう。

お風呂から出たら水分をしっかり摂りましょう。くれぐれも無理をしないようにしましょう。少しでもしんどいと感じたら温泉から出て休憩しましょうね。

スポンサードリンク

温泉に入ってお腹の赤ちゃんは大丈夫?感染症の心配はないの?

妊婦さんが温泉に入っていいことはわかりましたが、温泉にはたくさんの人が入るので衛生面が正直気になりますよね。気になるのは感染症などですね。

転ばないように、のぼせないように気を付けていても、お湯は衛生面で大丈夫か気になりますよね。

もし、お湯が膣内に入っても羊膜で守られているので細菌に感染する心配はないです。安心して温泉に入っていいですよ。

しかし、温泉施設でレジオネラ菌に感染したという事実もあります。レジオネラ菌に感染してしまうと、発熱や肺炎を起こしてしまいます。
onnsenn2

妊娠中にそんなことになってしまうとお腹の赤ちゃんも心配ですよね。レジオネラ菌は60度以上の中では5分以内に死滅します。貯湯槽の温度が60度以上の温泉に入れば大丈夫です。

また、ヘルペスもあります。妊婦さんがヘルペスに感染すると赤ちゃんが新生児ヘルペスになってしまう危険性があります。

重度の障害が残ることもあります。ヘルペスは、お風呂の椅子や脱衣所で感染します。

お風呂の椅子や脱衣所の椅子などは綺麗に洗ってからすわったり、椅子の上にタオルを敷いたりして素肌で座らないようにしましょう。

温泉に入ると副交感神経を刺激し精神が安定すると言われています。また、血流もよくなり代謝がよくなります。妊婦さんはいろいろとストレスを感じやすいと思います。

温泉に入るとリラックスできますよね。妊婦さんがリラックスすると、赤ちゃんもリラックスするんですよ!

温泉で心と身体をリフレッシュして欲しいです。注意点に気を付けて、温泉を楽しんでくださいね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ