帝王切開の傷!ケアの方法は?どれくらいキレイに治る?

帝王切開で出産したママさんは、傷口ってどうなるのかな・・・?って心配になったことはありませんか?

体質にもよるのだとは思いますが、できればキレイになってほしいですよね。結果的に、私は、一人目はひどい傷跡になってしまいましたが、二人目は、一人目の時ほどは目立たなくなりました。

girl-18918_960_720

周りにあまり帝王切開で出産した知り合いがいなかったため、ネットで画像を検索してみると、もうほとんど分からないくらいの線になっている人も。

かと思えば、赤く盛り上がって、痛々しい傷跡になっている人も。ケアの仕方もいろいろあるようですが、どのようにしたらいいのか、迷っちゃいますよね。

帝王切開の傷のケア、どんな方法があるのでしょうか。どのくらいキレイに治るのでしょうか。

スポンサードリンク

どのようにケアする?

手術後、傷口を止めていたホッチキスのようなものを外してから、傷口を抑えるようにしてテープを貼っていきます。

私の時は、一人目の時はジェル状のシートで、二人目の時はサージカルテープでしたが、どちらも傷口が広がらないようにするという点では同じです。

産後はどうしても、赤ちゃんのお世話もあるしお腹に力が入ることが多いですよね。そうすると、傷の間の組織が盛り上がってきてしまい、ミミズ腫れの原因に。

なるべく、傷口を重ね合わせるように貼っていくのがコツです。私は縦切りだったので、傷口を閉じるようなイメージで皮膚を寄せながら貼っていました。

ジェルシートは、お風呂に入る時は取り、毎日取り換えていましたが、サージカルテープはそのままお風呂に入っていました。はがれたら貼りなおすというカンジです。

どちらにしても、手術後早いうちから、なるべく長く貼り続けるのがよいとのこと。

ただでさえ忙しい毎日の中で、傷のケアまでなかなか手が回らないかもしれませんが、頑張れば傷が目立たなくなりますよ!

いつからケアする?

手術後、できるだけ早いうちからケアを始め、できるだけ長く、少なくとも産後一年はケアするのがポイント。

テープを貼ったり貼らなかったり、という風にしてしまうと、効果がなくなってしまうので要注意

私は、手術後すぐに傷口にテープを貼っていたのですが、産後一か月くらいから、テープを貼っている部分が痒くて痒くて・・・。

掻き過ぎて、皮膚が真っ赤っかになってしまいました。お風呂に入ると、体があったまってさらに痒い・・・。我慢できなくてボリボリ掻くのでさらに赤くなり、悪循環でした。

それでも、「できるだけ傷口をキレイにしたい!」という思いが強かった私。痒くてもテープを貼り続けたのですが、皮膚がかぶれて赤く腫れてきてしまいました。

テープを貼りたいけど、かぶれも気になる私。困ってしまい、出産した病院に相談してみました。

すると、やっぱり傷を目立たなくするには、テープは貼った方がいいという回答。

「しばらくテープをお休みして、かぶれが治ってきたらまた貼るっていうのでも大丈夫ですか?」と聞いてみたのですが、テープを貼らない期間があると、意味がなくなる、とのこと。

苦肉の策で、お風呂あがりに傷口に保湿クリームを塗ってから、テープを貼るようにしてみた私。そのおかげか、日がたつにつれて、だんだん痒みも引いていきました。

スポンサードリンク

傷跡はどのくらいキレイになる?皮膚科で相談。

私は、一人目の時の傷は、ジェルシートで頑張ってケアしていたにもかかわらず、文字通り「ミミズ腫れ」になりました。本当に太いミミズがお腹にいるようなんですよ。

ジーパンの金具が触れると違和感があり、天気の悪い日などは傷口がつれるような感じがありました。

実は、父親がお腹の手術を受けているのですが、父親の傷は細~い白の線がうっすらとあるだけで、見たときは衝撃でした。私の傷と全然違う!

それで、皮膚科に行って相談してみたのです。すると、どうやら「肥厚性瘢痕」というものになってしまったとのこと。傷口が赤く盛り上がってしまった状態をいうようです。

体質も関係するそうです。父親は肌が頑丈で、ケアなんてしたことなくてもキレイな傷跡。私は、肌が弱いので、どうしても傷口がキレイになりづらいんだそうです。

ドレゾニンテープというものを処方されて、しばらく貼ってみたのですが全く変わらず。「これで効かないとなると・・・注射かな?」と言われてしまいました。

傷口に直接ステロイドの注射をする方法だそうですが、とっても痛いとのこと・・・。想像するだけでヒエ~!私はあきらめました。

産科で相談。二人目出産時に傷を削る!?

そんな私、二人目を出産する時に、お腹の傷のことが心配で恐る恐る先生に相談。すると、「盛り上がっているミミズは削るように、なるべく傷が目立たないように切りますね~」とのお言葉。

job_syujyutsushitsu_kangoshi

その言葉通り、手術後に傷口を見てみると、太かったミミズちゃんはいなくなって、一本の線だけになっていました。ビックリです!

それから、なるべくこの比較的キレイな傷口を維持すべく、痒みやかぶれなどのトラブルもありましたが、頑張ってテープを貼り続けました。

そのおかげか、一人目の時と比べると、盛り上がりも赤みも少なくなっています。

病院によって方法はいろいろですが、傷口が広がらないようにテープで抑える方法が一般的。根気よくケアすれば、ほとんど目立たなくすることも可能です。

帝王切開の傷は、いわば出産の勲章。でも、できるなら目立たないほうがいいですよね。お互い、傷のケア、頑張りましょうね♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ