産後に感じたことのない腰痛が!ストレッチが効果的な理由とは?

赤ちゃんが産まれて、初めての子育てに頑張っているママも多いですよね。新生児のお世話は24時間、切れ目なく続きます。

産後 腰痛 ストレッチ

産後の疲れも取れないままに、育児をしていると、思わぬトラブルにも遭遇するもの。それは私の場合、今まで経験したことがなかった腰痛でした。

腰が重い、だるいというのは妊娠中から感じていましたが、腰痛というほどでもなく、今までも気になったことがなかったので、かなり辛く感じました。

産後の腰痛はつらいものですよね。寝ていても腰が痛いし、寝ているばかりもいられません。そこで私がやってみて、効果を感じたのがストレッチです。

おかげで、随分と楽になりました!今回は産後の腰痛に効果的なストレッチについてご紹介します!

スポンサードリンク

産後の腰痛の原因とは

私も、産後に慣れない抱っこの連続で、腰を痛めてしまいました。初めての育児って、わからないことだらけ。抱っこをするにも緊張して肩もガチガチ

腰にも負担がかかっていたんだと思います。そして、抱っこだけではなく、授乳の姿勢も腰痛の原因になります。

こちらも慣れないので、一生懸命飲ませようとして猫背になってしまったり、姿勢が悪くなると腰に負担がかかります。

ただでさえ、産後は骨盤が開いていますので、腰痛にもなりやすいのです。骨盤が開いたままだと戻らなくなってしまいます。

そこで効果的なのが適度な運動となってきますので、ストレッチが効果的!というわけです。

産後の腰痛ストレッチが効く理由とは?

ストレッチがよいよ~と聞いても理由がわからなくてはモチベーションもあがりませんよね。

ここでは、ストレッチが腰痛に効果的な理由についてみてみましょう♪

運動不足の解消!

産後は、赤ちゃんのお世話だけで手いっぱい!そんな毎日を私も送っていました。毎日赤ちゃんの眠っている間に家事をして、起きている時にはお世話をして・・・ 
 
どうしても運動する時間がなく、なんだか筋肉が落ちていくのを自覚する毎日。かといって、ジムで本格的な運動をする暇もなし。

考えあぐねていた私にひらめいたのがテニスをしていた時にしていたストレッチ!凝り固まった筋肉がほぐれるとともに少し負荷をかけて腰を動かすことで筋肉も少しずつついてきました。

筋肉が少しでも復活すれば、腰痛も随分楽になりますよ!

スポンサードリンク

骨盤の歪みの矯正!

 
がんばって赤ちゃんを産んだ後は、どうしても骨盤が開いてしまいがち。体重は戻ったけど前のGパンが入らない。そんな経験をしたとこはありませんか?
 
骨盤が開いたところに赤ちゃんを抱っこすると変な力が入ってしまいます。腰に無理のない姿勢で抱っこするには骨盤を元通りにすることが先決!ストレッチはそんな歪みも解消してくれるんですね。

血流の改善!

 
同じ姿勢を長時間してしまうと、体のコリをかんじませんか?それは腰痛にも当てはまります。赤ちゃんを毎日長い時間抱っこすることで腰回りの血流も悪くなりがちです。

ストレッチをすることで血の流れがよくなり随分腰痛が楽になった経験が私にもありますよ。
産後 腰痛 ストレッチ

ストレッチをする際の注意点

ストレッチをしたから、すぐに改善というわけにはいきませんが、少しずつ筋力をつけたり、姿勢がよくなることで楽になってくることも多いです。

次のストレッチのポイントを押さえて進めていきましょう♪

ムリはしない

ストレッチをしていて、痛いと感じたら無理をして続けるのはやめましょう。痛いなぁ。。と感じたらストップしましょう。

無理に伸ばそうとすると、痛めてしまうことにもなりかねません。また、しっかりと呼吸をしながら、息を止めずに行いましょう♪

お風呂上りが効果的!

ストレッチを行う時間ですが、いつでも空いている時間にやることで特に問題はありませんが、効果的な時間帯が実はあります!

それは、お風呂上がりです。体が温まっているほうが筋肉が伸びやすくなっているので、ベストなタイミングといえるでしょう。

大切なのは、なんでもやりすぎないことです。育児で大変なときに、腰痛があると動くのも一苦労ですよね。

腰に負担がかからないように無理をしすぎないようにしたり、腰に負担がかからないように産後ニッパーやコルセットを付けることも効果があります。

産後の身体は、思ったよりも弱っています。体に負担がかからない簡単にできるストレッチから始めていきましょう。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ