妊娠中の風邪?!病院は何科に行けばいいの?

気温の変化が激しかったりする季節や、疲れがたまってたりして免疫が落ちてしまっているときは体調を崩してしまいがちです。妊婦の頃は通常のときよりも妊娠前と比べて、体も変わってきます。

特に妊娠中は、免疫力が落ちるので気をつけていても風邪にかかってしまうことがあります。風邪は誰もが知る病気ですが、やはりつらいですよね。
報告時期
熱が出て、だるくて、頭も痛い、喉も鼻も大変なことに。行動ひとつとっても大変ですね。早く治したい。

でも、を飲んでしまってもいいの?おなかの赤ちゃんも心配だし。

食事などの民間療法で、治っていくのを待つことが一番いいです。水分補給をしっかりして、ゆっくり休養です。

ですが、症状がひどかったりすると休めませんし、自然に治るのを待つのはどうしても即効性はありません。風邪の症状、具合によってはおなかが張ってしまうこともあるでしょう。

一早く症状を良くするには、病院へ行って診てもらい薬を処方してもらうことです。ママにも赤ちゃんにも影響がないよう配慮してくれる「科」が適切だと思います。

では妊婦さんが風邪をひいたとき、病院では何科に行けばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

病院へ行く以外にも方法があります

まずは即座に治療が必要な状態なのかどうか、病院へ行くべきなのかを冷静に判断してみてください。

40度近く熱があるでしょうか?
眠れないくらい症状が悪化していますか?
咳や下痢がひどいですか?

自分に何かあったとき、一番の心配は赤ちゃんのことですね。

妊娠中は通常のときよりも免疫が落ちてしまうので、長引いたり、重くなることもあります。こうなると、自分もしんどいですが赤ちゃんも心配ですね。

ですが、風邪が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、よほどの重症でない限り影響はありません。風邪自体は、民間療法でも治ります。病院へ行けば他の患者さんもいます。

免疫が低下している妊婦時期、さらに移されてしまう可能性もあります。体が弱ってつらい時に、病院へ行くのは心配です。

症状が何日も変わらなかったり、高熱が出ていたり睡眠が取れないほど症状が重い場合は受診するほうが良いです。

ですが軽い風邪でしたら水分補給をし、とにかく休養することが大切です。風邪は休まないと治りません。

本当に風邪かどうか、解らない場合もあります。風邪の症状と似た別の病気かもしれません。

判断してもらうために、病院へ行くこともあります。ただ、行くと必ず薬を処方されますよね。を飲むことは、赤ちゃんにも影響することなので注意が必要です。

自分も風邪を引いたときがありました。横になれば休めるくらいの症状の場合は民間療法を試しながら治しました。

病院へは、風邪以外の病気ではないか判断してもらうために行きました。風邪という診断を受けたら、薬は飲まず民間療法を試しました。

風邪になっても、おなかの赤ちゃんに移ることはありません。大体この行動でよくなりましたし、二人の子供も元気にスクスク育っています。

妊婦の時期は体調も崩すこともありますが、風邪の症状も、体の中に入った外敵から身を守る体の反応です。薬は風邪を治すものではなく、「症状を和らげる為のもの」なのです。

スポンサードリンク

病院へ行くなら何科に受診したら良いの?

民間療法も試したけれど、なかなかよくならない。咳や下痢などの症状から、おなかが張ってしまった。

このようなこともあります。風邪のとき、普通の状態でしたら内科です。また、症状によっては耳鼻咽喉科も受診します。
a0001_017585
ですが、妊婦の時期に内科に行っても妊婦さんの体の状態まで、考えに入れてくれるか解りません。おなかの赤ちゃんのこともあります。

妊娠中は一般の方とは処方する薬の量、気をつけなければいけないことも違います。

一般の方向けの「科」へ受診する際は受診前に連絡し、受診しても良いか聞きましょう。

また、上記に挙げたとおり、風邪の症状からおなかが張ってしまうこともあります。このようなことにも対処してくれる産科をお薦めします。

私の場合、「風邪なので他の妊婦さんに移してはいけない」と思い、内科に行きました。でも、やはり産科の受診を薦められました。内科の先生にとっても「心配だから。」とのことでした。

妊娠してから出産後まで、診てもらう先生にも体が少し違う状態であることを考慮して診療してもらわなければなりません。

処方されたを飲むことになっても、ママにも赤ちゃんにも、安心な「科」が良いです。

やはり、一番安心して受診できるのは「産婦人科」です。

咳や下痢などの症状でおなかが張っても産婦人科なら対応してもらえます。

どのように過ごすのが適切かも話していただけますし処方される薬も、ママと赤ちゃんのことを考慮して出してくれます。

妊婦さんの体のことは、やはりこの時期の状態を熟知している先生のほうが安心ですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ