キャンプに行くときの子供の服装は?ポイントはコレ!

長かった冬もようやく終わり、少しずつ春の足音が聞こえてきそうな今日この頃ですよね。暖かくなってくると、外に出て行きたくなりませんか?

お弁当を持って近場の公園でピクニックもいいけれど、思い切ってキャンプに行くっていうのもいいですよ!非日常の感じがとってもワクワクします。

camp_friends

私も、子供の頃、家族や親戚たちと一緒にキャンプに行った思い出があります。子供会などで、子供だけで参加するキャンプに行ったことも。とっても楽しかった!

でも、キャンプってどんな服装で行ったらいいのか、いまいちよく分からなかったりしませんか?普段の生活とは環境が全然違うし、ここはちゃんとしておきたいところ。

服装が合っていなかったせいで、体調を崩したり、ケガをしたりしてしまっては、楽しいキャンプが台無しになってしまいますものね。

キャンプに行くとき、子供の服装はどんな恰好がいいのでしょうか。どんなことに注意するとよいのでしょうか。

スポンサードリンク

どんな服装がよい?

基本的には、動きやすいジャージがおススメです。また、土や泥がついたりしてもいいように、汚れても大丈夫な、すぐ洗えるものの方がいいですね。

キャンプ場ってだいたい山の中にありますよね。実は、山って、一日の中の気温差がとっても激しいんです。日中は暑くて半袖でOKでも、朝晩はかなり冷え込むこともザラ。

日中でも、雨が降るとぐっと気温が下がって、結構肌寒くなることも。というわけで、体温調節を簡単に行うため、重ね着がおススメ。

日中の暑いときは、半袖とハーフパンツや七分丈パンツでもOKですが、長袖の羽織りものと長ズボンは持っていきましょう。

また、長袖と長ズボンは、虫よけ対策にも効果的。ちょっとした擦り傷やひっかき傷からも、肌を守ってくれますよ。

長袖は、ジッパーで開閉できる、前開きのものが便利。ササッと脱ぎ着できるし、腰に巻いたり、日よけに被ったりもできちゃいます。

冬の場合は、寒さ除けに、これにフリースやダウンジャケットをプラスするといいですね。

スポンサードリンク

寝る時は?

いつも家で来ているパジャマでいいか~、と思っていたアナタ。ちょっと待って!できれば、パジャマではなくて長袖長ズボンのスウェットやジャージを用意してあげて。

ただでさえ、標高が高いと少し寒くなるのに、さらに山の夜は、グッと気温が下がります。いつものパジャマよりちょっと厚手のものがよいですね。重ね着で調節もマルです。

また、キャンプのいつもと違った雰囲気に、子供たちは興奮している可能性大です。むしろ、子供たちにとっては夜が一番楽しかったりしますよね。

私も子供の頃、キャンプに行った夜は結構みんな夜更かしして、たき火を囲んでおしゃべりしたり、マシュマロ焼いて食べてみたり、トランプをしたりして過ごしました。特別な感じが楽しかった!

夜中のうちに、木の幹に蜜を塗っておいて、朝はまだ暗いうちから起きだして、カブトムシやクワガタを捕まえに行った思い出も。

なので、パジャマよりも、「ちょっとそこのコンビニまで行く」くらいの恰好のほうがGOOD。トイレに行く時も、テントから出ないといけないですしね。

ほかに持っていくと便利なものは?

ほかに、これは持っていくと便利!という、身に着けるものを挙げてみました。

  • レインコート

山は、天気が変わりやすいです。晴れていても、急に雨がぱらつくことも。子供の場合、傘だと両手がふさがってしまうので、レインコートが一つあると便利です。

a0003_000888

  • 新聞、タオル

地面に座る時にちょっとひいたり、寒いときに体に巻いたり。何かと便利なグッズです。2~3枚持っているとよいですよ。

  • 帽子

これは、あると便利というよりも、必須アイテムに近いですね。タオルや上着で代用できなくもないですが・・・やはりあった方がよいです。

  • サンダル

基本は、履きなれたスニーカーやズックがよいですが、川遊びの予定があれば、サンダルも持っていくといいですね。

ただビーチサンダルでは、すぐに脱げてしまうし、歩きづらいので、面ファスナーで開閉できるような足をホールドできるタイプのものがいいかも。クロックスタイプのものでもいいですね。

子供のキャンプは、なかなかイメージしづらいですよね。環境も違うし、体調を崩しては大変!と思うと、必然的に荷物も多くなってしまいます。

どんな服装がいいのかな~、と悩んだときは、「動きやすく、体温調節しやすく、虫やケガから肌を守る」をイメージするといいですよ。

子供のキャンプ、大変なこともたくさんあると思いますが、その分楽しみも倍ですよ。子供にとっては一生の思い出にもなります。楽しいキャンプになるといいですね♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ